水素水の効果とデメリット

【知らなきゃ損】水素水の効果とデメリットとは!?

知らなきゃ損!巷でさまざまな効果が提唱されている水素水には十分な効果があるものの、デメリットもあります。高額な水素水を試す前にますは知りたい水素水の豆知識をご紹介!詐欺にだまされないため、厳選した水素水ランキングも!

水素濃度と一口に言っても実はこんなことがあるんです

読了までの目安時間:約 5分

 

 

水素水をチェックする際に、

必ず見ておくべきものが水素濃度です。

 

 

水素濃度は高ければ高いほど水素を体内に取り込むことができますので、

効果や信憑性にも期待が持てることになります。

 

 

当たり前の話ですが、

同程度の価格設定の場合は、

濃度が高い方を購入したほうがお得と言えるでしょう。

 

 

ですが、ここで一点注意しておくべき点があります。

 

 

それは水素濃度は充填時と飲むときで変わるという点です。

 

 

まず前提条件として、水素は最も小さいサイズの分子であり、

これを完全に閉じ込めておくことはできません。

 

 

今では一般的とされているアルミパウチでの販売ですが、

この方法であっても完全に閉じ込めておくことは出来ません。

 

 

時間が経てば経つほど水素は蒸発してしまい、

水素水もいずれはただの水になってしまいます。

 

 

この点を踏まえてお話しますが、

まず水素充填時とは、

簡単に言えば水素水を製造した直後のことを指します。

 

 

ですので、このときであれば水素の蒸発を考慮しなくても良いので、

水素濃度は高くなっています。

 

 

これに対して飲むとき(つまり開封時)は、

そのままの意味ですが、充填時に比べて濃度が低くなります。

 

 

その理由は先程お伝えしたとおり、

水素を完全に閉じ込めておくことが出来ないためです。

 

 

水素の飽和濃度

 

 

水素が水に溶ける濃度は決まっており、

最高濃度は1.6ppmとされています。

 

 

アルミパウチで販売されているものに関しては、

必ずこの制限があるものと思って差し支えありません。

 

 

それはもちろん水素を水に溶け込ませて販売しているという特徴があるためです。

 

 

では、「1.8~2.4ppm」といった濃度の記載はどのような仕組みなのか?

 

 

それは、水素を充填した当時の水素濃度と、実際に飲む時の濃度の違いです。

 

 

水素を充填するときには当然濃度制限がかかりませんので、

1.6ppm以上の数値を出すことができます。

 

 

ですが、この濃度を超えた水素の蒸発が早くなってしまいますので、

一般的には飲む際には1.6ppm程度になっていることが多いです。

 

 

もちろん、開封後にすぐ飲むことで

それ以上の濃度になっていることも有るとは思いますが、

それはあくまで製造時の状態です。

 

 

パウチで販売され、郵送で送られてくるものに関しては、

概ねこのぐらいになる・・・といった認識でよいでしょう。

 

 

なお、これは充填時の水素濃度が高ければ当然開封後の濃度も高くなります。

 

 

ですので、一般的な水素水の濃度である0.8~1.2ppm程度の濃度は、

当然充填時の水素濃度もそれなりということになります。

 

 

 

水素充填時と飲む時の水素濃度の違いは?実はこんな落とし穴が!?

読了までの目安時間:約 5分

 

 

水素を充填するタイプは全国の名水を使用し、

水素を溶けこませているものです。

 

 

このタイプの水素水はもっとも種類が多く、

一般的な水素水ということができます。

 

 

スーパーなどで販売されているものもあるため、

なんとなく知っているという方も多いのではないでしょうか。

 

 

さて、このタイプの水素水では、

水素濃度に変化があり、実際に飲むときは水素濃度が下がっているのをご存知ですか?

 

 

それが充填時と飲むときの濃度の違いです。

 

 

例えば、水素を充填したときに「充填時の水素濃度1.8ppm~2.4ppm」

といった記載がある場合は、飲むときには1.6ppm程度まで水素が落ちている

そいったものです。

 

 

これは水素を完全に閉じ込めておくことができないということ、

そして水素が水に溶けるときの最大濃度が関連しています。

 

 

まず水素の特徴として、

宇宙一小さい粒子であるというものがあります。

 

 

ですので、どんなに優れた材質であっても、

水素を完全に閉じこめておけるわけではありません。

 

 

よって、水素充填時よりも飲むときのほうが、

どうしても水素濃度は下がってしまいます。

 

 

これは欠点とも言えますが、

水素の特徴を考慮した場合はやむを得ないと言うしかありません。

 

 

ちなみに、アルミパウチの水素水が主流となっているのは、

アルミの網目が細かいことや、アルミ自体が水素を吸着しやすい特徴があるため、

水素を閉じ込めておけるという特徴があるためです。

 

 

とは言え、それでも水素を完全に閉じ込めておけるわけではない

ということになります。

 

 

水素の最大濃度

 

 

水素が水に溶ける最大濃度(いわゆる飽和状態)は、

1.6ppmとされています。

 

 

つまり、これを超えて充填した場合、

水素の蒸発が通常よりも早くなるため、

1.6ppmまで落ちやすくなっているということになります。

 

 

先程お伝えしましたが、

1.8ppmとか2.4ppmといった記載は、

決して間違っているわけではありません。

 

 

これはあくまで水素を充填する際の濃度ですので、

充填時にはその濃度を出すことができているでしょう。

 

 

ただし、充填時にはその濃度であったとしても、

蒸発が早くなっていますので、

実際に飲むときにはその濃度になっていることはありません。

 

 

これも水素の飽和濃度が決まっている以上、

やむを得ないと言うしかありません。

 

 

ですが、最近の水素水では、

わざと1.6ppmを超えた高い濃度の水素を充填するようにしており、

飲むときには1.6ppm程度になっているものが多いです。

 

 

つまり下がることを見越して水素を充填しているということですね。

 

 

 

以上が水素充填時と飲むときの濃度の違いになります。

 

 

あなたがいま購入しようとしている水素水は、

充填時、飲むとき、どちらの濃度が記載されていますか?

 

 

今一度確認してみるのも良いでしょう。

 

 

水素水の濃度はどのぐらいが一般的??

読了までの目安時間:約 5分

 

 

水素水には、濃度(◯◯ppm)が示されているものが多いです。

 

 

この数値を目安に考えると良いでしょう。

 

 

通常の水素水は1.0ppm~1.2ppmぐらいが一般的かと思います。

 

 

よって、この数値が高ければその分水素充填がされていますので、

確実にとは言い切れないものの、少ないよりは多いほうがいいでしょう。

 

 

とは言え、この数値にも限界値というものが有ります。

 

 

水素濃度と飽和量

 

 

水素水をある程度見たことがある方は、1.6ppmという記載が多いことに

気づくでしょう。

 

 

もしかしたらあなたも気づいているかもしれません。

 

 

この数値は、水素が水に溶ける飽和量を示しているものであり、

これを超えて充填したものは水素が蒸発するスピードが段違いに早いです。

 

 

アルミパウチのように密封型の容器を使用していてもです。

 

 

ですので、できるだけつくりたてを飲むなどの対処が必要になります。

 

 

よって、高ければ高いほど効果に期待できるかもしれませんが、

この飽和量を目安にしておいたほうが無難です。

 

 

当サイトでは、7.0ppmとされているセブンウォーターをご紹介していますが、

先ほど書いたとおり、飽和量をオーバーしているため、

蒸発するスピードが早いです。

 

 

そのかわりに、作りたてを飲むことが出来ますので、

作りたての時点では1.6ppmを大幅に上回った状態で飲むことが出来ます。

 

 

それがセブンウォーターの強みと言えるでしょう。

 

 

水素は必ず蒸発する

 

 

アルミパウチタイプの水素水であっても、

水素の蒸発を完全に防ぐことができるわけではありません。

 

 

もちろん0になっているということではありませんが、

充填したとき(製造時)と比較してみると、

やはり若干ですが水素の濃度は落ちているようです。

 

 

例えば充填時は1.6ppmだったものが、

実際に飲むときには1.2~1.3程度になっている

ということになります。

 

 

ですが、これは水素が宇宙一小さい粒子であり、

完全に密封しておける成分ではないため、

ある程度は仕方がないと割り切るしかありません。

 

 

そしてパウチタイプのメリットは、

安定性の高さです。

 

 

水素水は自分で作るものやサーバータイプのものなど、

いくつか種類がありますが、

特殊な容器を使用していない限りは蒸発が早いです。

 

 

作りたての状態ではぬおどが高くても、

急激に蒸発してしまうことになりますので、

それを防ぐという意味では、

アルミパウチが一番優秀だと思います。

 

 

少なくとも開封してすぐに水素が抜けてしまう・・・

ということは防ぐことが出来ます。

 

 

特に、普段から水分をあまり取らない人にとって、

パウチのようにある程度水素を封じ込めておけるものは

重宝するのではないでしょうか?

 

 

実際に私もあまり水分を取らない体質であり、

こまめに水分を補給するタイプですので、

パウチが一番いいかなと思います。

 

 

 

管理人おすすめの水素水

7Water(セブンウォーター)
通販口コミ画像2016-3-14_23-5-46_No-00 - コピー

脅威の水素濃度7.0ppm!
文句なく高い濃度を誇る水素水です。

button_001

管理人情報
キャプチャ62

初めまして!

青森県在住のユッキです!

水素水を使用した体験談を元に効果やデメリットをご紹介していきます。

お問い合わせはこちら

ブログランキング参加!

健康食品の人気のブログは??
↓↓↓

水素水カテゴリ一覧
メタ情報
タグ情報
アーカイブ