水素水の効果とデメリット

【知らなきゃ損】水素水の効果とデメリットとは!?

知らなきゃ損!巷でさまざまな効果が提唱されている水素水には十分な効果があるものの、デメリットもあります。高額な水素水を試す前にますは知りたい水素水の豆知識をご紹介!詐欺にだまされないため、厳選した水素水ランキングも!

水素水は特殊な技術で作られるため、価格が高いようです

読了までの目安時間:約 5分

 

 

水素水は水素を水に充填させる方法を取っています。

 

 

また、全国の名水を使用しているものがほとんどです。

 

 

これらの理由があり、価格設定が少し高めになっています。

 

 

それだけ?と思うかもしれませんが、

実際に飲んで見れば分かりますが、

自宅の水道のように薬品等を一切使用していないため、

非常に口当たりがよく、ミネラルも豊富です。

 

 

つまり、とても美味しいです^^

 

 

水に興味がなく、味オンチな私であっても

その違いには気づいていましたのでこれは明確でしょう。

 

 

実際、いくら健康によい水素水とは言え、

あまり美味しくないものをパックに詰めて販売していれば私なら買いませんしね。

 

 

また、水道水は雑菌を繁殖させないようにある程度薬品が入っていますので、

水素とも相性が悪いと思います。

 

 

名水を使用しているのはこういった理由が想定され、

価格が高くなる理由の一つだと思われます。

 

 

次に、水素を充填しているという作り方によるものです。

 

 

水素は水に溶けるものの、

当然簡単に充填するということは出来ません。

 

 

水素を水に溶けこませるためには、

圧縮充填するための専用機器が必要になります。

 

 

これも大きな要因とはいえませんが、

ただ混ぜるものではないため、

ジュースを製造するよりもコストが掛かるようです。

 

 

もともと水素は宇宙一小さい粒子であるという特徴があり、

容易に水に溶かすことは出来ません。

 

 

ですので、専用の機器が必要になるようです。

 

 

コストを補う効果

 

 

これが水素水が高額な原因ですが、

それを補って余りある効果があります。

 

 

それが還元力です。

 

 

水素が持っている還元力を活用することで、

私達の細胞から酸素を切り離し、

錆びついてしまった体を癒やし、

活発にしてくれる効果があります。

 

 

これはアンチエイジング、新陳代謝など、

さまざまな効果に期待できると言われています。

 

 

また、先程お伝えしたとおり、

宇宙一小さい粒子であるという特徴もあり、

細胞レベルでの還元能力が行き届きやすいのも特徴です。

 

 

還元力を持った成分はコエンザイム、ヒアルロン酸、コラーゲン、

各種ポリフェノール等さまざまありますが、

粒子の小ささから、還元力はトップクラスと言われています。

 

 

ですので、水素の還元力は抜群に高いとされており、

今後ますます注目が深まっていく成分といえるでしょう。

 

 

もしあなたがアンチエイジングで

商品をお探しなのであれば、

水素を選んでみてはいかがでしょうか?

 

 

最近では初回の割引が付いたものが多数ありますので、

まずは一度試してみると良いでしょう。

 

 

 

水素水の値段はなぜ高い!?詐欺商品なの?

読了までの目安時間:約 5分

 

 

水素水の価格は通常の飲料水よりも少々高いです。

 

 

もしあなたが水素水に興味があり、

実際に商品を調べたことがあれば、

私と同様の感想を持っているかもしれませんね。

 

 

通常のミネラルウォーターは500mlでも100円程度、

ジュースなどでも150円あれば大抵のものを買うことが出来ます。

 

 

ですが、水素水は500mlのもので200円を下回ることはまずありません。

 

 

ミネラルウォーターの倍かそれ以上の価格差になる

ことを把握しておいたほうが良いです。

 

 

では、なぜこんなに高いのでしょうか?

 

 

詐欺商品なの?と思う方もいるっかもしれませんが、

決してそんなことはなく、もちろん理由があります。

 

 

アルミパウチタイプの水素水

 

 

水素水は、当サイトでご紹介しているものに限らず、

殆どの物がアルミパウチで販売されています。

 

 

そしてアルミパウチは、ほとんどのものが三層、四層構造になっており、

網目の細かいアルミを重ねあわせて作られています。

 

 

ペットボトルなどよりもアルミは価格が高く、

それでいてこのような細かい作りになっているため、

容器代だけでもかなり価格が高くなります。

 

 

もちろんそれには理由があり、

水素を外に逃がさないようにするためです。

 

 

水素は空気に触れてしまうと急激に蒸発してしまうため、

アルミパウチの内部は必ず真空状態にしておく必要があります。

 

 

それでいて水素を外に逃さないように、

網目をかなり細かくしていますので、

どうしてもコストが掛かってしまうわけです。

 

 

なお、アルミは水素を吸着しやすいという特徴があり、

水素を閉じ込めておくのに有効な材質とされています。

 

 

ですので、多くの水素水がアルミパウチで作られています。

 

 

全国の名水を使用

 

 

次に、せっかく買った水ですので、

美味しく飲みたいと誰もが思うでしょう。

 

 

私もせっかくお金を出して買っているのですから、

水とは言え、美味しく飲みたいと思っています。

 

 

実は殆どの水素水は全国の名水を減量として作られており、

ミネラルが豊富なものを使用しています。

 

 

これもコストがかかる要因の一つでしょう。

 

 

 

以上が水素水が高めに設定されている要因になります。

 

 

これは水素の特性上仕方がないことでしょうし、

このコストを補って余りある還元力が水素にあります。

 

 

ですので、コストを取るか?

それとも価格には多少目をつぶって優れた還元力を取るか?

という選択肢が出てくるものでもあります。

 

 

私は実際にお試し購入をしてみて、

その還元力の高さに魅力を感じましたので、

価格を二の次に考え、購入を継続しています。

 

 

あなたはどちらを選ぶでしょうか?

 

 

 

水素水はアルミパウチで販売されている?

読了までの目安時間:約 6分

 

 

水素水はアルミパウチで販売されているものが多いです。

 

 

というのも、水素は非常に蒸発しやすいため、

これを閉じ込めておくには、アルミパウチが

最適とされているためです。

 

 

また、アルミパウチといっても、実は4つの層で

作られていることが多く、水素を外に逃がさないように

配慮されています。

 

 

当サイトでご紹介している水素水の中では、

セブンウォーターを除き、すべてアルミパウチの水素水です。

 

 

水素水自体も多数販売されていますが、

最も手間がかからず、高濃度の水素水を飲むことが出来るため、

これが一般的なようです。

 

 

反面、アルミである以上、やはり価格が少々高めになります。

 

 

水素自体、水に充填するためには特殊な技術を要することも有り、

更にこの容器の性質上、どうしても価格が高くなります。

 

 

また、このような措置が取られていると言っても、

水素が外にもれないということはありません。

 

 

あくまで漏れにくいというようになっているだけで、

外に漏れるのは完全に防ぐことは困難です。

 

 

水素の粒子が最も小さいという特徴がある以上、

これはある程度許容しておく必要があります。

 

 

アルミパウチの水素水には大きな違いがない

 

 

実は、アルミパウチの水素水には大きな特徴の差がなく、

比較するポイントも限られてきます。

 

 

◯価格

◯どこの水を使用しているか?

◯水素濃度

 

 

ぐらいしか比較ポイントがありません。

 

 

水の産地にこだわる方はあまりいないでしょう。

 

 

少なくともここの名水を使用してなければ飲まない!!

という人はあまりいないのではないでしょうか(笑)

 

 

となれば先程の比較ポイントを見てみると、

価格と水素濃度になります。

 

 

パウチでおすすめするのは

 

 

パウチタイプの水素水で

水素濃度、価格でもっとも優秀と感じるのが、

浸みわたる水素水です。

 

 

お試し購入もでき、他の水素水よりも濃度が高く、

それでいて価格も他と比較すれば安いため、

アルミパウチ水素水の中では最もおすすめしています。

 

 

浸みわたる水素水の通販・口コミはこちら

 

 

充填時では水素が水に溶ける最大の濃度である

1.6ppmを採用していますので、

濃度の面では十分と言えます。

 

とは言え、ここで注意が必要なのが、

どのような水素水であっても濃度が落ちるのは変わらない

という点です。

 

 

これは浸みわたる水素水であろうと、

他の水素水であろうと同様のことが言えます。

 

 

最初にお伝えしたとおり、水素は宇宙一小さい粒子であり、

これを完全に封じ込めておくというのは、

現代科学に置いて不可能です。

 

 

ですので、充填時の濃度ができるだけ高いもので、

なおかつ価格設定も申し分ないものを選ぶと良いでしょう。

 

 

また、浸みわたる水素水の場合、

お試し購入による割引を行っており、

初回は安く済ませることができるのが最大のメリットです。

 

 

実は水素水は返金保証が付いているものがあまりないため、

そう考えた場合は、初回にどれだけお得に購入できるか?

という点にも注目しておくと良いです。

 

 

そのように考えた場合、

やはり浸みわたる水素水がおすすめできます。

 

 

 

水素水の価格の相場はどのぐらい?

読了までの目安時間:約 6分

 

 

水素水って価格の相場がどのぐらいなのでしょうか?

 

 

水素水は販売形態がそれほど多くはないため、

ある程度は目安というものがあります。

 

 

これに関して、まず知っておかなければならないのが、

 

パック詰めされたものを使用するのか?

あるいは、自分で水素水を作るものを使用するのか?

 

 

という点です。

 

 

パック詰め(正確にはアルミパウチ)のものは、

そのまま開けて飲むだけでいいので手間がかかりません。

 

 

これが1ヶ月分、段ボール箱で届きますので、

スペースを気にしなければ非常に楽なのですが、

こちらのほうが高く、どんなに安くても

7,000円程度~10,000円程度になります。

 

 

逆に水素水を自分で作るもの。

 

 

これはゼオライトやマイクロクラスターなど、

水分に触れることで水素が発生するものを使用します。

 

 

これを使用することで、自分で水素水を作ることが出来ます。

 

 

若干手間に感じるかもしれませんが、

作り方は水と混ぜて少し待つだけのものがほとんどです。

 

 

価格はこちらの方が若干安く、

安いものであれば5,000円程度で購入できるものも有ります。

 

 

通常の水素水の相場といえばこのぐらいです。

 

 

なお、水素水は返金保証が付いているものが

あまり無いのが少々残念なところですが、

価格を抑えたお試し購入ができるものは有ります。

 

 

当サイトでは、浸みわたる水素水などがこれに該当します。

 

 

水素水を選ぶ場合は、これらのポイントを良く選び、

価格なども考慮して検討したほうが良いでしょう。

 

 

では、両者の特徴をご紹介します。

 

 

パック詰めしたもの

 

 

 

これはアルミパウチやアルミ缶に入れて販売されているものですが、

水素を外に逃さないように何層も重ね合わせて作られています。

 

 

原料となる水も日本の有名な名水を使用しているものが多く、

美味しく飲むことが出来ます。

 

 

またパウチタイプのものは見た目も普通であり、

持ち運びをするのにも適しているため、

場所を問わずに飲むことができます。

 

 

ただし、容器に対する費用がかかりますので、

やはり価格設定は高めになります。

 

 

水素はどうしても蒸発しやすいという性質があるため、

このように厳重にされています。

 

 

自分で作るタイプのもの

 

 

 

これはスティックタイプで販売されていますが、

自分で作ることができますし、発生時点ではパウチよりも水素濃度が高いため、

効果に期待できると思います。

 

 

価格も少し安めに設定されています。

 

 

また、スティックタイプですので、

持ち歩きをするのに向いていると言えるでしょう。

 

 

ただし、自分で作る以上、毎日となれば手間がかかりますし、

何よりも場所が限られてしまいます。

 

 

特に人目を気にする人には不向きと言えるでしょう。

 

 

また、スティックタイプのものは、

化学成分を使用しているため、

人によっては体に合わないという人もいるかもしれません。

 

 

 

以上が水素水の主な価格と特徴になります。

 

管理人おすすめの水素水

7Water(セブンウォーター)
通販口コミ画像2016-3-14_23-5-46_No-00 - コピー

脅威の水素濃度7.0ppm!
文句なく高い濃度を誇る水素水です。

button_001

管理人情報
キャプチャ62

初めまして!

青森県在住のユッキです!

水素水を使用した体験談を元に効果やデメリットをご紹介していきます。

お問い合わせはこちら

ブログランキング参加!

健康食品の人気のブログは??
↓↓↓

水素水カテゴリ一覧
メタ情報
タグ情報
アーカイブ