水素水の効果とデメリット

【知らなきゃ損】水素水の効果とデメリットとは!?

知らなきゃ損!巷でさまざまな効果が提唱されている水素水には十分な効果があるものの、デメリットもあります。高額な水素水を試す前にますは知りたい水素水の豆知識をご紹介!詐欺にだまされないため、厳選した水素水ランキングも!

水素水は空気に触れると効果なし!?実はデリケートな飲み物

読了までの目安時間:約 5分

 

水素水はその名の通り水素を水に配合したものです。

 

 

水素は強力な還元力を持っているのが特徴であり、

体内に取り込むことでさまざまな健康効果に期待できます。

 

 

そんな水素水ですが、実は気をつけておくべき点があります。

 

 

それは、空気に触れさせないようにすることです。

 

 

水素水に含まれている水素は非常に蒸発しやすく、
特に空気に触れた場合、急激に蒸発してしまいます。

 

 

大気の中で大部分を締めているのは水素。

 

 

これはなんとなくご存知かもしれませんが、

この大気中に溶けてしまうのです。

 

 

水素水から水素が抜けてしまった場合、

ただの水になってしまうため、

全く意味がなくなります。

 

 

ですので、取扱には十分注意したほうが良いでしょう。

 

 

では水素を体内に取り込むのに、
最も適した方法はどのようなものがあるのでしょうか?

 

 

 

すぐに飲むのが効果的

 

 

最も効果が高いとされているのは、

開封後にすぐ飲むことです。

 

 

通常のアルミパウチタイプの水素水であれば、
水素を圧縮充填して水素を配合し、
外に逃さないように封入されています。

 

 

つまり真空状態になっているということになります。

 

 

開封後はもちろん空気に触れやすくなってしまいますので、

水素が蒸発しやすくなっていますが、

開封後にすぐ飲むことで水素の蒸発を抑えることができます。

 

 

とは言え、アルミパウチの水素水は、
500ml単位で販売されているものが多く、

この量の水を一気に飲むのが難しいという人も少なからずいるでしょう。

 

 

私も普段からあまり水分を摂らない体質ですので、

よく分かります。

 

 

そこでおすすめするのが、

開封後は水素水を少し溢れさせるようにしてから

キャップを閉じる方法です。

 

 

この方法でも空気に触れにくくなりますので、

水素の蒸発を抑えることができます。

 

 

とは言え、それでも水素濃度は落ちていきますので、

開封後が一番濃度が高いのは言うまでもありません。

 

 

できるだけ早めに飲むのが望ましいでしょう。

 

 

 

自分で水素水を作るタイプもある

 

 

アルミパウチタイプの水素水を毎日飲むのが厳しい場合、
自分で水素水を作るものもあります。

 

 

これは鉱石や岩塩、マイクロクラスターなどを

水と化学反応させることで水素を大量に発生させるものです。

 

 

これであれば、水素濃度が抜群に高い状態で
水素水を飲むことが出来ますので、

アルミパウチのものよりも濃度が高いまま、

多量の水を飲まなくても水素を摂る事ができます。

 

 

また、アルミパウチのような容器を使用していないため、

価格が少し休めに設定されているのもメリットです。

 

 

セブンウォーターがこれに当たりますので、

自分で作るのが手間でなければ、

これを選択肢に入れても良いかと思います。

 

 

 

水素水ランキングはこちら

 

水素水は加熱するべきではない!?その理由とは?

読了までの目安時間:約 5分

 

 

水素水はさまざまな方法で販売されています。

 

 

水素が持っている還元力の高さを利用し、

さまざまな健康効果を得ることができるとされており、

何らかの形で活用されていくのではないでしょうか?

 

 

ただし、水素の原理を知らずに、

間違った使い方をしている事例もあるようです。

 

 

その一つが加熱です。

 

 

水素水を加熱するということは、

水に含まれている水素が蒸発してしまう可能性があるため、

あまりおすすめ出来ません。

 

 

そもそも水素は蒸発しやすいという特徴があり、

空気に触れることで急激に早まってしまいます。

 

 

それは、水素自体が宇宙一小さい粒子とされており、

現代の科学において完全に封じ込めておくことは不可能と言われています。

 

 

この厄介な特徴がある以上は、

余計な手を加えないほうが無難です。

 

 

例えば水素水を加熱した場合は、

水の蒸発とともに当然水素も蒸発してしまいますし、

沸騰してくることで空気と触れやすくなります。

 

 

ですので、沸騰した状態であれば、

水素がすべて蒸発してしまっている・・・

という可能性も十分にあるわけです。

 

 

ですので、水素水を加熱して使用するのは

止めておいたほうが無難です。

 

 

繰り返しになりますが、

最も無難なのは余計な手をかけずに、

そのまま飲むことだと思って良いでしょう。

 

 

水素水の販売形態

 

 

水素水はアルミパウチで販売されているものが多いのですが、

これは水素をパウチ内に封じ込めておき、

外に逃さないようにしておくために使用されています。

 

 

ですがそれでも100%とは言えません。

 

 

実際に封入時には最高濃度である1.6ppmであっても、

開封したときには1.3ppm程度になっていることが多く、

このことからも完全に封入しておけるわけではないということが分かります。

 

 

とは言え、このタイプの容器であれば、

最も蒸発しにくいことは間違いありません。

 

 

ペットボトルでは漏れるのは確実ですし、

コップのそのまま入れておくのも空気に触れているためNGです。

 

 

例えばパウチタイプのものは

液体が外に漏れるなんてことはまずありませんが、

ペットボトルであれば表面が濡れている。

 

 

こんな場面を見たことがありますよね?

 

 

これは単純に容器の密度の問題です。

 

 

アルミパウチのほうが密度位が高いため、

水素を閉じ込めておくことができるのです。

 

 

まあ開封時に全部一気に飲んでしまえば

なんの問題もないわけですが、

一度にペットボトル1本分の水分を取るのが

難しい人もいるでしょう。

 

 

少なくとも私は厳しいです(笑)

 

 

ですので、水分を取らない人にとっても、

そうでない人であっても、アルミパウチのものは、

どんな方でも使用し安い水素水ということです。

 

 

これは水素水でパウチタイプのものが

圧倒的に多く販売されているため、

イメージしやすいのではないでしょうか?

 

 

 

 

水素濃度と一口に言っても実はこんなことがあるんです

読了までの目安時間:約 5分

 

 

水素水をチェックする際に、

必ず見ておくべきものが水素濃度です。

 

 

水素濃度は高ければ高いほど水素を体内に取り込むことができますので、

効果や信憑性にも期待が持てることになります。

 

 

当たり前の話ですが、

同程度の価格設定の場合は、

濃度が高い方を購入したほうがお得と言えるでしょう。

 

 

ですが、ここで一点注意しておくべき点があります。

 

 

それは水素濃度は充填時と飲むときで変わるという点です。

 

 

まず前提条件として、水素は最も小さいサイズの分子であり、

これを完全に閉じ込めておくことはできません。

 

 

今では一般的とされているアルミパウチでの販売ですが、

この方法であっても完全に閉じ込めておくことは出来ません。

 

 

時間が経てば経つほど水素は蒸発してしまい、

水素水もいずれはただの水になってしまいます。

 

 

この点を踏まえてお話しますが、

まず水素充填時とは、

簡単に言えば水素水を製造した直後のことを指します。

 

 

ですので、このときであれば水素の蒸発を考慮しなくても良いので、

水素濃度は高くなっています。

 

 

これに対して飲むとき(つまり開封時)は、

そのままの意味ですが、充填時に比べて濃度が低くなります。

 

 

その理由は先程お伝えしたとおり、

水素を完全に閉じ込めておくことが出来ないためです。

 

 

水素の飽和濃度

 

 

水素が水に溶ける濃度は決まっており、

最高濃度は1.6ppmとされています。

 

 

アルミパウチで販売されているものに関しては、

必ずこの制限があるものと思って差し支えありません。

 

 

それはもちろん水素を水に溶け込ませて販売しているという特徴があるためです。

 

 

では、「1.8~2.4ppm」といった濃度の記載はどのような仕組みなのか?

 

 

それは、水素を充填した当時の水素濃度と、実際に飲む時の濃度の違いです。

 

 

水素を充填するときには当然濃度制限がかかりませんので、

1.6ppm以上の数値を出すことができます。

 

 

ですが、この濃度を超えた水素の蒸発が早くなってしまいますので、

一般的には飲む際には1.6ppm程度になっていることが多いです。

 

 

もちろん、開封後にすぐ飲むことで

それ以上の濃度になっていることも有るとは思いますが、

それはあくまで製造時の状態です。

 

 

パウチで販売され、郵送で送られてくるものに関しては、

概ねこのぐらいになる・・・といった認識でよいでしょう。

 

 

なお、これは充填時の水素濃度が高ければ当然開封後の濃度も高くなります。

 

 

ですので、一般的な水素水の濃度である0.8~1.2ppm程度の濃度は、

当然充填時の水素濃度もそれなりということになります。

 

 

 

水素水はペットボトルではダメ?その理由とは?

読了までの目安時間:約 5分

 

水素水を使用しいているのであれば、

ペットボトルを使用するべきではないです。

 

 

これは覚えておいたほうがよいでしょう。

 

 

もともと水素は分子サイズが非常に小さいのが特徴ですが、

もうひとつ忘れてはいけないのが、

空気に触れることですぐに蒸発してしまうというものです。

 

 

これは残念ながら、

ペットボトルでは防ぐことができないようです。

 

 

もちろん、アルミなどの容器でも完全に防ぐことは出来ませんが、

少なくともペットボトルより気密性が高く、

外に漏れにくい構造になっています。

 

 

例えば、水でもジュースでも何でもいいのですが、

ペットボトルで販売されているものをイメージしてみてください。

 

 

もちろん、理論的には中の液体は外にこぼれないようになっています。

 

 

ですが、時間が経つと共にペットボトルの表面が湿っている・・・

というのを経験した方は多いでしょう。

 

 

実はこれこそが、中の液体を完全に閉じ込めてはいないということになります。

 

 

ましてや水素の分子サイズは非常に小さいため、

水素水の保存はペットボトルでは不向きなようです。

 

 

これは水素水がどのように販売されているかを見ればすぐにわかります。

 

 

水素水は基本的にアルミパウチで販売されていますが、

これは網目が細かく作られており、

さらに水素を外に漏らさないように何層にも重ねられて作られています。

 

 

よって、完全とはいえませんが

水素を外に漏らさないように工夫がされています。

 

 

水素水がペットボトルなどで販売されていないのは

このような仕組みがあるためです。

 

 

そしてこのアルミパウチの容器を使用しているということもあり、

水素水は価格が高めに設定されているとも言えます。

 

 

作りたての水素水

 

多くの水素水がアルミパウチのもので販売されていますが、

それ以外の販売方法があります。

 

 

それは、水素発生剤を用いて、自分で水素水を作るタイプです。

 

 

この場合は出来たてを飲むことが出来ますので、

ペットボトルでも可能ということになります。

 

 

ただし、気密性が高いほうが望ましいことに変わりはありません。

 

 

ただし水素の蒸発を防ぐ方法がまったくないことになりますので、

出来上がった水素水はすぐに飲む必要があります。

 

 

また、アルミパウチの水素水と違い、

容器にお金がかかるわけではないため、

コストがそれほどかからないというメリットもありますし、

何よりも水素濃度がかなり高いという特徴があります。

 

 

水素水の販売方法は1種類だけではなく、

自分で作るタイプのものもあり、

その場合は安価に済ませることが出来ますし、

必ずしも容器にこだわらなくても良いということですね。

 

 

毎日作り続けるのが面倒でなければ、

こういった水素水を選ぶのも一つの手と言えるでしょう。

 

 

水素水を沸騰させるとダメ!?その理由は?

読了までの目安時間:約 5分

 

水素水はその名の通り水素を豊富に含んだ水であり、

還元力を活用して健康効果を得るものです。

 

 

これを、浄水器でろ過した水と同様に考えてしまいがちですが、

ただの水と同じような扱いをするのは少し待った方が良いです。

 

 

つまり、加熱によって沸騰させたり、

料理に使用するなどです。

 

 

結論から言うと、

そのような使い方は全くおすすめできません。

 

 

水素水のメリットがなくなってしまいますので、

あくまでそのまま飲むものとおもっておいたほうが良いです。

 

 

その理由としては蒸発があります。

 

 

水素は粒子が宇宙一小さいとされており、

この特徴から還元力が非常に高いとされています。

 

 

ですが、空気に触れた場合、

すぐに蒸発してしまうという特徴もあり、

デリケートな成分でもあります。

 

 

つまり、水素水を沸騰させた場合、

水素水が空気に触れる面積が大きくなり、

蒸発が早くなってしまいます。

 

 

例えば、ほとんどの水素水がアルミパウチで販売されているのは、

ここまでしないと水素を密封しておけないためです。

 

 

また、水素水を沸騰させた場合、当然水は蒸発しますが、

それにともなって水素も蒸発してしまいます。

 

 

というよりも、水よりも水素の方が先に蒸発するでしょう。

 

 

よって、水素水は沸騰させるのはおすすめしません。

 

 

水素水を料理に使うのはいいの?

 

e58eb77046495076fc5b3fe8c3e351fd_s

 

また、これに関連してですが、料理に使うというのもなかなか難しいです。

 

 

私も浄水器を使用してろ過した水でコーヒーを作ったりしますので、

その気持は良く分かります。

 

 

ですが、先程お話した、水素の蒸発を考慮した場合、

料理に使うことも難しいというのがなんとなく分かると思います。

 

 

ほとんどの料理の場合は加熱を伴いますし、

仮に加熱しない場合であっても、

容器の外に出して一定時間放置することになるため、

やはり空気に触れる時間や面積が大きくなってしまうでしょう。

 

 

以上の理由により、水素水は加熱、沸騰が難しいため、

自分で作るタイプなら出来上がりをそのまま飲むか、

パウチタイプであれば開封後にあまり時間を空けずに飲むことが必要といえるでしょう。

 

 

少し扱いが難しい。

 

 

水素水に関して、そのようなイメージを持つかもしれませんが、

決してそんなことはありませんのでご安心ください。

 

 

ただ空気に触れないように配慮すれば良いですし、

アルミパウチの水素水であればそのまま飲むだけです。

 

 

自分で作る水素スティックのものであれば、

出来上がった水素水をあまり時間を開けずに飲んでしまう。

 

 

本当にこれだけです。

 

 

ただし、沸騰させたり、料理に使ったりするのには、

残念ながら向かないということになりますね。

 

 

 

 

水素水の飲み方には注意が必要!?知っておくべき特徴とは??

読了までの目安時間:約 5分

 

あなたがもし水素水をすでに飲んでいる、

もしくはこれから飲もうとしているのであれば

注意しておくべきポイントがあります。

 

 

それは、水素の蒸発です。

 

 

水素水は、その名の通り水の中に水素を溶け込ませていますが、

そもそも水素自体が非常に蒸発しやすいという特徴があり、

空気に触れることですぐに蒸発してしまいます。

 

 

もともと水素は大気中の大部分を締めており、

不足するということは有りえませんが、

私達の体には本来取り込まれない成分です。

 

 

ですので、意図的に取り込む必要があるということですね。

 

 

さて、水素水を飲む際には、

 

 

アルミパウチで水素水を飲んでいる場合は、空気を中に入れないようにする。

自分で作って飲むタイプは、できるだけ早めに飲んでおく。

 

 

これらの点に注意しておくと良いでしょう。

 

 

例えばアルミパウチの水素水の場合、

500mlの数量で販売されているものも多く、

これを短時間で飲めないという人も多いでしょう。

 

 

私自身水分をあまり取らない体質ですので、

この数量の水を一度に飲むというのは少し厳しかったです。

 

 

たまになら良いのですが、水素水自体、

毎日飲むことを前提にしているため、

なおさらきつく感じてしまいました。

 

 

では、どのようにしておけばよいのでしょうか?

 

 

それは、開封後に保存しておく場合は、

水素水を溢れる状態にしておき、

空気が入らないようにしてキャップを締めておくことです。

 

 

これで空気にが入りにくくなるため、

水素の蒸発を防ぐことができるようになります。

 

 

とは言え、この方法ももちろん完璧ということではなく、

水素の蒸発が遅くなるだけですので、

一番良いのはやはり時間を開けずに飲むことでしょう。

 

 

自分で作るタイプの場合は??

 

 

自分で水素水を作る、

いわゆる水素水のスティックなどを使用するものは、

水素の蒸発が早いことに注意しておくべきです。

 

 

というのも、このタイプのものは、安価で購入することができる分、

アルミパウチのような特殊な容器を使用していないため、

作りたてを飲むことを前提に作られているためです。

 

 

つまり、先程のアルミパウチのように、

水素の蒸発を防ぐ手段がないということになります。

 

 

ですので、作った水素水はあまり時間をかけずに飲んでおきましょう。

 

 

以上のようなデメリットはありますが、

価格が安いという点、そして水素発生剤を使用しているため、

水素の濃度もアルミパウチよりもかなり高いです。

 

 

ですので、相応の魅力があるタイプであることは

間違いないと言えます。

 

 

 

以上、それぞれの水素水の特徴をご紹介しました。

 

 

あなたが今後水素水を使用するのであれば、

このような注意点を踏まえて使用したほうが良いでしょう。

 

 

 

水素水は料理に使うことが出来るのか?

読了までの目安時間:約 5分

 

水素水を料理に使いたい。

 

 

健康に良いとされている水素水ですが、

ただの水を飲むよりはなにかと合わせたほうが、

毎日続けられるのではないか。

 

 

もしかしたらあなたもこのように考えているかもしれませんね。

 

 

 

私自身水分をあまり取らない体質ですし、

たまにならまだしも、毎日のようにペットボトル1本分の水素水を飲むのは

正直きついと思っていました。

 

 

例えば、浄水器などを通して得た水を料理に使っている人も多いため、

水素水を料理に使いたいと思う方もいるのではないでしょうか?

 

 

前置きが長くなってしまいましたが、結論を言うと、

水素水を料理に使うのは基本的におすすめしません。

 

 

というのも、水素は空気に触れることで

急激に蒸発してしまうという特徴があるためです。

 

 

つまり、料理に使うという時点で、

水素水が長時間空気に触れることになってしまいますので、

実際に料理を口にするときには水素が蒸発しています。

 

 

ですので、水素水は料理に使うのは、

適していないと考えておくべきでしょう。

 

 

水素水はパウチで販売されている

 

 

例えば、当サイトでご紹介している水素水の

殆どがアルミパウチで販売されています。

 

 

それはなぜか?

 

 

もちろん、蒸発しやすい水素を逃がさないようにするためです。

 

 

このアルミパウチは四層構造になっており、

更に網目が細かく作られているため、

水素を外に逃さないようにすることが出来ています。

 

 

もともとアルミは水素を吸着しやすいという性質があり、

何十にもアルミを重ねることで水素が逃げないようにしているため、

水素を体内に取り入れることができるように作られています。

 

 

ですが逆を言えば、

ここまでしないと水素を水に溶かしておくことが出来ません。

 

 

水素が蒸発するのは、空気に触れることで起こりますので、

アルミパウチの中は真空状態になっています。

 

 

そして、一度アルミパウチを開封した後は

あまり時間をかけずに飲む必要があります。

 

 

そう考えた場合、やはり水素水は開封した後、

あまり時間をかけずに飲んでしまうのがベストでしょう。

 

 

ちなみに私の場合は、

料理に使いませんが、食事のときに、

お茶代わりに飲んでいます。

 

 

ただ水を飲むよりは苦痛を伴いませんし、

食事の際にはお茶を飲むことが多いため、

それを水素水に変えるだけでしたので、

思っていたよりも長く続けられています。

 

 

もしあなたが私と同じように、

水分をあまり取らない体質であり、

ただ水素水を飲み続けるのが苦痛なのであれば。

 

 

食事と一緒にしてみるのも一つの手ではないでしょうか?

 

 

 

 

水素水の値段はなぜ高い!?詐欺商品なの?

読了までの目安時間:約 5分

 

 

水素水の価格は通常の飲料水よりも少々高いです。

 

 

もしあなたが水素水に興味があり、

実際に商品を調べたことがあれば、

私と同様の感想を持っているかもしれませんね。

 

 

通常のミネラルウォーターは500mlでも100円程度、

ジュースなどでも150円あれば大抵のものを買うことが出来ます。

 

 

ですが、水素水は500mlのもので200円を下回ることはまずありません。

 

 

ミネラルウォーターの倍かそれ以上の価格差になる

ことを把握しておいたほうが良いです。

 

 

では、なぜこんなに高いのでしょうか?

 

 

詐欺商品なの?と思う方もいるっかもしれませんが、

決してそんなことはなく、もちろん理由があります。

 

 

アルミパウチタイプの水素水

 

 

水素水は、当サイトでご紹介しているものに限らず、

殆どの物がアルミパウチで販売されています。

 

 

そしてアルミパウチは、ほとんどのものが三層、四層構造になっており、

網目の細かいアルミを重ねあわせて作られています。

 

 

ペットボトルなどよりもアルミは価格が高く、

それでいてこのような細かい作りになっているため、

容器代だけでもかなり価格が高くなります。

 

 

もちろんそれには理由があり、

水素を外に逃がさないようにするためです。

 

 

水素は空気に触れてしまうと急激に蒸発してしまうため、

アルミパウチの内部は必ず真空状態にしておく必要があります。

 

 

それでいて水素を外に逃さないように、

網目をかなり細かくしていますので、

どうしてもコストが掛かってしまうわけです。

 

 

なお、アルミは水素を吸着しやすいという特徴があり、

水素を閉じ込めておくのに有効な材質とされています。

 

 

ですので、多くの水素水がアルミパウチで作られています。

 

 

全国の名水を使用

 

 

次に、せっかく買った水ですので、

美味しく飲みたいと誰もが思うでしょう。

 

 

私もせっかくお金を出して買っているのですから、

水とは言え、美味しく飲みたいと思っています。

 

 

実は殆どの水素水は全国の名水を減量として作られており、

ミネラルが豊富なものを使用しています。

 

 

これもコストがかかる要因の一つでしょう。

 

 

 

以上が水素水が高めに設定されている要因になります。

 

 

これは水素の特性上仕方がないことでしょうし、

このコストを補って余りある還元力が水素にあります。

 

 

ですので、コストを取るか?

それとも価格には多少目をつぶって優れた還元力を取るか?

という選択肢が出てくるものでもあります。

 

 

私は実際にお試し購入をしてみて、

その還元力の高さに魅力を感じましたので、

価格を二の次に考え、購入を継続しています。

 

 

あなたはどちらを選ぶでしょうか?

 

 

 

水素水は保存しておける??注意しておくべき点は?

読了までの目安時間:約 5分

 

 

水素水はアルミパウチタイプで販売されているものであれば、

ある程度の時間保存しておくことが出来ます。

 

 

というのも、アルミパウチは水素の蒸発を防ぐため、

水素を外に逃がさないようにしているために作られているものであり、

この容器自体から水素が漏れることはある程度防ぐことが出来ます。

 

 

水素は空気に触れるだけですぐに蒸発してしまい、

その効果を実感できなくなってしまうため、

この容器は大きなメリットと言えるのではないでしょうか?

 

 

ですが、このメリットを受けられるのは、

あくまで開封される前の場合です。

 

 

開封した後はもちろん密封状態ではなくなるため、

水素が侵入しやすくなってしまいますので、

長期的に保存するのは難しいでしょう。

 

 

一応空気を入れないように、水素水を溢れさせた状態で

キャップを閉めることで、ある程度蒸発を防ぐことが出来ます。

 

 

とは言え、もちろん完璧に空気が入らないということではありません。

 

 

あくまで保存できるのは開封前と考えておいたほうが良いでしょう。

 

 

最低でもその日のうちには1パック必ず飲み干すぐらいで

考えておくと良いと思います。

 

 

すごく注意が必要に感じますが、

そこまでデリケートなものではなく、

水素の性質上仕方がないものです。

 

 

最初にご紹介したとおり、

水素は空気に触れただけで蒸発してしまうため、

開封後は蒸発しやすくなってしまいます。

 

 

水素の特徴

 

 

水素が空気に触れるだけで蒸発しやすい特徴があるのは、

その性質上やむを得ないというしかありません。

 

 

ですがもう一点、水素の大きな特徴として、

宇宙一小さい粒子であるというものがあります。

 

 

つまり、非常に外気に触れやすいのです。

 

 

先程の空気に触れることで蒸発してしまう点と

粒子が小さく、閉じ込めておくことが困難であること。

 

 

これらの特徴があるために、

どうしても容器を厳重にしておく必要があります。

 

 

また、アルミの性質上の話ですが、

比較的水素を吸着しやすいという特徴があり、

水素をパウチ内にとどめておくのに役立ちます。

 

 

水素水がアルミパウチで販売されているのは、

このような特徴があるためです。

 

 

もちろんここまでしても、

確実に水素が外にもれないということはありません。

 

 

ですので、水素自体が長期保存には向かいない成分であり、

こればかりはしょうがないと割り切るしかありません。

 

 

以上のような注意点が多い成分ではあるものの、

粒子が小さいからこそ実感できるのが強力な還元力です。

 

 

細胞レベルにまで効果を実感しやすいため、

高い効果を得ることができると言われています。

 

 

 

水素水はどのぐらい飲めばいいの?

読了までの目安時間:約 5分

 

 

水素水はどのぐらい飲めば良いの?

 

 

という質問を受けることが良く有りますが、
結局のところ、決まった答えはないです。

 

 

そもそも、もとを正せばただの水ですので、

飲み過ぎという概念はそもそもありません。

 

 

とは言え、アルミパウチタイプの水素水での目安ですが、

殆どの水素水が300mlから500ml程度で販売されています。

 

 

これは1日の数量単位で販売されていますので、
これを目安にすると良いのではないでしょうか?

 

 

ペットボトル1本分ですので、

少なくとも飲めない・・・という数量ではないかなと思います。

 

 

実は気をつけておく点は、飲む数量ではなく飲み方です。

 

 

一番確実なのが、

開封後にあまり時間をかけずに全て飲んでしまうというものです。

 

 

もちろん水分をあまり取らない方も多いと思いますので、
これが難しいということもあるでしょう。

 

 

もしかしたらあなたも水分をあまり取らない体質なのかもしれません。

 

 

水素は蒸発しやすい?開封してしまうと・・・?

 

4afbc913400228954d106e0d80a9b51d_s

 

水素は非常に小さい分子であり、

空気に触れることであっという間に蒸発してしまいます。

 

 

よって、水素が空気に触れないように気を付ける必要があります。

 

 

例えば当サイトで紹介しているのは、
アルミパウチタイプのものが多いです。

 

 

それを元に話をしますと、

 

 

一度開封したら、早めに飲む必要がありますし、
空気に触れないように水素水が容器から溢れそうな状態で

キャップを閉じておくということが必要になります。

 

 

以上のことから、
水素水を飲む量はそれほど明確になっていないものの、
その飲み方には気を配っておくべきでしょう。

 

 

アルミパウチで販売されている水素水

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

最初の話に戻りますが、

ほとんどの水素水がアルミパウチに入れた状態で販売されています。

 

 

これは水漏れを防ぐという意味でもありますが、

最も重要とされているのは、水素を外に逃さないという点です。

 

 

先程お伝えしたとおり、水素は宇宙一小さい粒子であり、

空気に触れるとあっという間に蒸発してしまいます。

 

 

これは真空状態で封入していても、

容器から漏れてしまうということであり、

容器自体にもかなり気を配っておく必要があります。

 

 

ですので、アルミパウチも何層も重ね合わせて作られており、

水素を外に逃さないように工夫がされています。

 

 

以上のことから、

水素はかなりデリケートな成分ということですね。

 

 

もしあなたがパウチタイプの水素水をお考えなのであれば、

どのぐらいの数量で販売されているのか、

一度開封雨したら時間を開けずに飲むことができるか?

という点を考慮しておくと良いでしょう。

 

 

 

 

管理人おすすめの水素水

7Water(セブンウォーター)
通販口コミ画像2016-3-14_23-5-46_No-00 - コピー

脅威の水素濃度7.0ppm!
文句なく高い濃度を誇る水素水です。

button_001

管理人情報
キャプチャ62

初めまして!

青森県在住のユッキです!

水素水を使用した体験談を元に効果やデメリットをご紹介していきます。

お問い合わせはこちら

ブログランキング参加!

健康食品の人気のブログは??
↓↓↓

水素水カテゴリ一覧
メタ情報
タグ情報
アーカイブ