水素水の効果とデメリット

【知らなきゃ損】水素水の効果とデメリットとは!?

知らなきゃ損!巷でさまざまな効果が提唱されている水素水には十分な効果があるものの、デメリットもあります。高額な水素水を試す前にますは知りたい水素水の豆知識をご紹介!詐欺にだまされないため、厳選した水素水ランキングも!

水素によって酸化した細胞を取り戻す!?その仕組とは?

読了までの目安時間:約 6分

 

私達は酸素なしでは生きていくことはできず、
呼吸によって酸素を取り込みます。

 

 

 

これによって、酸素が体内を循環し、
生命活動を維持しているのです。

 

 

 

これ自体今更私が言うことでもないですし、
当たり前に行われているものです。

 

 

 

ですが、これは同時に衰えを
実感していくということでもあります。

 

 

 

酸素は体内に取り込んだ場合、
細胞と結合する、「酸化」と呼ばれる化学反応が起こります。

 

 

 

酸化は私達の細胞だけではなく、
あらゆる物質に対して起こるもので、
その物質を錆びつかせるという効果があります。

 

 

 

錆びてしまった物質は、
腐食、衰えなどが出てきてしまい、
本来の能力を発揮できなくなるのです。

 

 

 

この仕組みの例に、
10円玉があります。

 

 

 

10円玉はほとんどのものが
こげ茶色のような色をしており、
きれいな状態のものを持っている人は少ないでしょう。

 

 

 

これは酸素と10円玉の原料である、
銅が酸化したことによるものであり、

本来の色合いではなくなっています。

 

 

 

そもそも新しい10円玉って、
きれいな銅の色をしていますよね?

 

 

 

これは、酸化が進む前の状態であり、
これこそが10円玉本来の姿です。

 

 

 

人間の細胞と酸化

 

 

これは私達の場合でも同様のことが言えます。

 

 

 

最初にお伝えしたとおり、
私達は酸素を呼吸によって取り込みますが、

それは10円玉と同様に、

細胞が酸化してしまうことを意味します。

 

 

 

酸化した細胞は本来のチカラを発揮できなくなり、

衰えてしまうことになります。

 

 

 

これが老化現象につながっていくのです。

 

 

 

ある意味自然現象ですので、

こればかりは仕方が無いことでもありますね。

 

 

 

では、私達は細胞の酸化を止める方法はないのでしょうか?

 

 

 

実はこれに対して水素が効果を発揮します。

 

 

 

それが水素の還元力と呼ばれるものです。

 

 

 

還元とは、酸化した細胞から、

酸素を切り離すことを言い、

この効果により細胞の錆びをある程度防ぐことができます。

 

 

 

もちろん完全に元通りになるわけではありませんが、
ある程度のアンチエイジング効果に期待できるでしょう。

 

 

 

ちなみに、還元力を持った成分は多数あり、

水素だけが持っているわけではありません。

 

 

 

ポリフェノールやカロテノイドなど、

動植物成分によく含まれており、

それ以外にも多数あります。

 

 

 

いわば、日常的に使用されている成分であり、

私達に馴染みの深い成分と言えるでしょう。

 

 

 

ですが、水素の場合、

宇宙一小さい分子サイズという特徴があり、

還元力が非常に高いと言われています。

 

 

 

サイズが小さいことにより、

どの物質であっても細胞レベルまで

還元力が浸透しやすいという特徴があるため、

今後注目されていく成分と言えるでしょう。

 

 

 

水素濃度と一口に言っても実はこんなことがあるんです

読了までの目安時間:約 5分

 

 

水素水をチェックする際に、

必ず見ておくべきものが水素濃度です。

 

 

 

水素濃度は高ければ高いほど水素を体内に取り込むことができますので、

効果や信憑性にも期待が持てることになります。

 

 

 

当たり前の話ですが、

同程度の価格設定の場合は、

濃度が高い方を購入したほうがお得と言えるでしょう。

 

 

 

ですが、ここで一点注意しておくべき点があります。

 

 

 

それは水素濃度は充填時と飲むときで変わるという点です。

 

 

 

まず前提条件として、水素は最も小さいサイズの分子であり、

これを完全に閉じ込めておくことはできません。

 

 

 

今では一般的とされているアルミパウチでの販売ですが、

この方法であっても完全に閉じ込めておくことは出来ません。

 

 

 

時間が経てば経つほど水素は蒸発してしまい、

水素水もいずれはただの水になってしまいます。

 

 

 

この点を踏まえてお話しますが、

まず水素充填時とは、

簡単に言えば水素水を製造した直後のことを指します。

 

 

 

ですので、このときであれば水素の蒸発を考慮しなくても良いので、

水素濃度は高くなっています。

 

 

 

これに対して飲むとき(つまり開封時)は、

そのままの意味ですが、充填時に比べて濃度が低くなります。

 

 

 

その理由は先程お伝えしたとおり、

水素を完全に閉じ込めておくことが出来ないためです。

 

 

水素の飽和濃度

 

 

水素が水に溶ける濃度は決まっており、

最高濃度は1.6ppmとされています。

 

 

 

アルミパウチで販売されているものに関しては、

必ずこの制限があるものと思って差し支えありません。

 

 

 

それはもちろん水素を水に溶け込ませて販売しているという特徴があるためです。

 

 

 

では、「1.8~2.4ppm」といった濃度の記載はどのような仕組みなのか?

 

 

 

それは、水素を充填した当時の水素濃度と、実際に飲む時の濃度の違いです。

 

 

 

水素を充填するときには当然濃度制限がかかりませんので、

1.6ppm以上の数値を出すことができます。

 

 

 

ですが、この濃度を超えた水素の蒸発が早くなってしまいますので、

一般的には飲む際には1.6ppm程度になっていることが多いです。

 

 

 

もちろん、開封後にすぐ飲むことで

それ以上の濃度になっていることも有るとは思いますが、

それはあくまで製造時の状態です。

 

 

 

パウチで販売され、郵送で送られてくるものに関しては、

概ねこのぐらいになる・・・といった認識でよいでしょう。

 

 

 

なお、これは充填時の水素濃度が高ければ当然開封後の濃度も高くなります。

 

 

 

ですので、一般的な水素水の濃度である0.8~1.2ppm程度の濃度は、

当然充填時の水素濃度もそれなりということになります。

 

 

 

管理人おすすめの水素水

7Water(セブンウォーター)
通販口コミ画像2016-3-14_23-5-46_No-00 - コピー

脅威の水素濃度7.0ppm!
文句なく高い濃度を誇る水素水です。

button_001

管理人情報
キャプチャ62

初めまして!

青森県在住のユッキです!

水素水を使用した体験談を元に効果やデメリットをご紹介していきます。

お問い合わせはこちら

ブログランキング参加!

健康食品の人気のブログは??
↓↓↓

水素水カテゴリ一覧
メタ情報
タグ情報
アーカイブ