水素水の効果とデメリット

【知らなきゃ損】水素水の効果とデメリットとは!?

知らなきゃ損!巷でさまざまな効果が提唱されている水素水には十分な効果があるものの、デメリットもあります。高額な水素水を試す前にますは知りたい水素水の豆知識をご紹介!詐欺にだまされないため、厳選した水素水ランキングも!

水素水はドラッグストアにも売っている!?知っておくべき豆知識とは?

読了までの目安時間:約 5分

 

水素水はドラッグストアなどでも販売されており、
通販だけの取扱商品ではありません。

 

 

普通に身近に存在するものですので、

気軽に購入することができるでしょう。

 

 

最近では地元の名水を使用したものも販売されており、
私達使用者だけではなく、

製造する業者も多くなってきたということでしょう。

 

 

実際に私の地元である青森県では、

十和田湖と呼ばれる湖がありますし、

その付近には奥入瀬渓流と呼ばれる湧き水があります。

 

 

これを活用して水素水を販売している業者があり、

ドラッグストアなどで売られています。

 

 

このように、

水素水は私達の身近なものになりつつあると考えて良いでしょう。

 

 

もちろんドラッグストアで売っているものは、

通販だ売っているものに劣っているということはありません。

 

 

ですが、注意するべき点もあるのは事実です。

 

 

水素濃度は意外と低い!?

 

 

私の地元で販売されているものですが、

水素濃度が0.8~1.0ppm程度と記載されており、

300mlで販売されており、1パックあたり200円程度です。

 

 

これが詐欺商品ということではありませんが、

水素濃度、価格ともに通販商品よりも劣っています。

 

 

例えば通販で販売されている商品では、

最高濃度である1.6ppmに近い数値の物が多く、

1.2ppm程度が一般的な数値と言えます。

 

 

さまざまな商品を比較してみると、

その濃度の高さが分かるでしょう。

 

 

また、1パックあたりの数量も違い、

500ml程度で販売されています。

 

 

これらの2つの要素で比較してみた場合、

やはり通販商品のほうが優秀と言えます。

 

 

もちろんこれはあくまで

私の地元で販売されている水素水の話であり、

あなたのお住まいの地域で販売されているものが

同じとは限りません。

 

 

ですが水素水を比較するべきポイントは少なく、

濃度や価格、そして数量です。

 

 

ですので、身近なドラッグストアで売っているものを購入する場合、

これらのポイントを比較した上で購入したほうが良いでしょう。

 

 

通販ならではの販売方法

 

 

もう一つ確認しておきたいのが初回の割引です。

 

 

水素水は他の健康食品と違い、

返金保証が付いているものはあまりありません、

 

 

この点はどこで購入しても同じだと思いますが、

初回のお試しに関しては話が別です。

 

 

初回割引でかなり安く購入できるものもあり、

まずは試してみたいという方は、

この割引を活用してみると良いでしょう。

 

 

ドラッグストアで少し残念なのが、

ほとんどの商品には返金保証も、

お試し購入の割引も付いていないということです。

 

 

詐欺のような商品ではないため、

お試しをする必要がないと言われればそれまでですが、

この価格差を見てみると、やはり初回は安く済ませたいですよね?

 

 

少なくとも私が商品を購入する場合、

水素水に限らず、必ず割引を活用し、

お得に購入するようにしています。

 

 

このように、通販ならではの意外な割引もありますので、

この点は通販商品と比較してみると良いでしょう。

 

 

 

水素水はスティックタイプのものもある?どんなもの?

読了までの目安時間:約 7分

 

水素水は大きく分けて2種類のものが販売されています。

 

 

それは、

 

○水素を水に充填し、パウチなどの容器で販売しているもの

○水素水を自分で作るもの

 

この2つです。

 

 

厳密にはもう少しありますが、概ねこの2種類と思っておいて良いです。

 

 

水素水のスティックタイプのものは、

基本的に後者の方に分類されます。

 

 

ではこのタイプのものはどのような特徴を持っているのでしょうか?

 

 

その点について触れていきます。

 

 

水素発生剤を使用

 

 

自分で作るタイプのものは、水素発生剤と呼ばれるものを使用します。

 

 

マイクロクラスター、岩塩、ゼオライトなど、

化学成分、鉱石などを使用しているものになります。

 

 

これは、水分に触れることで水素を多量に発生させる

という特徴がありますので、それを活用した水素水ということになります。

 

 

ですので、名水を使用している水素水とはコンセプトが異なり、

水道水などでも普通に作ることができます。

 

 

毎日作るという手間は発生しますが、

基本的に発生剤を水に浸しておくだけですので、

そこを手間と考えるか、そうではないと考えるか、

といったところです。

 

 

水素発生剤のメリット

 

水素発生剤タイプのメリットは、

価格設定濃度です。

 

 

先程お伝えしたように、水道水でも作ることが出来ますし、

アルミパウチのような容器を使用しているわけではないため、

価格が抑えられており、安く購入することが出来ます。

 

 

1ヶ月分の数量で数千円のサガあるため、

価格を重視する方におすすめできます。

 

 

次に水素濃度に関してです。

 

水素が水に溶ける濃度は決まっており、

1.6ppmとされています。

 

 

これを超えた分は蒸発が早くなってしまうため、

基本的にこの濃度を上回ることはありません。

 

 

ですが、これはあくまでアルミパウチのような、

溺愛品を届ける場合です。

 

 

水素発生剤は作っている最中に水素がどんどん発生していきますので、

それ以上の濃度の水素水を飲むことが出来ます。

 

 

これは水素水に限った話ではありませんが、

成分量が多ければ多いほどその効果や信憑性に期待が持てます。

 

 

これはどのような商品でも同じことが言えるでしょうし、

水素水も例外ではありません。

 

 

水素発生剤タイプのものはこのようなメリットがあります。

 

 

水素発生剤のデメリット

 

 

もちろんメリットだけではなく、デメリットも当然あります。

 

 

それは、手間原料です。

 

 

手間に関しては先程お伝えしたとおりですが、

たまに作る程度であればそれほど手間と感じないと思いますが、

これを毎日続けると慣れば話は別です。

 

 

イクラスティックを浸しておくだけとは言え、

少し時間がかかりますので、毎日作るのが面倒・・・

という方も少なからずいるかも知れません。

 

 

こればかりはひとそれぞれですので一概には言えませんが、

毎日続けることを考慮しておくべきでしょう。

 

 

次に原料に関してです。

 

 

水素発生剤の原料に関しては先程お伝えしたとおりですが、

化学成分や鉱石を使用しており、水素を発生させる仕組みのため、

化学反応を起こすことで水素水を作ります。

 

 

このプロセスを見てなんとなくイメージできるかもしれませんが、

万人向けとは言えないでしょう。

 

 

実際に口コミ情報を見てみると、

お腹の調子が悪くなった、自分の体に合わなかったといった

口コミを見かけることが稀にあります。

 

 

私はそういう経験はありませんでしたので、

共感することは出来ませんが、

そのような人もいる以上、やはり万人向けとは言い難いです。

 

 

逆にアルミパウチの水素水は名水を使用しており、

結局はただの水ですので、万人向けと言っても良いでしょう。

 

 

 

以上2点が水素発生剤の場合のデメリットとなります。

 

 

これらを踏まえて購入を検討したほうが良いでしょう。

 

 

ですが、やはり価格の安さの濃度は魅力だと思います。

 

 

 

効果なしの水素水!?実は本当に存在した!?

読了までの目安時間:約 4分

 

水素水は全く効果が無い・・・。

 

 

そのような印象を持っている方も少なくないようですが、

水素の還元力は決して見逃せない特徴があります。

 

 

アンチエイジング、美容、代謝の活発化等、

水素水にはさまざまな効果が期待されています。

 

 

これは水素水の口コミを見てみればよく分かります。

 

 

公式サイトの効果だけをチェックしていれば、

本当なのかな?と疑いたくなりますが、

人の口コミをチェックしていれば、

好印象なものも多いため、一概に詐欺とは言い切れません。

 

 

私も水素水を使用してみて、汗をかきやすくなったり、

朝の目覚めがすっきりしたりと、それなりに効果を得ることが出来ています。

 

 

では、水素水の中でも効果が全く見られず、

詐欺のようなものはあるのでしょうか?

 

 

実は結論を言えば「あります。」

 

 

それは水素濃度が殆どないのにもかかわらず、

水素水と表記されて販売されているものです。

 

 

残念なことに、そのようないわゆるまがい物も

少なからず存在するということになります。

 

 

これが意図的なのか、それとも蒸発してしまったのかは分かりません。

(後者で有ることを祈ってはいますが。)

 

 

ですが、現実としてそのような水素水が存在しています。

 

 

週刊文春で紹介されている水素水の濃度

 

現在でも芸能人のスキャンダルを生業としている「週刊文春」は、

あなたもご存知のことでしょう。

 

 

これは基本的に芸能人のスキャンダルをご紹介していますが、

かつて水素水の濃度について触れられているものがありました。

 

 

その画像がこちらです。

 

通販口コミ画像2016-4-5_23-22-51_No-00

 

いかがでしょうか?

 

 

全くのゼロという水素水はあまりありませんが、

そのように販売されているものもあるということになります。

 

 

例え0ではなかったとしても、

濃度があまりにも低い場合は、やはり効果を実感するのは難しいかもしれません。

 

 

このような水素水も存在します。

 

 

 

水素濃度と一口に言っても実はこんなことがあるんです

読了までの目安時間:約 5分

 

 

水素水をチェックする際に、

必ず見ておくべきものが水素濃度です。

 

 

水素濃度は高ければ高いほど水素を体内に取り込むことができますので、

効果や信憑性にも期待が持てることになります。

 

 

当たり前の話ですが、

同程度の価格設定の場合は、

濃度が高い方を購入したほうがお得と言えるでしょう。

 

 

ですが、ここで一点注意しておくべき点があります。

 

 

それは水素濃度は充填時と飲むときで変わるという点です。

 

 

まず前提条件として、水素は最も小さいサイズの分子であり、

これを完全に閉じ込めておくことはできません。

 

 

今では一般的とされているアルミパウチでの販売ですが、

この方法であっても完全に閉じ込めておくことは出来ません。

 

 

時間が経てば経つほど水素は蒸発してしまい、

水素水もいずれはただの水になってしまいます。

 

 

この点を踏まえてお話しますが、

まず水素充填時とは、

簡単に言えば水素水を製造した直後のことを指します。

 

 

ですので、このときであれば水素の蒸発を考慮しなくても良いので、

水素濃度は高くなっています。

 

 

これに対して飲むとき(つまり開封時)は、

そのままの意味ですが、充填時に比べて濃度が低くなります。

 

 

その理由は先程お伝えしたとおり、

水素を完全に閉じ込めておくことが出来ないためです。

 

 

水素の飽和濃度

 

 

水素が水に溶ける濃度は決まっており、

最高濃度は1.6ppmとされています。

 

 

アルミパウチで販売されているものに関しては、

必ずこの制限があるものと思って差し支えありません。

 

 

それはもちろん水素を水に溶け込ませて販売しているという特徴があるためです。

 

 

では、「1.8~2.4ppm」といった濃度の記載はどのような仕組みなのか?

 

 

それは、水素を充填した当時の水素濃度と、実際に飲む時の濃度の違いです。

 

 

水素を充填するときには当然濃度制限がかかりませんので、

1.6ppm以上の数値を出すことができます。

 

 

ですが、この濃度を超えた水素の蒸発が早くなってしまいますので、

一般的には飲む際には1.6ppm程度になっていることが多いです。

 

 

もちろん、開封後にすぐ飲むことで

それ以上の濃度になっていることも有るとは思いますが、

それはあくまで製造時の状態です。

 

 

パウチで販売され、郵送で送られてくるものに関しては、

概ねこのぐらいになる・・・といった認識でよいでしょう。

 

 

なお、これは充填時の水素濃度が高ければ当然開封後の濃度も高くなります。

 

 

ですので、一般的な水素水の濃度である0.8~1.2ppm程度の濃度は、

当然充填時の水素濃度もそれなりということになります。

 

 

 

水素充填時と飲む時の水素濃度の違いは?実はこんな落とし穴が!?

読了までの目安時間:約 5分

 

 

水素を充填するタイプは全国の名水を使用し、

水素を溶けこませているものです。

 

 

このタイプの水素水はもっとも種類が多く、

一般的な水素水ということができます。

 

 

スーパーなどで販売されているものもあるため、

なんとなく知っているという方も多いのではないでしょうか。

 

 

さて、このタイプの水素水では、

水素濃度に変化があり、実際に飲むときは水素濃度が下がっているのをご存知ですか?

 

 

それが充填時と飲むときの濃度の違いです。

 

 

例えば、水素を充填したときに「充填時の水素濃度1.8ppm~2.4ppm」

といった記載がある場合は、飲むときには1.6ppm程度まで水素が落ちている

そいったものです。

 

 

これは水素を完全に閉じ込めておくことができないということ、

そして水素が水に溶けるときの最大濃度が関連しています。

 

 

まず水素の特徴として、

宇宙一小さい粒子であるというものがあります。

 

 

ですので、どんなに優れた材質であっても、

水素を完全に閉じこめておけるわけではありません。

 

 

よって、水素充填時よりも飲むときのほうが、

どうしても水素濃度は下がってしまいます。

 

 

これは欠点とも言えますが、

水素の特徴を考慮した場合はやむを得ないと言うしかありません。

 

 

ちなみに、アルミパウチの水素水が主流となっているのは、

アルミの網目が細かいことや、アルミ自体が水素を吸着しやすい特徴があるため、

水素を閉じ込めておけるという特徴があるためです。

 

 

とは言え、それでも水素を完全に閉じ込めておけるわけではない

ということになります。

 

 

水素の最大濃度

 

 

水素が水に溶ける最大濃度(いわゆる飽和状態)は、

1.6ppmとされています。

 

 

つまり、これを超えて充填した場合、

水素の蒸発が通常よりも早くなるため、

1.6ppmまで落ちやすくなっているということになります。

 

 

先程お伝えしましたが、

1.8ppmとか2.4ppmといった記載は、

決して間違っているわけではありません。

 

 

これはあくまで水素を充填する際の濃度ですので、

充填時にはその濃度を出すことができているでしょう。

 

 

ただし、充填時にはその濃度であったとしても、

蒸発が早くなっていますので、

実際に飲むときにはその濃度になっていることはありません。

 

 

これも水素の飽和濃度が決まっている以上、

やむを得ないと言うしかありません。

 

 

ですが、最近の水素水では、

わざと1.6ppmを超えた高い濃度の水素を充填するようにしており、

飲むときには1.6ppm程度になっているものが多いです。

 

 

つまり下がることを見越して水素を充填しているということですね。

 

 

 

以上が水素充填時と飲むときの濃度の違いになります。

 

 

あなたがいま購入しようとしている水素水は、

充填時、飲むとき、どちらの濃度が記載されていますか?

 

 

今一度確認してみるのも良いでしょう。

 

 

口コミを参考にする!?モンドセレクションは必須なの??

読了までの目安時間:約 5分

 

 

水素水に限った話ではありませんが、

どのような商品を購入する場合であっても、

人の意見というのは非常に参考になります。

 

 

あなた自身も商品を購入する際に、

口コミなどを参考にしたことがあるのではないでしょうか?

 

 

残念なことに、水素系の商品はまだ日が浅いこともあり、

商品によっては口コミが充実していないものもあります。

 

 

ですので、口コミを参考にしたい・・・

そう思っていても実はないなんてこともあります。

 

 

そこで参考にできるのが、モンドセレクションです。

 

 

水素水も健康食品に分類されており、

医薬品ではないため、モンドセレクションの審査を受ける事が可能であり、

もちろん受賞している水素水も存在します。

 

 

当サイトでご紹介している水素水でこの賞を受賞しているのは、

ビガーブライトです。

 

 

 

水素濃度は一般的な水素水でありながら、

その品質管理の良さから金賞を受賞したことがあります。

 

 

 

モンドセレクションって?

 

モンドセレクションは、ベルギー発祥の賞であり、

商品に対する厳密な審査が行われ、一定の基準をクリアし、

優れたものに対して受賞を受けることができるものです。

 

 

この賞を持っているだけで、

この第三者の評価という点では全く問題ないと言ってもいいほどです。

 

 

※もちろん商品の絶対の効果を保証するものではありませんので、

あくまで参考程度にとどめておいてください。

 

 

水素水を選ぶ際にどれを選べばいいのかわからないという方は、

このモンドセレクションを受賞しているというのを

判断基準にしても良いのではないでしょうか?

 

 

私個人としては、

モンドセレクションと名前を聞いただけで飛びついてしまいます(笑)

 

 

 

ただしこんな注意点も!?

 

 

とは言え、ここで注意が必要なのが、

申し込んでいないと受賞をすることは出来ませんし、

賞を受賞していないからと言って、

商品が詐欺のようなものとはかぎりません。

 

 

例えば私がおすすめしている水素水で、

モンドセレクションを受賞しているものではありませんが、

ビガーブライト以上に水素濃度が高く、

価格が安い「浸みわたる水素水」があります。

 

 

こちらのほうが価格もわずかながら安く設定されていますし、

初回の購入金額が安くなっています。

 

 

更には水素濃度も同等かそれ以上になっていますので、

決して劣っているわけではなく、

むしろビガーブライトと同程度と考えても良いでしょう。

 

 

そう考えた場合、必ずしもモンドセレクションが必須とは言えませんし、

参考にできると言っても、それ以上に優秀なものもあります。

 

 

 

水素水と水素水サーバー違いを比較してみると・・・?

読了までの目安時間:約 5分

 

水素水は水素サーバー違い、

アルミパウチで販売されているのが特徴です。

 

 

サーバー経由ですぐに飲む・・・ということは出来ませんが、

完全に密封雨されて販売されており、

すでに作られた水素水を配達してもらうというものです。

 

 

キャップを開けるだけで手軽に飲むことが出来ます。

 

 

また、専用の機関で造られており、水素水サーバーよりも

水素濃度が高いというメリットが有ります。

 

 

また、初期費用も割引などをしているものも多く、

最初は手軽に始めることが出来ます。

 

 

反面、水素水サーバーに比べた場合、

 

 

◯トータルコストで劣る

◯自分のペースで飲むのが難しい

 

 

というデメリットもあります。

 

 

まずトータルコストですが、

水素水サーバーは基本的に初期費用だけで済み、

その後はフィルター交換、メンテナンスだけで済みます。

 

 

レンタルの場合はこの限りではありませんが、

それでもパウチタイプの水素水よりは安いです。

 

 

逆に水素水を購入する場合は、毎月同額の費用が発生しますので、

長く続ければ続けるほど費用的には不利になります。

 

 

パウチの水素水は自分のペースで飲むのが難しい!?

 

 

パウチタイプの水素水は一度開封した場合、

水素の蒸発が早くなりますので、

早めの飲む必要があります。

 

 

もちろん水素を空気に触れさせないように、

キャップ等にも工夫が施されていますので、

すぐに蒸発してしまうということではありませんが、

早めに飲むのに越したことはありません。

 

 

水素水のサーバーの場合は、

いつでも自分で作って飲むことが出来ますので、

こういった制限がなく飲むことが可能です。

 

 

そう考えた場合、手軽さという面では

水素水サーバーに軍配が上がると言えるでしょう。

 

 

名水を使用している

 

アルミパウチの水素水の場合は、

全国の名水を使用しているものが多く、

味もまろやかで美味しいです。

 

 

私は青森県に住んでいますが、

近場の名水と言えば十和田湖付近の

奥入瀬渓流というところの名水が使用されています。

 

 

実際に飲んでみましたが、

水道水とは雲泥の差と言っても過言ではありません。

 

 

普段は味をあまり気にしないタイプなのですが、

そんな私でもはっきりと違いが分かるほどでした。

 

 

これに対して水素水サーバーの場合、

あくまで水道水を元にしますので、

水素が混じったからと言って味わいが変わることはありませんでした。

 

 

ペットボトルのおいしい水を使用する方法もありますが、

それだとコストが掛かりますし、何より面倒です(笑)

 

 

ということで余談となりましたが、

味わいに関してはやはりパウチタイプのほうがおすすめです。

 

 


 

 

以上のような違いがあります。

 

 

結果的には水素を用いた健康効果を得るという過程はかわりませんので、

あなた自身の好みで選んでも良いでしょう。

 

 

どちらのタイプでもメリット、デメリットは

必ず存在しますので、それらを参考にしてみてください。

 

 

 

 

水素水の濃度はどのぐらいが一般的??

読了までの目安時間:約 5分

 

 

水素水には、濃度(◯◯ppm)が示されているものが多いです。

 

 

この数値を目安に考えると良いでしょう。

 

 

通常の水素水は1.0ppm~1.2ppmぐらいが一般的かと思います。

 

 

よって、この数値が高ければその分水素充填がされていますので、

確実にとは言い切れないものの、少ないよりは多いほうがいいでしょう。

 

 

とは言え、この数値にも限界値というものが有ります。

 

 

水素濃度と飽和量

 

 

水素水をある程度見たことがある方は、1.6ppmという記載が多いことに

気づくでしょう。

 

 

もしかしたらあなたも気づいているかもしれません。

 

 

この数値は、水素が水に溶ける飽和量を示しているものであり、

これを超えて充填したものは水素が蒸発するスピードが段違いに早いです。

 

 

アルミパウチのように密封型の容器を使用していてもです。

 

 

ですので、できるだけつくりたてを飲むなどの対処が必要になります。

 

 

よって、高ければ高いほど効果に期待できるかもしれませんが、

この飽和量を目安にしておいたほうが無難です。

 

 

当サイトでは、7.0ppmとされているセブンウォーターをご紹介していますが、

先ほど書いたとおり、飽和量をオーバーしているため、

蒸発するスピードが早いです。

 

 

そのかわりに、作りたてを飲むことが出来ますので、

作りたての時点では1.6ppmを大幅に上回った状態で飲むことが出来ます。

 

 

それがセブンウォーターの強みと言えるでしょう。

 

 

水素は必ず蒸発する

 

 

アルミパウチタイプの水素水であっても、

水素の蒸発を完全に防ぐことができるわけではありません。

 

 

もちろん0になっているということではありませんが、

充填したとき(製造時)と比較してみると、

やはり若干ですが水素の濃度は落ちているようです。

 

 

例えば充填時は1.6ppmだったものが、

実際に飲むときには1.2~1.3程度になっている

ということになります。

 

 

ですが、これは水素が宇宙一小さい粒子であり、

完全に密封しておける成分ではないため、

ある程度は仕方がないと割り切るしかありません。

 

 

そしてパウチタイプのメリットは、

安定性の高さです。

 

 

水素水は自分で作るものやサーバータイプのものなど、

いくつか種類がありますが、

特殊な容器を使用していない限りは蒸発が早いです。

 

 

作りたての状態ではぬおどが高くても、

急激に蒸発してしまうことになりますので、

それを防ぐという意味では、

アルミパウチが一番優秀だと思います。

 

 

少なくとも開封してすぐに水素が抜けてしまう・・・

ということは防ぐことが出来ます。

 

 

特に、普段から水分をあまり取らない人にとって、

パウチのようにある程度水素を封じ込めておけるものは

重宝するのではないでしょうか?

 

 

実際に私もあまり水分を取らない体質であり、

こまめに水分を補給するタイプですので、

パウチが一番いいかなと思います。

 

 

 

管理人おすすめの水素水

7Water(セブンウォーター)
通販口コミ画像2016-3-14_23-5-46_No-00 - コピー

脅威の水素濃度7.0ppm!
文句なく高い濃度を誇る水素水です。

button_001

管理人情報
キャプチャ62

初めまして!

青森県在住のユッキです!

水素水を使用した体験談を元に効果やデメリットをご紹介していきます。

お問い合わせはこちら

ブログランキング参加!

健康食品の人気のブログは??
↓↓↓

水素水カテゴリ一覧
メタ情報
タグ情報
アーカイブ