水素水の効果とデメリット

【知らなきゃ損】水素水の効果とデメリットとは!?

知らなきゃ損!巷でさまざまな効果が提唱されている水素水には十分な効果があるものの、デメリットもあります。高額な水素水を試す前にますは知りたい水素水の豆知識をご紹介!詐欺にだまされないため、厳選した水素水ランキングも!

水素水は加熱するべきではない!?その理由とは?

読了までの目安時間:約 6分

 

 

水素水はさまざまな方法で販売されています。

 

 

 

水素が持っている還元力の高さを利用し、

さまざまな健康効果を得ることができるとされており、

何らかの形で活用されていくのではないでしょうか?

 

 

 

ただし、水素の原理を知らずに、

間違った使い方をしている事例もあるようです。

 

 

 

その一つが加熱です。

 

 

 

水素水を加熱するということは、

水に含まれている水素が蒸発してしまう可能性があるため、

あまりおすすめ出来ません。

 

 

 

そもそも水素は蒸発しやすいという特徴があり、

空気に触れることで急激に早まってしまいます。

 

 

 

それは、水素自体が宇宙一小さい粒子とされており、

現代の科学において完全に封じ込めておくことは不可能と言われています。

 

 

 

この厄介な特徴がある以上は、

余計な手を加えないほうが無難です。

 

 

 

例えば水素水を加熱した場合は、

水の蒸発とともに当然水素も蒸発してしまいますし、

沸騰してくることで空気と触れやすくなります。

 

 

 

ですので、沸騰した状態であれば、

水素がすべて蒸発してしまっている・・・

という可能性も十分にあるわけです。

 

 

 

ですので、水素水を加熱して使用するのは

止めておいたほうが無難です。

 

 

 

繰り返しになりますが、

最も無難なのは余計な手をかけずに、

そのまま飲むことだと思って良いでしょう。

 

 

 

水素水の販売形態

 

 

水素水はアルミパウチで販売されているものが多いのですが、

これは水素をパウチ内に封じ込めておき、

外に逃さないようにしておくために使用されています。

 

 

 

ですがそれでも100%とは言えません。

 

 

 

実際に封入時には最高濃度である1.6ppmであっても、

開封したときには1.3ppm程度になっていることが多く、

このことからも完全に封入しておけるわけではないということが分かります。

 

 

 

とは言え、このタイプの容器であれば、

最も蒸発しにくいことは間違いありません。

 

 

 

ペットボトルでは漏れるのは確実ですし、

コップのそのまま入れておくのも空気に触れているためNGです。

 

 

 

例えばパウチタイプのものは

液体が外に漏れるなんてことはまずありませんが、

ペットボトルであれば表面が濡れている。

 

 

 

こんな場面を見たことがありますよね?

 

 

 

これは単純に容器の密度の問題です。

 

 

 

アルミパウチのほうが密度位が高いため、

水素を閉じ込めておくことができるのです。

 

 

 

まあ開封時に全部一気に飲んでしまえば

なんの問題もないわけですが、

一度にペットボトル1本分の水分を取るのが

難しい人もいるでしょう。

 

 

 

少なくとも私は厳しいです(笑)

 

 

 

ですので、水分を取らない人にとっても、

そうでない人であっても、アルミパウチのものは、

どんな方でも使用し安い水素水ということです。

 

 

 

これは水素水でパウチタイプのものが

圧倒的に多く販売されているため、

イメージしやすいのではないでしょうか?

 

 

 

 

水素水を沸騰させるとダメ!?その理由は?

読了までの目安時間:約 5分

 

水素水はその名の通り水素を豊富に含んだ水であり、

還元力を活用して健康効果を得るものです。

 

 

これを、浄水器でろ過した水と同様に考えてしまいがちですが、

ただの水と同じような扱いをするのは少し待った方が良いです。

 

 

つまり、加熱によって沸騰させたり、

料理に使用するなどです。

 

 

結論から言うと、

そのような使い方は全くおすすめできません。

 

 

水素水のメリットがなくなってしまいますので、

あくまでそのまま飲むものとおもっておいたほうが良いです。

 

 

その理由としては蒸発があります。

 

 

水素は粒子が宇宙一小さいとされており、

この特徴から還元力が非常に高いとされています。

 

 

ですが、空気に触れた場合、

すぐに蒸発してしまうという特徴もあり、

デリケートな成分でもあります。

 

 

つまり、水素水を沸騰させた場合、

水素水が空気に触れる面積が大きくなり、

蒸発が早くなってしまいます。

 

 

例えば、ほとんどの水素水がアルミパウチで販売されているのは、

ここまでしないと水素を密封しておけないためです。

 

 

また、水素水を沸騰させた場合、当然水は蒸発しますが、

それにともなって水素も蒸発してしまいます。

 

 

というよりも、水よりも水素の方が先に蒸発するでしょう。

 

 

よって、水素水は沸騰させるのはおすすめしません。

 

 

水素水を料理に使うのはいいの?

 

e58eb77046495076fc5b3fe8c3e351fd_s

 

また、これに関連してですが、料理に使うというのもなかなか難しいです。

 

 

私も浄水器を使用してろ過した水でコーヒーを作ったりしますので、

その気持は良く分かります。

 

 

ですが、先程お話した、水素の蒸発を考慮した場合、

料理に使うことも難しいというのがなんとなく分かると思います。

 

 

ほとんどの料理の場合は加熱を伴いますし、

仮に加熱しない場合であっても、

容器の外に出して一定時間放置することになるため、

やはり空気に触れる時間や面積が大きくなってしまうでしょう。

 

 

以上の理由により、水素水は加熱、沸騰が難しいため、

自分で作るタイプなら出来上がりをそのまま飲むか、

パウチタイプであれば開封後にあまり時間を空けずに飲むことが必要といえるでしょう。

 

 

少し扱いが難しい。

 

 

水素水に関して、そのようなイメージを持つかもしれませんが、

決してそんなことはありませんのでご安心ください。

 

 

ただ空気に触れないように配慮すれば良いですし、

アルミパウチの水素水であればそのまま飲むだけです。

 

 

自分で作る水素スティックのものであれば、

出来上がった水素水をあまり時間を開けずに飲んでしまう。

 

 

本当にこれだけです。

 

 

ただし、沸騰させたり、料理に使ったりするのには、

残念ながら向かないということになりますね。

 

 

 

 

管理人おすすめの水素水

7Water(セブンウォーター)
通販口コミ画像2016-3-14_23-5-46_No-00 - コピー

脅威の水素濃度7.0ppm!
文句なく高い濃度を誇る水素水です。

button_001

管理人情報
キャプチャ62

初めまして!

青森県在住のユッキです!

水素水を使用した体験談を元に効果やデメリットをご紹介していきます。

お問い合わせはこちら

ブログランキング参加!

健康食品の人気のブログは??
↓↓↓

水素水カテゴリ一覧
メタ情報
タグ情報
アーカイブ