水素水の効果とデメリット

【知らなきゃ損】水素水の効果とデメリットとは!?

知らなきゃ損!巷でさまざまな効果が提唱されている水素水には十分な効果があるものの、デメリットもあります。高額な水素水を試す前にますは知りたい水素水の豆知識をご紹介!詐欺にだまされないため、厳選した水素水ランキングも!

水素水で下痢になる!?それはこんな原因があります。

読了までの目安時間:約 5分

 

水素水でお腹を壊した、下痢になった。

 

 

このような話を聞くことがあり、

実際に口コミでもそのようなものを稀に見かけます。

 

 

この部分だけを見ると、

水素水は詐欺商品のように感じてしまいますが、

実はこれにもきちんとした理由があります。

 

 

それは、水素水の作り方によるものです。

 

 

一口に水素水と言っても、作り方だけを見てみれば、

全く異なった作り方をしているものがあります。

 

 

水素水の作り方を大きく分けると

 

・水素発生剤を用いて自分で水素水を作るタイプ

・水に水素を圧縮充填し、容器に詰めて販売しているタイプ

 

厳密に言えばもう少しありますが、

概ねこの2つだと思ってよいです。

 

 

どちらも水素水と言われていますが、

作り方は異なります。

 

 

水素発生剤を用いたタイプ

 

 

下痢になった・・・なんて口コミがあるのは、

このタイプの水素水がほとんどです。

 

 

これは、マイクロクラスター、ゼオライトなどの鉱石を活用し、

水素水を自分で作ってのむものです。

 

 

これらの水素発生剤は、水と混ぜると化学反応を起こし、

水素を大量に発生させます。

 

 

水道水などに水素発生剤を浸して、

一定時間放置しておくことで濃度の高い水素水が作れます。

 

 

価格も安めに設定されているものが多く、

購入しやすいものではあるのですが、

この化学反応を起こすこと、原料がネックとなります。

 

 

先程の口コミのように、

下痢などの症状を起こしている人もいるため、

万人向けとは言えないイメージがあります。

 

 

ただし、作り方の特性上、

水素濃度も高くなっていますし、

副作用を全く感じない人も大勢います。

 

 

そもそも副作用だらけの商品であれば、

すぐに販売中止になるでしょうし。

 

 

ですので、あなたの体に合う、合わないは、

実際に使ってみないとわからないということになります。

 

 

 

もう一つの水素水はこれ

 

 

もう一つの水素水はアルミパウチに封入された水素水です。

 

 

おそらくこちらのほうが知名度が高いと思います。

 

 

最近ではスーパーなどでも知られているものですので、

ご存知の方も多いのではないでしょうか?

 

 

これは全国の名水を使用している物が多く、

水素を圧縮充填することで封入し、

水素濃度を高くしたものです。

 

 

水素が水に溶ける濃度は決まっており、

1.6ppmとされており、これを超えることはありませんが、

結局はただの水が原料になっているため、

副作用は考えにくいです。

 

 

いわば、万人向けの水素水といったところでしょうか。

 

 

ただし、この作り方の特性上、

価格は少し高めに設定されているケースが多いです。

 

 

アルミの容器を使用しているため、

それも価格が高めに設定される原因となっています。

 

 

それを補ってあまりあるのが、

やはり万人向けの水素水という点でしょう。

 

 

副作用を気にしないで水素水飲むには、

こちらのほうが優れています。

 

 

水素水はスティックタイプのものもある?どんなもの?

読了までの目安時間:約 7分

 

水素水は大きく分けて2種類のものが販売されています。

 

 

それは、

 

○水素を水に充填し、パウチなどの容器で販売しているもの

○水素水を自分で作るもの

 

この2つです。

 

 

厳密にはもう少しありますが、概ねこの2種類と思っておいて良いです。

 

 

水素水のスティックタイプのものは、

基本的に後者の方に分類されます。

 

 

ではこのタイプのものはどのような特徴を持っているのでしょうか?

 

 

その点について触れていきます。

 

 

水素発生剤を使用

 

 

自分で作るタイプのものは、水素発生剤と呼ばれるものを使用します。

 

 

マイクロクラスター、岩塩、ゼオライトなど、

化学成分、鉱石などを使用しているものになります。

 

 

これは、水分に触れることで水素を多量に発生させる

という特徴がありますので、それを活用した水素水ということになります。

 

 

ですので、名水を使用している水素水とはコンセプトが異なり、

水道水などでも普通に作ることができます。

 

 

毎日作るという手間は発生しますが、

基本的に発生剤を水に浸しておくだけですので、

そこを手間と考えるか、そうではないと考えるか、

といったところです。

 

 

水素発生剤のメリット

 

水素発生剤タイプのメリットは、

価格設定濃度です。

 

 

先程お伝えしたように、水道水でも作ることが出来ますし、

アルミパウチのような容器を使用しているわけではないため、

価格が抑えられており、安く購入することが出来ます。

 

 

1ヶ月分の数量で数千円のサガあるため、

価格を重視する方におすすめできます。

 

 

次に水素濃度に関してです。

 

水素が水に溶ける濃度は決まっており、

1.6ppmとされています。

 

 

これを超えた分は蒸発が早くなってしまうため、

基本的にこの濃度を上回ることはありません。

 

 

ですが、これはあくまでアルミパウチのような、

溺愛品を届ける場合です。

 

 

水素発生剤は作っている最中に水素がどんどん発生していきますので、

それ以上の濃度の水素水を飲むことが出来ます。

 

 

これは水素水に限った話ではありませんが、

成分量が多ければ多いほどその効果や信憑性に期待が持てます。

 

 

これはどのような商品でも同じことが言えるでしょうし、

水素水も例外ではありません。

 

 

水素発生剤タイプのものはこのようなメリットがあります。

 

 

水素発生剤のデメリット

 

 

もちろんメリットだけではなく、デメリットも当然あります。

 

 

それは、手間原料です。

 

 

手間に関しては先程お伝えしたとおりですが、

たまに作る程度であればそれほど手間と感じないと思いますが、

これを毎日続けると慣れば話は別です。

 

 

イクラスティックを浸しておくだけとは言え、

少し時間がかかりますので、毎日作るのが面倒・・・

という方も少なからずいるかも知れません。

 

 

こればかりはひとそれぞれですので一概には言えませんが、

毎日続けることを考慮しておくべきでしょう。

 

 

次に原料に関してです。

 

 

水素発生剤の原料に関しては先程お伝えしたとおりですが、

化学成分や鉱石を使用しており、水素を発生させる仕組みのため、

化学反応を起こすことで水素水を作ります。

 

 

このプロセスを見てなんとなくイメージできるかもしれませんが、

万人向けとは言えないでしょう。

 

 

実際に口コミ情報を見てみると、

お腹の調子が悪くなった、自分の体に合わなかったといった

口コミを見かけることが稀にあります。

 

 

私はそういう経験はありませんでしたので、

共感することは出来ませんが、

そのような人もいる以上、やはり万人向けとは言い難いです。

 

 

逆にアルミパウチの水素水は名水を使用しており、

結局はただの水ですので、万人向けと言っても良いでしょう。

 

 

 

以上2点が水素発生剤の場合のデメリットとなります。

 

 

これらを踏まえて購入を検討したほうが良いでしょう。

 

 

ですが、やはり価格の安さの濃度は魅力だと思います。

 

 

 

水素水の比較ポイントはコレ!!失敗しない購入方法は??

読了までの目安時間:約 5分

 

 

水素水はさまざまな商品をが販売されており、

何を比較すれば良いのか?という点で迷う方もいるのではないでしょうか?

 

 

私も最初に水素水を調べたときに、

あまりに多くの数があることを知り、

どんなものが良いのかが全くわかりませんでした。

 

 

そのせいで色々と調べる羽目になりましたが(笑)

 

 

そこで、簡単に比較できるポイントに関してご紹介していきます。

 

 

実は極論を言ってしまうと、

水素水の場合は濃度と価格以外は比較するポイントがあまりありません。

 

 

これ、嘘のように感じますが本当の話です。

 

 

ただしパウチタイプの水素水に限定されますが、

概ねこの比較ポイントで問題ないと思います。

 

 

それ以外に違う点と言えば、

どこの名水を使用しているか?が考えられますが、

個人的には美味しければどこでも良いかな?って思います。

 

 

ここの名水を使っていなければだめ!

なんて人はまずいないでしょうし(笑)

 

 

1.6ppmと水素濃度

 

 

この比較ポイントで水素水を見た場合、

ほとんどの水素水が1.2ppm程度になっており、

1.6ppmを超えているものはあまりないと思います。

 

 

低いもので1.0ppm程度のものおあるでしょうし、

1.4pppmという高めのものもあります。

 

 

ですが1.6ppmを上回ってはいないはずです。

 

 

もちろんこれには理由があり、

水素が水に溶ける最大濃度が1.6ppmであるためです。

 

 

ですので、アルミパウチタイプの水素水は、

概ねこのぐらいの濃度だと思って良いでしょう。

 

 

これを上回った水素は蒸発が極端に早くなってしまいますので、

これ以上に充填したとしても、実際に飲む頃には、

規定の濃度以内に収まっています。

 

 

実際に水素水を製造し、あなたのもとに届き、

開封するまでには相応の時間がかかりますので、

やはりこの濃度を超えることはありません。

 

 

ただし、充填時(つまり水素を溶かすとき)には、

それ以上に充填して、開封時に濃度が下がることを

見据えた上でお届けしている商品もあります。

 

 

これはあくまで作り方によるものですので、

実際に飲む際には1.6ppm以内に収まっているということになります。

 

 

であれば、最初の話に戻りますが、

この数値には大きな差があまりないため、

価格が比較ポイントになります。

 

 

名水にこだわりがないのであれば、

なおさら安いものを選択してよいのではないでしょうか。

 

 

このように比較ポイントが少ないとは言え、

価格ではそれなりに差がついているものもあり、

1ヶ月分の数量で1,000円~2,000円程度に

なるものもあります。

 

 

ですので、価格での比較もきちんと行っておくべきでしょう。

 

 

 

水素水の容器は四層構造になっている!なんのため??

読了までの目安時間:約 5分

 

 

水素水はほとんどのものが、

アルミパウチで作られたものに封入されています。

 

 

※アルミ缶でも販売されていますが、

大半はアルミパウチで販売されていると思って良いです。

 

 

もちろんこれには理由があり、

水素を外に逃がさないようにするためです。

 

 

水素はその性質上、すぐに蒸発してしまうという特徴があり、

それも空気に触れるという非常に厳しい条件で蒸発してしまいます。

 

 

ですので、これを防ぐため、

水素水はアルミパウチで販売されているものが多いです。

 

 

しかも、1枚だけではなく、

4枚重ねで厳重にされて販売されています。

 

 

これでイメージできるかもしれませんが、

アルミは金属類の中でも高価な部類に入るものですので、

水素水の価格が高いというデメリットは、

この作り方にも大きく関係します。

 

 

これは販売されている商品の特徴を見れば明らかです。

 

 

ほとんどの水素水が1ヶ月分の数量で最低7,000円以上、

高いものであれば10,000円程度になるものもあります。

 

 

これはやはり手間がかかっているということなのでしょう。

 

 

手間はかかるが安い水素水

 

もちろん水素水はこのタイプだけではなく、

作り方という点でちょっと違うものもあります。

 

 

例えば、当サイトでご紹介している水素水にセブンウォーターがあります。

 

通販口コミ画像2016-3-14_23-5-46_No-00 - コピー

 

これは、水素発生剤を使用し自分で水素水を作るものですので、

アルミパウチ水素水とは少々勝手が違います。

 

 

容器もアルミを使用していません。

 

 

空気が入りにくい特殊構造のペットボトルを使用しています。

 

 

これは自分で作って作りたてを飲むタイプですので、

厳重な容器を使用する必要がないため、

価格が少し安くなっています。

 

 

自分で作ると言われれば若干手間に感じるかもしれませんが、

専用のスティックにひたしておくだけですので、

そこまで手間はかかりません。

 

 

とは言え、これを毎日続けると慣れば、

面倒と感じる方もいるかも知れませんので、

価格のやすさを取るか、それとも手間を取るかということになるでしょう。

 

 

ちなみに、自分で作りたてをのむという性質上、

水素濃度はアルミパウトよりも高いのが特徴です。

 

 

水素水は大きく分けてこれらの2種類が存在します。

 

 

私はどちらも使用しましたが、

やはり濃度が高いほうが効果を実感するのも早かったと思います。

 

 

具体的な期間は・・・正直なところあまり覚えていません。

(大変申し訳ありません。)

 

 

 

以上が水素水のタイプの違いですが、

どちらにもメリット・デメリットがありますし、

優れている、劣っているというのは正直言い難いものではありますので、

自分の好みで選んでも良いと思います。

 

 

管理人おすすめの水素水

7Water(セブンウォーター)
通販口コミ画像2016-3-14_23-5-46_No-00 - コピー

脅威の水素濃度7.0ppm!
文句なく高い濃度を誇る水素水です。

button_001

管理人情報
キャプチャ62

初めまして!

青森県在住のユッキです!

水素水を使用した体験談を元に効果やデメリットをご紹介していきます。

お問い合わせはこちら

ブログランキング参加!

健康食品の人気のブログは??
↓↓↓

水素水カテゴリ一覧
メタ情報
タグ情報
アーカイブ