水素水の効果とデメリット

【知らなきゃ損】水素水の効果とデメリットとは!?

知らなきゃ損!巷でさまざまな効果が提唱されている水素水には十分な効果があるものの、デメリットもあります。高額な水素水を試す前にますは知りたい水素水の豆知識をご紹介!詐欺にだまされないため、厳選した水素水ランキングも!

水素水は合わない!?そんなことがあるの?実はこんな秘密が。

読了までの目安時間:約 6分

 

 

水素水は基本的にただの水であり、

万人向けと言えるでしょう。

 

 

 

むしろ全国のいずれかの名水を使用しているものが多く、

美味しく飲むことが出来ます。

 

 

 

人によって合う、合わないというのは、

そこまで重要ではありませんが、

もちろんこれにも例外があります。

 

 

 

それは、水素水の製造方法が違う場合です。

 

 

 

水素水のタイプ

 

実は水素水には大きく分けて2つのタイプがあります。

 

 

 

それは、

 

○ 水に水素を充填させ、容器に入れて販売するもの

○ 専用のスティックを用いて自分で作るもの

 

 

大きく分けるとこの2つです。

 

 

 

ちなみに水素水サーバーなんかも存在しますが、

これはタイプ的には前者に該当します。

 

 

 

さて、前者の方は基本的にただの水ですので、

人によって合う、合わないというのはなく、

口コミ情報なんかでも特に副作用は聞きません。

 

 

 

ですので前者に関しては万人向けと考えてよいでしょう。

 

 

 

では後者はどうでしょうか?

 

 

 

実は合う、合わないが考えられるのがこれです。

 

 

 

この自分で作るタイプの水素水は、

マイクロクラスター、ゼオライトなどの化学成分を使用し、

水に溶けることで水素を発生させるものです。

 

 

 

ですので、水に充填させる水素水とは、

基本的に作り方が異なります。

 

 

 

ですのでただの水とは言い切れないものではあります。

 

 

 

実際に口コミ情報などを見てみても、

稀にですが合わない、お腹の調子が悪いといった、

否定的な口コミを見受けることもあります。

 

 

 

ですので、万人向けとは言い難い水素水となります。

 

 

もちろんメリットもある

 

 

とは言え、否定的な部分ばかりではありません。

 

 

 

自分で作るタイプの水素水は、

 

○ 水素濃度が抜群に高い

○ 価格が比較的安くなっている

 

というメリットがあります。

 

 

 

まず水素濃度ですが、通常、水素が水に溶ける濃度は

1.6ppmが最高と言われており、これを上回ったものは、

蒸発しやすくなってしまいます。

 

 

 

ですので、容器詰めで販売されている水素水は、

この濃度を上回って販売されているものはありません。

 

 

 

仮に合ったとしても、実際にあなたの手元に届き、

飲むときには上限内に収まっています。

 

 

 

これに対して自分で作るものは、水素発生時の濃度が高く、

作りたてを飲むことが出来ますので、

この濃度を上回っていることも多いです。

 

 

 

作りたてを飲むことが出来ますので、

蒸発の心配も少なく、何よりも水道水で作ることができるため、

手軽に飲むことが可能です。

 

 

更に価格も安い

 

 

次に価格設定に関してですが、

容器で販売されているものは価格が高めに設定されており、

決して安価とは言えません。

 

 

 

安くても1ヶ月程度で7,000円程度になるものが多く、

種類によっては10,000円近くになるものもあります。

 

 

 

これに対して自分で作るものは、

種類によっては半額程度で購入することが出来ますので、

価格という点で見た場合はこちらのほうが圧倒的に有利でしょう。

 

 

 

最終的にはその人の判断ということになりますが、

どちらにもメリット、デメリットがありますので、

自分の好みで水素水を選んで良いと思います。

 

 

水素水は加熱するべきではない!?その理由とは?

読了までの目安時間:約 6分

 

 

水素水はさまざまな方法で販売されています。

 

 

 

水素が持っている還元力の高さを利用し、

さまざまな健康効果を得ることができるとされており、

何らかの形で活用されていくのではないでしょうか?

 

 

 

ただし、水素の原理を知らずに、

間違った使い方をしている事例もあるようです。

 

 

 

その一つが加熱です。

 

 

 

水素水を加熱するということは、

水に含まれている水素が蒸発してしまう可能性があるため、

あまりおすすめ出来ません。

 

 

 

そもそも水素は蒸発しやすいという特徴があり、

空気に触れることで急激に早まってしまいます。

 

 

 

それは、水素自体が宇宙一小さい粒子とされており、

現代の科学において完全に封じ込めておくことは不可能と言われています。

 

 

 

この厄介な特徴がある以上は、

余計な手を加えないほうが無難です。

 

 

 

例えば水素水を加熱した場合は、

水の蒸発とともに当然水素も蒸発してしまいますし、

沸騰してくることで空気と触れやすくなります。

 

 

 

ですので、沸騰した状態であれば、

水素がすべて蒸発してしまっている・・・

という可能性も十分にあるわけです。

 

 

 

ですので、水素水を加熱して使用するのは

止めておいたほうが無難です。

 

 

 

繰り返しになりますが、

最も無難なのは余計な手をかけずに、

そのまま飲むことだと思って良いでしょう。

 

 

 

水素水の販売形態

 

 

水素水はアルミパウチで販売されているものが多いのですが、

これは水素をパウチ内に封じ込めておき、

外に逃さないようにしておくために使用されています。

 

 

 

ですがそれでも100%とは言えません。

 

 

 

実際に封入時には最高濃度である1.6ppmであっても、

開封したときには1.3ppm程度になっていることが多く、

このことからも完全に封入しておけるわけではないということが分かります。

 

 

 

とは言え、このタイプの容器であれば、

最も蒸発しにくいことは間違いありません。

 

 

 

ペットボトルでは漏れるのは確実ですし、

コップのそのまま入れておくのも空気に触れているためNGです。

 

 

 

例えばパウチタイプのものは

液体が外に漏れるなんてことはまずありませんが、

ペットボトルであれば表面が濡れている。

 

 

 

こんな場面を見たことがありますよね?

 

 

 

これは単純に容器の密度の問題です。

 

 

 

アルミパウチのほうが密度位が高いため、

水素を閉じ込めておくことができるのです。

 

 

 

まあ開封時に全部一気に飲んでしまえば

なんの問題もないわけですが、

一度にペットボトル1本分の水分を取るのが

難しい人もいるでしょう。

 

 

 

少なくとも私は厳しいです(笑)

 

 

 

ですので、水分を取らない人にとっても、

そうでない人であっても、アルミパウチのものは、

どんな方でも使用し安い水素水ということです。

 

 

 

これは水素水でパウチタイプのものが

圧倒的に多く販売されているため、

イメージしやすいのではないでしょうか?

 

 

 

 

効果なしの水素水!?実は本当に存在した!?

読了までの目安時間:約 4分

 

水素水は全く効果が無い・・・。

 

 

 

そのような印象を持っている方も少なくないようですが、

水素の還元力は決して見逃せない特徴があります。

 

 

 

アンチエイジング、美容、代謝の活発化等、

水素水にはさまざまな効果が期待されています。

 

 

 

これは水素水の口コミを見てみればよく分かります。

 

 

 

公式サイトの効果だけをチェックしていれば、

本当なのかな?と疑いたくなりますが、

人の口コミをチェックしていれば、

好印象なものも多いため、一概に詐欺とは言い切れません。

 

 

 

私も水素水を使用してみて、汗をかきやすくなったり、

朝の目覚めがすっきりしたりと、それなりに効果を得ることが出来ています。

 

 

 

では、水素水の中でも効果が全く見られず、

詐欺のようなものはあるのでしょうか?

 

 

 

実は結論を言えば「あります。」

 

 

 

それは水素濃度が殆どないのにもかかわらず、

水素水と表記されて販売されているものです。

 

 

 

残念なことに、そのようないわゆるまがい物も

少なからず存在するということになります。

 

 

 

これが意図的なのか、それとも蒸発してしまったのかは分かりません。

(後者で有ることを祈ってはいますが。)

 

 

 

ですが、現実としてそのような水素水が存在しています。

 

 

週刊文春で紹介されている水素水の濃度

 

現在でも芸能人のスキャンダルを生業としている「週刊文春」は、

あなたもご存知のことでしょう。

 

 

 

これは基本的に芸能人のスキャンダルをご紹介していますが、

かつて水素水の濃度について触れられているものがありました。

 

 

 

その画像がこちらです。

 

通販口コミ画像2016-4-5_23-22-51_No-00

 

いかがでしょうか?

 

 

 

全くのゼロという水素水はあまりありませんが、

そのように販売されているものもあるということになります。

 

 

 

例え0ではなかったとしても、

濃度があまりにも低い場合は、

やはり効果を実感するのは難しいかもしれません。

 

 

 

このような水素水も存在します。

 

 

 

水素充填時と飲む時の水素濃度の違いは?実はこんな落とし穴が!?

読了までの目安時間:約 6分

 

 

水素を充填するタイプは全国の名水を使用し、

水素を溶けこませているものです。

 

 

 

このタイプの水素水はもっとも種類が多く、

一般的な水素水ということができます。

 

 

 

スーパーなどで販売されているものもあるため、

なんとなく知っているという方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

さて、このタイプの水素水では、

水素濃度に変化があり、

実際に飲むときは水素濃度が下がっているのをご存知ですか?

 

 

 

それが充填時と飲むときの濃度の違いです。

 

 

 

例えば、水素を充填したときに「充填時の水素濃度1.8ppm~2.4ppm」

といった記載がある場合は、飲むときには1.6ppm程度まで水素が落ちている

そいったものです。

 

 

 

これは水素を完全に閉じ込めておくことができないということ、

そして水素が水に溶けるときの最大濃度が関連しています。

 

 

 

まず水素の特徴として、

宇宙一小さい粒子であるというものがあります。

 

 

 

ですので、どんなに優れた材質であっても、

水素を完全に閉じこめておけるわけではありません。

 

 

 

よって、水素充填時よりも飲むときのほうが、

どうしても水素濃度は下がってしまいます。

 

 

 

これは欠点とも言えますが、

水素の特徴を考慮した場合はやむを得ないと言うしかありません。

 

 

 

ちなみに、アルミパウチの水素水が主流となっているのは、

アルミの網目が細かいことや、アルミ自体が水素を吸着しやすい特徴があるため、

水素を閉じ込めておけるという特徴があるためです。

 

 

 

とは言え、それでも水素を完全に閉じ込めておけるわけではない

ということになります。

 

 

水素の最大濃度

 

 

水素が水に溶ける最大濃度(いわゆる飽和状態)は、

1.6ppmとされています。

 

 

 

つまり、これを超えて充填した場合、

水素の蒸発が通常よりも早くなるため、

1.6ppmまで落ちやすくなっているということになります。

 

 

 

先程お伝えしましたが、

1.8ppmとか2.4ppmといった記載は、

決して間違っているわけではありません。

 

 

 

これはあくまで水素を充填する際の濃度ですので、

充填時にはその濃度を出すことができているでしょう。

 

 

 

ただし、充填時にはその濃度であったとしても、

蒸発が早くなっていますので、

実際に飲むときにはその濃度になっていることはありません。

 

 

 

これも水素の飽和濃度が決まっている以上、

やむを得ないと言うしかありません。

 

 

 

ですが、最近の水素水では、

わざと1.6ppmを超えた高い濃度の水素を充填するようにしており、

飲むときには1.6ppm程度になっているものが多いです。

 

 

 

つまり下がることを見越して水素を充填しているということですね。

 

 

 

以上が水素充填時と飲むときの濃度の違いになります。

 

 

 

あなたがいま購入しようとしている水素水は、

充填時、飲むとき、どちらの濃度が記載されていますか?

 

 

 

今一度確認してみるのも良いでしょう。

 

 

水素水をとにかく安く購入したい!!そんなときはこれ!!

読了までの目安時間:約 5分

 

 

水素水は基本的に高額なものが多いため、

できるだけ安く購入したいという方も多いでしょう。

 

 

通常価格hあ1ヶ月分の数量に換算した場合、

最低でも7,000円以上するものが多いため、

この価格設定は決して安いとは言えません。

 

 

身も蓋もない言い方をしてしまうと、

ほとんどの水素水がアルミパウチで販売されており、

基本的な価格に関してはそれほど大きな違いが無いです。

 

 

では、水素水を安く購入する方法はまったくないのでしょうか?

 

 

もちろん少し発送を変える必要がありますが、

安く済ませる方法はあります。

 

 

それは、水素発生剤を使用したものを購入する方法です。

 

 

この場合はアルミパウチのような特殊な容器を使用せず、

全国の名水を使用しているわけではないため、

価格を抑えることができます。

 

 

水素発生剤タイプのものは水素濃度も高いという特徴がありますので、

コストパフォーマンスが優れているのが特徴です。

 

 

 

セブンウォーターの特徴

 

 

水素発生剤を使用した水素水でおすすめできるのは、

セブンウォーターと呼ばれる水素水です。

 

 

これは水素発生剤のスティックを使用し、

水に浸しておくことで水素が発生します。

 

 

ですので、手軽に水素水を作ることができるのが特徴であり、

価格も安めに設定されています。

 

 

そして何よりもセブンウォーターという名前のとおり、

発生時点での水素の濃度は7.0ppm程度であり、

非常に濃度が高いです。

 

 

アルミなどの容器を使用していないため、

あまり時間を空けずに飲む必要がありますが、

この濃度の高さはそれを補ってくれるでしょう。

 

 

自分で作る必要があるため、

少し手間に感じるかもしれませんが、

そもそも浸しておくだけですので、

そこまで大変というわけではなさそうです。

 

 

コストを抑えたい方には、

この水素水をおすすめします。

 

 

ただし、もちろんデメリットもありますので、

その点もお伝えしておきます。

 

 

それは、万人向けではないという点です。

 

 

水素発生剤は鉱石、化学成分などを使用しており、

水に溶かすことで化学反応を起こして水素を生み出します。

 

 

これに対してアルミパウチの水素水は、

名水を使用し、水素を充填しているものであり、

結局はただの水ですので、副作用は考えられません。

 

 

ですが、水素発生剤の仕組み上、

やはり万人向けとは言い難いかなというのが私の印象です。

 

 

実際にクチコミ情報を見てみると、

わずかですが体に合わなかったという内容のものがあり、

使用を断念したかたもいるようです。

 

 

もちろん粗悪な製品であればそもそも販売中止になりますので、

詐欺のような商品ではないと言えますが、

同時に万人向けのものとは言い難い。

 

 

そういう特徴があることも覚えておくとよいでしょう。

 

 

それでも使用して見る価値は十分にあるのがセブンウォーターです。

 

 

 

 

 

水素水をサーバーで飲むのは「有り!?」「無し!?」あなたにはどちらがおすすめ!?

読了までの目安時間:約 5分

 

水素水はアルミパウチで販売されているものが多いです。

 

 

その他に、あなたもご存知のように「水素水サーバー」という、

自分で水素水を自宅で作ることが出来るものも販売されています。

 

 

サーバーを購入する費用が初期投資で掛かりますし、

サーバーをレンタルする場合も毎月の費用が発生します。

 

 

ですが、トータル的な価格で見た場合は

水素水サーバーの方が安く済みますので、

金額だけを見れば水素水サーバーに軍配が上がります。

 

 

反面、水素水サーバーにはデメリットも存在しますので、

これについてもご紹介します。

 

 

まず、水素水サーバーはアルミパウチの水素水と比べた場合、

どうしても水素濃度が低いです。

 

 

アルミパウチの場合は、

平均1.0ppm程度、高いものであれば1.6ppmと

水素が水に溶ける最高濃度レベルのものがあります。

 

 

ですが、水素水サーバーの場合、

ほとんどが0.6~0.8ppmとなり、

場合によっては水素濃度が半分以下になります。

 

 

よって、少ない水分で効果を得たいという方は

サーバーよりもパウチの方が良いでしょう。

 

 

私自身水分をあまり取らない体質ですので、

どちらかと言えばパウチタイプの方が良いです。

 

 

次に、先ほどの話に関連しますが、

パウチタイプは水素が外に漏れにくいように配慮された容器を使用していますが、

サーバーの場合はそのような容器が存在しないため、

水素の蒸発を防ぐためにはあまり時間をかけずに水素水を飲む必要があります。

 

 

つまり、短時間である程度水分を取る必要があるということになります。

 

 

 

これは保存が出来ない関係上やむを得ないと考えるしかありませんが、

やはり水素濃度が多く、保存もできる方が良いかなと思います。

 

 

そして何よりも、水素水サーバーは初期コストがかなり高く、

物によっては10万円程度になるものもあります。

 

 

それでいて1年単位でメンテナンスが必要になるものも多く、

長期的に見た場合ではパウチよりは安く済みますが、

それでもコスパが良いとは言えないかなと思っています。

 

 

これで水素濃度が同じぐらいなのであれば、

サーバーのほうがおすすめですと言えたのですが、

濃度ではアルミパウチのほうが優れているため、

その点は少し引っかかっています。

 

 

つまりどちらにも優れた点があり、

どちらを選んでも正解ということになるでしょう。

 

 

 

 

以上の違いやデメリット特徴があります。

 

 

どちらを選ぶかはもちろん自由ですが、

アルミパウチ、サーバーの違いを良く理解しておくことで、

購入して損をしたということは防ぐことができるため、

参考にしてみてください。

 

水素水はペットボトルではダメ?その理由とは?

読了までの目安時間:約 5分

 

水素水を使用しいているのであれば、

ペットボトルを使用するべきではないです。

 

 

これは覚えておいたほうがよいでしょう。

 

 

もともと水素は分子サイズが非常に小さいのが特徴ですが、

もうひとつ忘れてはいけないのが、

空気に触れることですぐに蒸発してしまうというものです。

 

 

これは残念ながら、

ペットボトルでは防ぐことができないようです。

 

 

もちろん、アルミなどの容器でも完全に防ぐことは出来ませんが、

少なくともペットボトルより気密性が高く、

外に漏れにくい構造になっています。

 

 

例えば、水でもジュースでも何でもいいのですが、

ペットボトルで販売されているものをイメージしてみてください。

 

 

もちろん、理論的には中の液体は外にこぼれないようになっています。

 

 

ですが、時間が経つと共にペットボトルの表面が湿っている・・・

というのを経験した方は多いでしょう。

 

 

実はこれこそが、中の液体を完全に閉じ込めてはいないということになります。

 

 

ましてや水素の分子サイズは非常に小さいため、

水素水の保存はペットボトルでは不向きなようです。

 

 

これは水素水がどのように販売されているかを見ればすぐにわかります。

 

 

水素水は基本的にアルミパウチで販売されていますが、

これは網目が細かく作られており、

さらに水素を外に漏らさないように何層にも重ねられて作られています。

 

 

よって、完全とはいえませんが

水素を外に漏らさないように工夫がされています。

 

 

水素水がペットボトルなどで販売されていないのは

このような仕組みがあるためです。

 

 

そしてこのアルミパウチの容器を使用しているということもあり、

水素水は価格が高めに設定されているとも言えます。

 

 

作りたての水素水

 

多くの水素水がアルミパウチのもので販売されていますが、

それ以外の販売方法があります。

 

 

それは、水素発生剤を用いて、自分で水素水を作るタイプです。

 

 

この場合は出来たてを飲むことが出来ますので、

ペットボトルでも可能ということになります。

 

 

ただし、気密性が高いほうが望ましいことに変わりはありません。

 

 

ただし水素の蒸発を防ぐ方法がまったくないことになりますので、

出来上がった水素水はすぐに飲む必要があります。

 

 

また、アルミパウチの水素水と違い、

容器にお金がかかるわけではないため、

コストがそれほどかからないというメリットもありますし、

何よりも水素濃度がかなり高いという特徴があります。

 

 

水素水の販売方法は1種類だけではなく、

自分で作るタイプのものもあり、

その場合は安価に済ませることが出来ますし、

必ずしも容器にこだわらなくても良いということですね。

 

 

毎日作り続けるのが面倒でなければ、

こういった水素水を選ぶのも一つの手と言えるでしょう。

 

 

水素水はどこで購入できるか?通販との差は何?

読了までの目安時間:約 6分

 

水素水はなにも特別な製品ではありません。

 

 

ぶっちゃけ、スーパーやドラッグストア等、

どこにでも売っています。

 

 

例えば、私の場合は青森県在住ですが、

近所のイオンに2~3種類の水素水が売られています。

 

 

どれも1パック250円前後(税別)で販売されており、

水素濃度は0.8~1.2ppmといったところです。

 

 

至って標準的な水素水といったところでしょうか。

 

 

では、こういった店頭で購入することができるものと

通販でしか購入することが出来ないものは、

どのぐらいの差が有るのでしょうか?

 

 

例えば、同じ条件のアルミパウチ水素水で

最もおすすめしている「浸みわたる水素水」と、

1ヶ月分の数量で比較してみると、

 

1ヶ月分の数量の価格に関しては、

浸みわたる水素水は8,820円(初回6,300円)

店頭販売の水素水は8,100円(初回の割引なし)

 

といったところで、店頭販売の水素水の方に軍配が上がります。

 

 

濃度に関しては、

 

浸みわたる水素水は1.6ppm

店頭販売の水素水は0.8~1.2ppm

 

となっており、浸みわたる水素水の方が1.5倍以上の濃度を誇っています。

 

 

実際に比較してみるとこの差が分かりますが、

「水素濃度を重視しているパウチの水素水」ということが出来ます。

 

 

よって、店頭販売よりも1ヶ月分の数量で価格差が有りますが、

その分濃度はかなり多いため、結局は何方を取るか?

ということになってくるでしょう。

 

 

私はどちらかと言えば、価格よりも効果や成分量を重視するタイプですので、

この場合は浸みわたる水素水をおすすめします。

 

 

 

店頭販売の場合で注意するべきこと

 

 

店頭で販売しているものであれば、

少し注意が必要なのが、容器と置いてある期間です。

 

 

まず容器に関してですが、通販で販売されている水素水では、

網目の細かいアルミの4層構造になっており、

水素を外に逃さないように工夫がされています。

 

 

もちろん蒸発しやすい水素を外に逃さないようにするためです。

 

 

逆を言えばこのぐらいしないと水素を閉じ込めておけない

ということになりますね。

 

 

それで先程の店頭の商品に戻るのですが、

2~3種類合った水素水のうち、1つはアルミの3層構造になっており、

容器が少し安く作られているようです。

 

 

もちろん1枚あたりの厚さや網目の細かさなど、

他に比較できるポイントが有るかもしれませんが、

1枚少ないというのは少し引っかかりました。

 

 

次に置いてある期間です。

 

 

いくらアルミの容器に保存してあると言っても、

水素を完全に閉じ込めて置けるわけではなく、

少しずつですが蒸発していると考えるべきです。

 

 

充填時には1.6ppmだったのにもかかわらず、

飲むときには1.3ppmぐらいになっているのは、

このタイプの水素水では割とよくある話です。

 

 

ですので、2ヶ月前とかの商品が置いてあったりすると、

水素濃度がかなり低くなっている可能性があります。

 

 

もちろんこれは通販商品に対しても同じことが言えますが、

そのような可能性もあることを覚えておくと良いでしょう。

 

 

以上が点灯、通販商品との比較になります。

 

 

そこまで大きくは変わらないと思っていて良いと思います。

 

水素水は美容にも有効なのか??本当のところはどうなの?

読了までの目安時間:約 5分

 

水素水は美容に有効か?

 

 

女性であれば、

この点は非常に気になるポイントです。

 

 

あなたももしかしたら美容効果を求めて水素にたどり着いたのかもしれません。

 

 

結論から言うと、

水素のアンチエイジング効果は美容にも有効とされています。

 

 

というよりも、ヒアルロン酸やコラーゲン、ビタミンCなど、

数ある美容成分のなかでもトップに位置すると言われるほどです。

 

 

水素が強力な還元力を持っているのはもちろんですが、

それ以外に大きな特徴として、

水素は分子サイズが宇宙一小さいというものがあります。

 

 

よって、肌の内側にまで効果を及ぼしてくれることや、

人間の細胞にまでその還元力を働かせてくれます。

 

 

例えば、肌の場合は内側といえば角質層などが該当になりますね。

 

 

分子サイズが極限にまで小さいからこそ、

こういった内側の細胞にまで効果を発揮することが出来ます。

 

 

飲んで使う?それとも??

 

 

水素水はその名の通り水ですので、

通常であれば普通に飲むイメージがありますが、

美容に関して言えば、それ以外の使い方もあります。

 

 

それは、水素水を肌に直接塗るといった使い方です。

 

 

通常であれば水素水を飲むことで、

その還元力を体の内側から影響させていくことになりますが、

肌に直接塗ることで、外部から還元力を浸透させるという使い方もあります。

 

 

個人的にはこの使い方は「アリ」だと思っています。

 

 

美容に関連して考えた場合、

化粧水などをイメージするとわかりやすいのではないでしょうか?

 

 

化粧水の中には、ナノ還元水と呼ばれる、

粒子を非常に小さくした水が用いられている商品もあります。

 

 

これはもちろん、肌の内側に浸透させるため、

粒子を細かくすることでその効果をさらに実感しやすくするという目的があってのものです。

 

 

これと同じようなイメージと言えるのではないでしょうか?

 

水素の蒸発

 

 

水素水を化粧水として使用する場合に注意が必要なのは、

水素の蒸発です。

 

 

水素は空気に触れることであっという間に蒸発してしまいますので、

長時間空気に触れておくのはおすすめできません。

 

 

例えば水素水の殆どはアルミパウチに封入された状態で販売されていますが、

これはもちろん水素を外に逃さないためです。

 

 

ですので、化粧水のように使う場合は、

開封後にすぐに肌に塗るのが良いでしょう。

 

 

そうしておくことで水素の蒸発が早まってしまう前に、

権限力を肌に浸透させることが出来ます。

 

 

もちろん濃度に関しては測定のしようがないため、

断言はできませんが、水素が蒸発しやすい成分である以上、

開封後は早めに使用するのがベストです。

 

 

水素水はたまに飲む?継続して飲む?

読了までの目安時間:約 5分

 

水素水はあくまで健康食品に分類されるものである・・・。

 

 

この認識が必要です。

 

 

 

さらに言えば、健康食品に分類される以上は、

ある程度継続して使用していくことが求められるということです。

 

 

医薬品に分類されるような、

即効性を求めているものではないということになります。

 

 

私もそれは重々承知の上で使用を始めたのですが、

やはり期待していたのでしょうね。

 

 

1週間程度で効果が感じられなかったときは、

ほんの少し詐欺かな?って思ってしまいました(笑)

 

 

まあ1ヶ月分購入していたので、

嫌でも使用することになったわけですが、

3週間目あたりでなんとなく効果を実感してきました。

 

 

そのあたりから、

朝の目覚めであったり代謝であったり、

便秘の解消等、商品の公式HPなどで紹介されている効果を

実感することも多くなってきました。

 

 

そのように考えた場合、やはり医薬品のように、

3日ぐらいで効果を実感というものではないということになりますね。

 

 

ちなみに、私は現在でも水素水を使用していますが、

一定期間使用した後に長期間使用をやめたこともあります。

 

 

もちろん止めてからすぐに効果がなくなるということはありませんが、

継続して飲む方が良いのは間違いなかったです。

 

 

では、どのような頻度で飲むのが良いのか?

 

 

正直なところ、これには正解がありません。

 

 

定期購入などの数量を目安とするのが良いとは思いますが、

水素水自体は決して安いものではなく、

むしろ健康補助食品としては高額な部類になりますので、

あくまで自分が継続できる頻度が良いと思います。

 

 

 

定期購入の数量目安

 

 

アルミパウチで販売されている水素水は、

殆どが500mlで1日単位です。

 

 

これを毎日飲むことを前提に販売されており、

1ヶ月で30パック程度で販売されているものが多いです。

 

 

であれば、定期購入を申し込んで水素水を飲んだ場合、

いやでもこの数量に合わせる必要があります。

 

 

よって、どのぐらいの数量を飲むのが良いのか?

 

 

これに関する答えは、毎日500ml程度の水素水を継続して飲むのが目安

ということになります。

 

 

ただし、この数量の水を毎日飲むのがきつい・・・。

 

 

そのような方は少なくないと思います。

 

 

実際に私自身、普段から水分をあまり取らない体質ですので、

この数量を毎日というのは結構きつかったです。

 

 

私は一定期間飲んで中断というのを繰り返していましたが、

それでも効果は実感できていると思いました。

 

 

ですので、必ずこの目安に合わせなくても良いと思います。

 

 

あくまであなた自身が長く続けること。

 

 

そのように考えてるぐらいでちょうど良いかと思います。

 

 

 

 

 

管理人おすすめの水素水

7Water(セブンウォーター)
通販口コミ画像2016-3-14_23-5-46_No-00 - コピー

脅威の水素濃度7.0ppm!
文句なく高い濃度を誇る水素水です。

button_001

管理人情報
キャプチャ62

初めまして!

青森県在住のユッキです!

水素水を使用した体験談を元に効果やデメリットをご紹介していきます。

お問い合わせはこちら

ブログランキング参加!

健康食品の人気のブログは??
↓↓↓

水素水カテゴリ一覧
メタ情報
タグ情報
アーカイブ