水素水の効果とデメリット

【知らなきゃ損】水素水の効果とデメリットとは!?

知らなきゃ損!巷でさまざまな効果が提唱されている水素水には十分な効果があるものの、デメリットもあります。高額な水素水を試す前にますは知りたい水素水の豆知識をご紹介!詐欺にだまされないため、厳選した水素水ランキングも!

水素水はおいしい!?その理由とは実は・・・

読了までの目安時間:約 6分

 

水素水と言っても、
基本的にただの水ですので、
味にはそれほど期待しない・・・。

 

 

そのように考えている人も多いでしょう。

 

 

私も健康効果を狙って水素水を飲み始めたのですが、

実際に飲んでみると、全く違いました。

 

 

味オンチの私ですら美味しいと思いました。

 

 

その理由は一つ。

 

 

アルミパウチで販売されている水素水は、
基本的に全国のいずれかの名水を使用しているためです。

 

 

ミネラルが豊富に含まれ、
自然から湧き出る水。

 

 

水道水とは比べ物にならないぐらい美味しいです。

 

 

繰り返しますが、
味覚のセンスがない私でさえ、

美味しいと感じたぐらいですから。

 

 

水素が含まれていることによる健康効果。

 

 

そして更に味も美味しいとなれば、
長く続けることができるのではないでしょうか。

 

 

アルミパウチの水素水は少々価格が高いのがネックですが、

このようなメリットもあります。

 

 

水素水の種類

 

 

水素水は大きく分けて2つの製造方法があります。

 

 

それは、

 

  • 水に圧縮充填することで水素濃度を高めたもの
  • 水素発生剤を用いて水素水を作るもの

 

 

この2つです。

 

 

どのような水素水であれ、
この2つの方法が取られていますし、

それぞれ違いが一目瞭然ですので、
すぐに分かるでしょう。

 

 

 

では美味しいと言われている水素水はどちらかというと、

前者のタイプの水素水になります。

 

 

これは水に圧縮充填して濃度を高めるものですので、

媒体となる水を美味しいものにすることで、

味を楽しみながら水素水を飲むことが出来ます。

 

 

 

このタイプの水素水はスーパーやドラッグストア、
なぜか私の地元では野菜の専門店でも取り扱っていますので、

最も一般的な水素水と言えるでしょう。

 

 

味も楽しみたいのであれば、
このタイプの水素水にしておくべきでしょう。

 

 

ほとんどのものがアルミパウチで

販売されていますので、すぐに分かります。

 

 

 

自分で作るタイプの水素水

 

 

これに対して、水素発生剤を用いた水素水もあり、
この場合は多くのものが専用キットで販売されており、
基本的に自分で水素水を作ります。

 

 

水素発生剤はその名の通り、
水素を発生させる原料を用いたものであり、
マイクロクラスター、ゼオライトなど、
さまざまなものがあります。

 

 

この原料と水が化学反応をすることで
水素を発生させる仕組みです。

 

 

水はどんなものを使用しても良いので、
極端な話、水道水でも作ることができます。

 

 

味を楽しむということは出来ないかもしれませんが、
アルミパウチで販売されているものよりも、
水素の濃度は抜群に高いです。

 

 

また、アルミの容器を使用するわけではないため、

価格も少し安く購入することができます。

 

 

味は関係なく、濃度、価格を求めるのであれば、
このタイプのものを使用しても良いでしょう。

 

 

以上の2つが主な水素水のタイプになります。

 

 

どちらにも優れた部分があるので
自分の好みに合わせて選ぶと良いでしょう。

 

 

 

 

水素水はドラッグストアに売っている?私の地元のお話

読了までの目安時間:約 5分

 

水素水は以前、通販でしか取り扱っていないものでした。

 

 

スーパーなどでも見かけることはありませんでしたし、

もちろんドラッグストアにも置いておらず、
購入するには通販しかなかったのです。

 

 

ですが、この数年間で知名度が一気に上昇し、
さまざまな商品が販売されるようになってきました。

 

 

もちろんドラッグストアなんかでも販売されています。

 

 

私は青森県在住ですが、
実際に地元のドラッグウトアやスーパーでも販売されています。

 

 

ちなみに、なぜか八百屋さん的なところでも
取り扱っています。

 

 

店主の趣味でしょうか(笑)

 

 

さて、一般的になってきた水素水ですが、

地元で売っているものと、通販で販売されているもの。

 

 

価格はそれほど変わりません。

 

 

私の地元では、奥入瀬渓流と呼ばれる、

十和田湖周辺にある有名な渓流の水を使用したものが

販売されています。

 

 

1パック200円程度で販売されており、

500mlの数量です。

 

 

この価格設定は、高くもなく安くもありませんが、
概ね通販で取り扱っているものと同程度です。

 

 

ですので後は水素濃度での勝負となります。

 

 

私の地元で販売されている水素水の場合、

1.0ppm程度とされており、

通販のものと比較した場合、少し濃度で劣るようです。

 

 

地元のドラッグストアを見てみたのですが、

3種類の水素水が販売されていました。

 

 

どれも1.0ppm前後で販売されています。

 

 

 

店頭販売されているものに関しては、

大きな違いは無かったです。

 

 

 

通販での水素水と比較してみると・・・?

 

 

では通販で販売されている、
全く同系統の水素水。

 

 

つまり、アルミパウチで販売されているものですね。

 

 

価格では大きな違いがないため、

水素濃度ということになりますが、

どちらが優れているのでしょうか?

 

 

それは、もちろん通販で販売されている水素水です。

 

 

 

例えばメグミオ。

 

 

 

 

以前はビガーブライトという名前で
販売されていた水素水ですが、

水素濃度を上昇させ、パワーアップしたものです。

 

 

これは1.6ppmという、
かなり高い水素濃度を誇る水素水です。

 

 

 

価格もそれほど店頭販売のものと変わらないです。

 

 

となれば、やはり水素濃度が高いほうを選んだほうが、
その効果にも期待できるのはまちがいありません。

 

 

これはあくまで私の地元で販売されているものですので、

必ずしも通販のほうが優れていると
言い切るものではありませんが、
全体的に見ても、通販商品のほうが、
優れているケースが多いと感じます。

 

 

 

通販で申し込むのが手間でない限りは、
そちらを選択したほうが良いでしょう。

 

 

 

 

水素を充填する水素水。開封時に気を付けておくべき点とは?

読了までの目安時間:約 5分

 

多くの水素水は、水素を圧縮充填し、
アルミパウチに封入して販売されています。

 

 

水素水は当初は通販でしか見かけることがなかったのですが、
最近ではドラッグストアやスーパーなどでも
比較的見かけるようになってきました。

 

 

また、多くのものが全国の名水を使用しており、

美味しく飲むことができるため、

密かに人気を誇っているようです。

 

 

芸能人が使用しているケースも多くなっており、
今後ますますユーザーは増えていくと思われます。

 

 

さて、そんな水素水ですが、

実際に飲む際に注意しておくべき点があります。

 

 

それは、水素の蒸発です。

 

 

開封する前であれば、あまり気にしなくてもよいのですが、
開封後は水素の蒸発が早くなってしまうため、

早めに飲んでおく必要があります。

 

 

というのも、水素は空気に触れることで、
急激に蒸発してしまうという特徴があるため、

空気に長時間触れさせておくのはNGです。

 

 

そう考えた場合、少し扱いが難しい成分
ということでもあるかもしれませんね。

 

 

もちろん、アルミパウチの容器の性質上、
開封後であっても保存ができるように、
空気が入らないようにすることは出来ますが、
それでも100%真空というわけではありません。

 

 

あくまで真空に近い状態ということです。

 

 

ですので、やはり早めに飲むのがベストです。

 

 

水素がアルミパウチで販売されているのは?

 

 

水素水がアルミパウチで販売されているのは、
粒子が非常に細かく、外に逃げやすいためです。

 

 

ですので、普通のペットボトルのような容器であれば、
すぐに水素が逃げてしまいます。

 

 

ですので、水素を容器の中に閉じ込めておくためには、

特殊な容器が必要となり、

現状で最も適しているのはアルミとされています。

 

 

アルミはもともと水素が吸着しやすく、

それでいて閉じ込めておく性質があります。

 

 

ですので水素が外に逃げ出さないように
することができるのです。

 

 

ですが、逆を言えば、

それ以外の容器を用いているものであれば、
水素が蒸発していないかどうか?
という点で信憑性を確認するべきです。

 

 

これは実際にあった話ですが、私の地元のスーパーで、

普通にプラスチックの容器で販売されていたことがありました。

 

 

そのときにはすでに水素水の特徴を知っていましたので、
購入しなかったのですが、今思えば、
本当に大丈夫なのか??と感じます。

 

 

やはり容器にも気を配って販売してほしいものです。

 

 

 

ただし、このアルミの容器を用いているという時点で、
想像できる方もいるかもしれませんが、
容器の費用もそれなりにかかってしまいます。

 

 

この点は水素水のデメリットと言えるでしょう。

 

 

ですが、その分水素は高い還元力を持っていますので、
この点はやむを得ないと割り切るしかないのかもしれませんね。

 

 

水素水が美容室にも!?体に良いの??

読了までの目安時間:約 5分

 

私がよく行く美容室にも、
ついに水素水のサーバーが置かれるようになりました。

 

 

オーナーが水素水に関して興味があったらしく、
もともと設置予定だったみたいです。

 

 

早速飲んでみました。

 

 

その結果ですが・・・。

 

 

確かに普通の水よりは美味しいです。

 

 

ただ、クリクラを始めとした、

普通のサーバーとあまり変わらないような印象を受けました。

 

 

もともと水素の濃度が多いと言うだけで、

結局は水ですので、水素を配合したからと言って、
特段味が変わるというものではないのでしょう。

 

 

美容室ということもあり、

女性客が多いため、美容に良いとされる水素水は

やはり人気のようで、喜んで飲んでいる人もいます。

 

 

サーバーの場合、設置費用はかかるものの、

専用のタンクを購入するだけで良いので、

手間もあまりかからないようですね。

 

 

私もその美容室に行ったときは、

必ず飲んでいます。

 

 

では、水素が美容に良いというのは、

どういった仕組みから来ているのでしょうか?

 

 

 

水素が持っている効果

 

 

水素には還元力と呼ばれる効果があり、

これがアンチエイジングを始めとした

さまざまな効果に期待できるとされています。

 

 

還元力とは、酸素と結びついた物質から、

酸素を切り離す化学反応のことであり、

これがアンチエイジングに大きく影響します。

 

 

酸素はその性質上、物質と結合した場合、

その物質が錆びるという効果があります。

 

 

錆びついたものは本来の能力を発揮できなくなり、

衰えてしまいます。

 

 

鉄なんかがいい例です。

 

 

鉄骨の柱が長年経つと、

錆びついてしまっている・・・というのを、

見たことがある人は多いと思います。

 

 

これは鉄と酸素が結びついたことによるものであり、
腐食し、最後には崩れてしまいます。

 

 

これは私達も同じであり、細胞が該当します。

 

 

私達は呼吸によって酸素を取り込みますが、

それは細胞と酸素が結合し、

錆びついてしまうことを意味します。

 

 

錆びた細胞は本来のチカラを発揮できなくなり、

衰えてしまうのです。

 

 

これに対して先程の還元力が効果を発揮します。

 

 

水素の還元力によって、

錆びついた細胞から酸素を切りはなし、

完全に元通りとは言いませんが、

ある程度の衰えを解消することができるのです。

 

 

これが水素の仕組みとなります。

 

 

では、還元力を持っているのは、

水素だけなのでしょうか?

 

 

もちろんそんなことはありません。

 

 

コラーゲン、コエンザイム、ヒアルロン酸、

各種ポリフェノール等、

還元力を持った成分は数多くあります。

 

 

ですが、水素は宇宙一小さい分子という特徴があり、

細胞レベルにまで効果を及ぼします。

 

 

以上の特徴から、

水素は数ある成分の中でも、

トップの還元力を持っているとされているのです。

 

 

 

 

水素水にはスティックタイプのものがある!?普通の水素水とどこが違う?

読了までの目安時間:約 5分

 

水素水は大きく分けると2つの種類があります。

 

それは、

 

○水素発生剤を用いて自分で作るもの

○水素を水に圧縮充填して作ったもの

 

この2つです。

 

 

一般的に販売されているものは、

この2つのどちらかになっていると思って良いです。

 

 

スティックタイプのものと言えば、

前者のものが該当します。

 

 

これは原料がゼオライトなどの鉱石、

マイクロクラスターといった化学成分、

岩塩を使用したものなどがあります。

 

 

これらを水に混ぜることで、

水素を多量に発生させ、その水を飲むことで

水素を体内に取り入れることが出来ます。

 

 

この仕組の関係上、自分で水素水を作る必要があり、

若干手間に感じるかもしれませんが、

水に浸しておくだけで水素が発生するため、

そこまで手間になるようなものではないです。

 

 

ただし、毎日続けるのであれば、

当然毎日作る必要がありますので、

その点を踏まえておいたほうが良いでしょう。

 

 

水素の発生量が多く、容器も特に問わないため、

価格も比較的手頃に購入することができます。

 

 

価格を抑えたい方にはうってつけの水素水ですが、

原料が水ではなく、化学反応を起こすという仕組み上、

万人向けの水素水とは言えないかもしれませんね。

 

 

私は使用していて特に不都合は感じませんでしたが、

合う・合わないが考えられる水素水といった位置付けです。

 

 

ですが、それを差し引いても、

水素濃度も高く価格も手頃であるため、

おすすめできる水素水であることは間違いないでしょう。

 

 

圧縮充填したタイプ

 

 

これに対して、水素を圧縮充填したタイプは、

アルミパウチに封入されて販売している水素水です。

 

 

原料となる水も全国の名水を使用しているため、

美味しく飲むことが出来ます。

 

 

デメリットとしては、水素を水に充填するのに、

上限が決まっているという点です。

 

 

水素が水に溶ける濃度は1.6ppmとされており、

これを超えた場合は水素が蒸発しやすくなるため、

基本的にこれを超えるものはありません。

 

 

水素発生剤を用いたものに比べると、

濃度という点で劣ります。

 

 

また、水素を外に逃さないように、

アルミパウチを使用しているため、

容器にもお金がかかってしまい、

トータル費用では水素発生剤よりも高くなります。

 

 

ここまで書くとデメリットのほうが多く感じますが、

それを補ってくれるのが万人向けであるというものです。

 

 

原料はあくまでただの水であり、

化学反応するということもないため、

どのような方が使用しても副作用は考えられないでしょう。

 

 

また、味を楽しみながら水素水を飲めるのもポイントです。

 

 

実際に私の地元の渓流を使用した水素水を飲んでみましたが、

味オンチの私でも違いが分かるほどです。

 

 

そう考えた場合は、長く続けていきやすいという

メリットもあるかもしれませんね。

 

 

以上が水素水の主な特徴になります。

 

 

 

 

水素水で下痢になる!?それはこんな原因があります。

読了までの目安時間:約 5分

 

水素水でお腹を壊した、下痢になった。

 

 

このような話を聞くことがあり、

実際に口コミでもそのようなものを稀に見かけます。

 

 

この部分だけを見ると、

水素水は詐欺商品のように感じてしまいますが、

実はこれにもきちんとした理由があります。

 

 

それは、水素水の作り方によるものです。

 

 

一口に水素水と言っても、作り方だけを見てみれば、

全く異なった作り方をしているものがあります。

 

 

水素水の作り方を大きく分けると

 

・水素発生剤を用いて自分で水素水を作るタイプ

・水に水素を圧縮充填し、容器に詰めて販売しているタイプ

 

厳密に言えばもう少しありますが、

概ねこの2つだと思ってよいです。

 

 

どちらも水素水と言われていますが、

作り方は異なります。

 

 

水素発生剤を用いたタイプ

 

 

下痢になった・・・なんて口コミがあるのは、

このタイプの水素水がほとんどです。

 

 

これは、マイクロクラスター、ゼオライトなどの鉱石を活用し、

水素水を自分で作ってのむものです。

 

 

これらの水素発生剤は、水と混ぜると化学反応を起こし、

水素を大量に発生させます。

 

 

水道水などに水素発生剤を浸して、

一定時間放置しておくことで濃度の高い水素水が作れます。

 

 

価格も安めに設定されているものが多く、

購入しやすいものではあるのですが、

この化学反応を起こすこと、原料がネックとなります。

 

 

先程の口コミのように、

下痢などの症状を起こしている人もいるため、

万人向けとは言えないイメージがあります。

 

 

ただし、作り方の特性上、

水素濃度も高くなっていますし、

副作用を全く感じない人も大勢います。

 

 

そもそも副作用だらけの商品であれば、

すぐに販売中止になるでしょうし。

 

 

ですので、あなたの体に合う、合わないは、

実際に使ってみないとわからないということになります。

 

 

 

もう一つの水素水はこれ

 

 

もう一つの水素水はアルミパウチに封入された水素水です。

 

 

おそらくこちらのほうが知名度が高いと思います。

 

 

最近ではスーパーなどでも知られているものですので、

ご存知の方も多いのではないでしょうか?

 

 

これは全国の名水を使用している物が多く、

水素を圧縮充填することで封入し、

水素濃度を高くしたものです。

 

 

水素が水に溶ける濃度は決まっており、

1.6ppmとされており、これを超えることはありませんが、

結局はただの水が原料になっているため、

副作用は考えにくいです。

 

 

いわば、万人向けの水素水といったところでしょうか。

 

 

ただし、この作り方の特性上、

価格は少し高めに設定されているケースが多いです。

 

 

アルミの容器を使用しているため、

それも価格が高めに設定される原因となっています。

 

 

それを補ってあまりあるのが、

やはり万人向けの水素水という点でしょう。

 

 

副作用を気にしないで水素水飲むには、

こちらのほうが優れています。

 

 

水素水は危険な飲み物??まずはこれを見るべし!

読了までの目安時間:約 5分

 

水素水はその名の通り水素を水に溶かしたものです。

 

 

これが危険なの?と思う方も少なくないようですが、

作り方をご紹介することでなんとなくイメージができる

と思いますので、その点について触れていきます。

 

 

まず水素水の作り方は大きく分けて2種類あります。

 

 

それは、

 

○特殊技術により水素を閉じ込める方法

○化学成分を活用し、水素を発生させる方法

 

この2つです。

 

 

細かく言えばもう少しあると思いますが、

概ねこれらの方法だと思って良いでしょう。

 

 

ではまず1つ目の水素を閉じ込める方法ですが、

これは主にアルミパウチやアルミ缶で販売されているものです。

 

 

 

このような容器を見たことがあるかもしれませんが、

これに水を入れ、水素を圧力によって封入することで、

水素濃度が高くなります。

 

 

水素が多めに入っているとは言え、

基本的にただの水であり、

水で副作用を起こす・・・なんてことはまずありません。

 

 

いわゆる万人向けの水素水といったところです。

 

 

アルミパウチも至って普通のデザインのものですので、

持ち歩きをするのにも違和感がないでしょう。

 

 

ただし水素がみずに溶ける最大濃度は決まっており、

その範囲内で水素を封入しているため、

水素系の商品の中では濃度が低い方です。

 

 

化学成分を使用した水素水

 

 

もう一つの水素水は、マイクロクラスター、

岩塩、ゼオライトなどの鉱石を使用した水素水です。

 

 

これらは水と混合することで水素を発生させる

という特徴があり、これを活用した水素水ということになります。

 

 

また、作られたものを購入するわけではなく、

自分で作る水素水になります。

 

 

名水を使用するわけではありませんので、

極端な話、水道水でも作ることができます。

 

 

これは特殊技術を必要とするものではなく、

容器も特に必要がないため、

コストを抑えた水素水といったイメージでしょう。

 

 

また、水素を化学反応によって発生させる仕組み上、

水素濃度もかなり高くなっており、

単純に効果を重視するならこちらのほうが有利です。

 

 

繰り返しになりますが、コスト面でも優れています。

 

 

ただし、化学成分を使用している以上、

万人向けのとは言い難いものではあり、

そこがデメリットとなります。

 

 

もちろん危険性があるということではないものの、

体に合わなかったという口コミも少し見受けられ、

使用を断念した人もいるようです。

 

 


 

 

以上がそれぞれの水素水の特徴になります。

 

 

危険ということではありませんが、

作り方によっては自分に合わないというものも存在する。

 

 

水素水に関してはそのようなイメージがあります。

 

 

とは言え、水素水が持っている還元力はとても高く、

アンチエイジングを始めとしたさまざまな効果がありますので、

その点を踏まえて購入を判断すると良いでしょう。

 

 

水素水はドラッグストアにも売っている!?知っておくべき豆知識とは?

読了までの目安時間:約 5分

 

水素水はドラッグストアなどでも販売されており、
通販だけの取扱商品ではありません。

 

 

普通に身近に存在するものですので、

気軽に購入することができるでしょう。

 

 

最近では地元の名水を使用したものも販売されており、
私達使用者だけではなく、

製造する業者も多くなってきたということでしょう。

 

 

実際に私の地元である青森県では、

十和田湖と呼ばれる湖がありますし、

その付近には奥入瀬渓流と呼ばれる湧き水があります。

 

 

これを活用して水素水を販売している業者があり、

ドラッグストアなどで売られています。

 

 

このように、

水素水は私達の身近なものになりつつあると考えて良いでしょう。

 

 

もちろんドラッグストアで売っているものは、

通販だ売っているものに劣っているということはありません。

 

 

ですが、注意するべき点もあるのは事実です。

 

 

水素濃度は意外と低い!?

 

 

私の地元で販売されているものですが、

水素濃度が0.8~1.0ppm程度と記載されており、

300mlで販売されており、1パックあたり200円程度です。

 

 

これが詐欺商品ということではありませんが、

水素濃度、価格ともに通販商品よりも劣っています。

 

 

例えば通販で販売されている商品では、

最高濃度である1.6ppmに近い数値の物が多く、

1.2ppm程度が一般的な数値と言えます。

 

 

さまざまな商品を比較してみると、

その濃度の高さが分かるでしょう。

 

 

また、1パックあたりの数量も違い、

500ml程度で販売されています。

 

 

これらの2つの要素で比較してみた場合、

やはり通販商品のほうが優秀と言えます。

 

 

もちろんこれはあくまで

私の地元で販売されている水素水の話であり、

あなたのお住まいの地域で販売されているものが

同じとは限りません。

 

 

ですが水素水を比較するべきポイントは少なく、

濃度や価格、そして数量です。

 

 

ですので、身近なドラッグストアで売っているものを購入する場合、

これらのポイントを比較した上で購入したほうが良いでしょう。

 

 

通販ならではの販売方法

 

 

もう一つ確認しておきたいのが初回の割引です。

 

 

水素水は他の健康食品と違い、

返金保証が付いているものはあまりありません、

 

 

この点はどこで購入しても同じだと思いますが、

初回のお試しに関しては話が別です。

 

 

初回割引でかなり安く購入できるものもあり、

まずは試してみたいという方は、

この割引を活用してみると良いでしょう。

 

 

ドラッグストアで少し残念なのが、

ほとんどの商品には返金保証も、

お試し購入の割引も付いていないということです。

 

 

詐欺のような商品ではないため、

お試しをする必要がないと言われればそれまでですが、

この価格差を見てみると、やはり初回は安く済ませたいですよね?

 

 

少なくとも私が商品を購入する場合、

水素水に限らず、必ず割引を活用し、

お得に購入するようにしています。

 

 

このように、通販ならではの意外な割引もありますので、

この点は通販商品と比較してみると良いでしょう。

 

 

 

水素水はスティックタイプのものもある?どんなもの?

読了までの目安時間:約 7分

 

水素水は大きく分けて2種類のものが販売されています。

 

 

それは、

 

○水素を水に充填し、パウチなどの容器で販売しているもの

○水素水を自分で作るもの

 

この2つです。

 

 

厳密にはもう少しありますが、概ねこの2種類と思っておいて良いです。

 

 

水素水のスティックタイプのものは、

基本的に後者の方に分類されます。

 

 

ではこのタイプのものはどのような特徴を持っているのでしょうか?

 

 

その点について触れていきます。

 

 

水素発生剤を使用

 

 

自分で作るタイプのものは、水素発生剤と呼ばれるものを使用します。

 

 

マイクロクラスター、岩塩、ゼオライトなど、

化学成分、鉱石などを使用しているものになります。

 

 

これは、水分に触れることで水素を多量に発生させる

という特徴がありますので、それを活用した水素水ということになります。

 

 

ですので、名水を使用している水素水とはコンセプトが異なり、

水道水などでも普通に作ることができます。

 

 

毎日作るという手間は発生しますが、

基本的に発生剤を水に浸しておくだけですので、

そこを手間と考えるか、そうではないと考えるか、

といったところです。

 

 

水素発生剤のメリット

 

水素発生剤タイプのメリットは、

価格設定濃度です。

 

 

先程お伝えしたように、水道水でも作ることが出来ますし、

アルミパウチのような容器を使用しているわけではないため、

価格が抑えられており、安く購入することが出来ます。

 

 

1ヶ月分の数量で数千円のサガあるため、

価格を重視する方におすすめできます。

 

 

次に水素濃度に関してです。

 

水素が水に溶ける濃度は決まっており、

1.6ppmとされています。

 

 

これを超えた分は蒸発が早くなってしまうため、

基本的にこの濃度を上回ることはありません。

 

 

ですが、これはあくまでアルミパウチのような、

溺愛品を届ける場合です。

 

 

水素発生剤は作っている最中に水素がどんどん発生していきますので、

それ以上の濃度の水素水を飲むことが出来ます。

 

 

これは水素水に限った話ではありませんが、

成分量が多ければ多いほどその効果や信憑性に期待が持てます。

 

 

これはどのような商品でも同じことが言えるでしょうし、

水素水も例外ではありません。

 

 

水素発生剤タイプのものはこのようなメリットがあります。

 

 

水素発生剤のデメリット

 

 

もちろんメリットだけではなく、デメリットも当然あります。

 

 

それは、手間原料です。

 

 

手間に関しては先程お伝えしたとおりですが、

たまに作る程度であればそれほど手間と感じないと思いますが、

これを毎日続けると慣れば話は別です。

 

 

イクラスティックを浸しておくだけとは言え、

少し時間がかかりますので、毎日作るのが面倒・・・

という方も少なからずいるかも知れません。

 

 

こればかりはひとそれぞれですので一概には言えませんが、

毎日続けることを考慮しておくべきでしょう。

 

 

次に原料に関してです。

 

 

水素発生剤の原料に関しては先程お伝えしたとおりですが、

化学成分や鉱石を使用しており、水素を発生させる仕組みのため、

化学反応を起こすことで水素水を作ります。

 

 

このプロセスを見てなんとなくイメージできるかもしれませんが、

万人向けとは言えないでしょう。

 

 

実際に口コミ情報を見てみると、

お腹の調子が悪くなった、自分の体に合わなかったといった

口コミを見かけることが稀にあります。

 

 

私はそういう経験はありませんでしたので、

共感することは出来ませんが、

そのような人もいる以上、やはり万人向けとは言い難いです。

 

 

逆にアルミパウチの水素水は名水を使用しており、

結局はただの水ですので、万人向けと言っても良いでしょう。

 

 

 

以上2点が水素発生剤の場合のデメリットとなります。

 

 

これらを踏まえて購入を検討したほうが良いでしょう。

 

 

ですが、やはり価格の安さの濃度は魅力だと思います。

 

 

 

水素水は合わない!?そんなことがあるの?実はこんな秘密が。

読了までの目安時間:約 6分

 

 

水素水は基本的にただの水であり、

万人向けと言えるでしょう。

 

 

むしろ全国のいずれかの名水を使用しているものが多く、

美味しく飲むことが出来ます。

 

 

人によって合う、合わないというのは、

そこまで重要ではありませんが、

もちろんこれにも例外があります。

 

 

それは、水素水の製造方法が違う場合です。

 

 

水素水のタイプ

 

実は水素水には大きく分けて2つのタイプがあります。

 

 

それは、

 

○ 水に水素を充填させ、容器に入れて販売するもの

○ 専用のスティックを用いて自分で作るもの

 

 

大きく分けるとこの2つです。

 

 

ちなみに水素水サーバーなんかも存在しますが、

これはタイプ的には前者に該当します。

 

 

さて、前者の方は基本的にただの水ですので、

人によって合う、合わないというのはなく、

口コミ情報なんかでも特に副作用は聞きません。

 

 

ですので前者に関しては万人向けと考えてよいでしょう。

 

 

では後者はどうでしょうか?

 

 

実は合う、合わないが考えられるのがこれです。

 

 

この自分で作るタイプの水素水は、

マイクロクラスター、ゼオライトなどの化学成分を使用し、

水に溶けることで水素を発生させるものです。

 

 

ですので、水に充填させる水素水とは、

基本的に作り方が異なります。

 

 

ですのでただの水とは言い切れないものではあります。

 

 

実際に口コミ情報などを見てみても、

稀にですが合わない、お腹の調子が悪いといった、

否定的な口コミを見受けることもあります。

 

 

ですので、万人向けとは言い難い水素水となります。

 

 

もちろんメリットもある

 

 

とは言え、否定的な部分ばかりではありません。

 

 

自分で作るタイプの水素水は、

 

○ 水素濃度が抜群に高い

○ 価格が比較的安くなっている

 

というメリットがあります。

 

 

まず水素濃度ですが、通常、水素が水に溶ける濃度は

1.6ppmが最高と言われており、これを上回ったものは、

蒸発しやすくなってしまいます。

 

 

ですので、容器詰めで販売されている水素水は、

この濃度を上回って販売されているものはありません。

 

 

仮に合ったとしても、実際にあなたの手元に届き、

飲むときには上限内に収まっています。

 

 

これに対して自分で作るものは、水素発生時の濃度が高く、

作りたてを飲むことが出来ますので、

この濃度を上回っていることも多いです。

 

 

作りたてを飲むことが出来ますので、

蒸発の心配も少なく、何よりも水道水で作ることができるため、

手軽に飲むことが可能です。

 

 

更に価格も安い

 

 

次に価格設定に関してですが、

容器で販売されているものは価格が高めに設定されており、

決して安価とは言えません。

 

 

安くても1ヶ月程度で7,000円程度になるものが多く、

種類によっては10,000円近くになるものもあります。

 

 

これに対して自分で作るものは、

種類によっては半額程度で購入することが出来ますので、

価格という点で見た場合はこちらのほうが圧倒的に有利でしょう。

 

 

最終的にはその人の判断ということになりますが、

どちらにもメリット、デメリットがありますので、

自分の好みで水素水を選んで良いと思います。

1 2 3 5
管理人おすすめの水素水

7Water(セブンウォーター)
通販口コミ画像2016-3-14_23-5-46_No-00 - コピー

脅威の水素濃度7.0ppm!
文句なく高い濃度を誇る水素水です。

button_001

管理人情報
キャプチャ62

初めまして!

青森県在住のユッキです!

水素水を使用した体験談を元に効果やデメリットをご紹介していきます。

お問い合わせはこちら

ブログランキング参加!

健康食品の人気のブログは??
↓↓↓

水素水カテゴリ一覧
メタ情報
タグ情報
アーカイブ