水素水の効果とデメリット

【知らなきゃ損】水素水の効果とデメリットとは!?

知らなきゃ損!巷でさまざまな効果が提唱されている水素水には十分な効果があるものの、デメリットもあります。高額な水素水を試す前にますは知りたい水素水の豆知識をご紹介!詐欺にだまされないため、厳選した水素水ランキングも!

水素を充填する水素水。開封時に気を付けておくべき点とは?

読了までの目安時間:約 5分

 

多くの水素水は、水素を圧縮充填し、
アルミパウチに封入して販売されています。

 

 

水素水は当初は通販でしか見かけることがなかったのですが、
最近ではドラッグストアやスーパーなどでも
比較的見かけるようになってきました。

 

 

また、多くのものが全国の名水を使用しており、

美味しく飲むことができるため、

密かに人気を誇っているようです。

 

 

芸能人が使用しているケースも多くなっており、
今後ますますユーザーは増えていくと思われます。

 

 

さて、そんな水素水ですが、

実際に飲む際に注意しておくべき点があります。

 

 

それは、水素の蒸発です。

 

 

開封する前であれば、あまり気にしなくてもよいのですが、
開封後は水素の蒸発が早くなってしまうため、

早めに飲んでおく必要があります。

 

 

というのも、水素は空気に触れることで、
急激に蒸発してしまうという特徴があるため、

空気に長時間触れさせておくのはNGです。

 

 

そう考えた場合、少し扱いが難しい成分
ということでもあるかもしれませんね。

 

 

もちろん、アルミパウチの容器の性質上、
開封後であっても保存ができるように、
空気が入らないようにすることは出来ますが、
それでも100%真空というわけではありません。

 

 

あくまで真空に近い状態ということです。

 

 

ですので、やはり早めに飲むのがベストです。

 

 

水素がアルミパウチで販売されているのは?

 

 

水素水がアルミパウチで販売されているのは、
粒子が非常に細かく、外に逃げやすいためです。

 

 

ですので、普通のペットボトルのような容器であれば、
すぐに水素が逃げてしまいます。

 

 

ですので、水素を容器の中に閉じ込めておくためには、

特殊な容器が必要となり、

現状で最も適しているのはアルミとされています。

 

 

アルミはもともと水素が吸着しやすく、

それでいて閉じ込めておく性質があります。

 

 

ですので水素が外に逃げ出さないように
することができるのです。

 

 

ですが、逆を言えば、

それ以外の容器を用いているものであれば、
水素が蒸発していないかどうか?
という点で信憑性を確認するべきです。

 

 

これは実際にあった話ですが、私の地元のスーパーで、

普通にプラスチックの容器で販売されていたことがありました。

 

 

そのときにはすでに水素水の特徴を知っていましたので、
購入しなかったのですが、今思えば、
本当に大丈夫なのか??と感じます。

 

 

やはり容器にも気を配って販売してほしいものです。

 

 

 

ただし、このアルミの容器を用いているという時点で、
想像できる方もいるかもしれませんが、
容器の費用もそれなりにかかってしまいます。

 

 

この点は水素水のデメリットと言えるでしょう。

 

 

ですが、その分水素は高い還元力を持っていますので、
この点はやむを得ないと割り切るしかないのかもしれませんね。

 

 

水素濃度と一口に言っても実はこんなことがあるんです

読了までの目安時間:約 5分

 

 

水素水をチェックする際に、

必ず見ておくべきものが水素濃度です。

 

 

 

水素濃度は高ければ高いほど水素を体内に取り込むことができますので、

効果や信憑性にも期待が持てることになります。

 

 

 

当たり前の話ですが、

同程度の価格設定の場合は、

濃度が高い方を購入したほうがお得と言えるでしょう。

 

 

 

ですが、ここで一点注意しておくべき点があります。

 

 

 

それは水素濃度は充填時と飲むときで変わるという点です。

 

 

 

まず前提条件として、水素は最も小さいサイズの分子であり、

これを完全に閉じ込めておくことはできません。

 

 

 

今では一般的とされているアルミパウチでの販売ですが、

この方法であっても完全に閉じ込めておくことは出来ません。

 

 

 

時間が経てば経つほど水素は蒸発してしまい、

水素水もいずれはただの水になってしまいます。

 

 

 

この点を踏まえてお話しますが、

まず水素充填時とは、

簡単に言えば水素水を製造した直後のことを指します。

 

 

 

ですので、このときであれば水素の蒸発を考慮しなくても良いので、

水素濃度は高くなっています。

 

 

 

これに対して飲むとき(つまり開封時)は、

そのままの意味ですが、充填時に比べて濃度が低くなります。

 

 

 

その理由は先程お伝えしたとおり、

水素を完全に閉じ込めておくことが出来ないためです。

 

 

水素の飽和濃度

 

 

水素が水に溶ける濃度は決まっており、

最高濃度は1.6ppmとされています。

 

 

 

アルミパウチで販売されているものに関しては、

必ずこの制限があるものと思って差し支えありません。

 

 

 

それはもちろん水素を水に溶け込ませて販売しているという特徴があるためです。

 

 

 

では、「1.8~2.4ppm」といった濃度の記載はどのような仕組みなのか?

 

 

 

それは、水素を充填した当時の水素濃度と、実際に飲む時の濃度の違いです。

 

 

 

水素を充填するときには当然濃度制限がかかりませんので、

1.6ppm以上の数値を出すことができます。

 

 

 

ですが、この濃度を超えた水素の蒸発が早くなってしまいますので、

一般的には飲む際には1.6ppm程度になっていることが多いです。

 

 

 

もちろん、開封後にすぐ飲むことで

それ以上の濃度になっていることも有るとは思いますが、

それはあくまで製造時の状態です。

 

 

 

パウチで販売され、郵送で送られてくるものに関しては、

概ねこのぐらいになる・・・といった認識でよいでしょう。

 

 

 

なお、これは充填時の水素濃度が高ければ当然開封後の濃度も高くなります。

 

 

 

ですので、一般的な水素水の濃度である0.8~1.2ppm程度の濃度は、

当然充填時の水素濃度もそれなりということになります。

 

 

 

水素水は作り方で比較することが可能!?実はこんな違いが。

読了までの目安時間:約 5分

 

あなたが水素水と言われた場合、

どのようなものをイメージするでしょうか?

 

 

多くの方がイメージするのが、

アルミパウチに入れてあるものを想像するのではないでしょうか?

 

 

現在ではこの水素水が主流であり、

今後もその傾向は続くでしょう。

 

 

とは言え、水素水はこの1種類だけではありません。

 

 

それは、水素発生剤を用いた水素水です。

 

 

このタイプの場合、

アルミパウチのようなもので販売されておらず、

専用のスティック等で販売されています。

 

 

では、それぞれの特徴について解説していきます。

 

 

水素充填タイプ

 

 

先程のアルミパウチで販売されているものですが、

これは各地の名水を使用し、それに水素を充填しているものであり、

結局は水素を配合している以外はただの水ですので、

安全面は問題ないといえるのではないでしょうか?

 

 

少なくとも、このタイプの水素水の口コミで

副作用があったというのは私は見たことがありません。

 

 

水素発生剤タイプのものよりは

安全面で優れているというのが大きなメリットです。

 

 

逆にデメリットを言えば、

このタイプは基本価格が少々高いというデメリットも有ります。

 

 

アルミの容器にかかる費用、

水素を充填する費用、名水を使用する費用がかかりますので、

これらの要因により、通常価格が高めに設定されています。

 

 

個人的におすすめできるのは、やはり味わいでしょう。

 

 

名水を使用しているだけあって、

美味しく飲むことが出来ます。

 

 

水道水と比べればその差は歴然であり、

味オンチの私でさえはっきりとその違いが分かります。

 

 

ですので、楽しみながら飲むことができるのではないでしょうか。

 

 

水素発生剤タイプ

 

 

これに対して水素発生剤のメリットは、

水素の含有量と価格です。

 

 

その場で水素が発生することになりますので、

出来たてを飲むことが出来ますし、

アルミパウチよりも水素含有量が高いのは間違いありません。

 

 

また、アルミパウチの容器を必要としない分、

価格も抑えられており、お得に購入することができます。

 

 

反面、名水を使用しているわけではないため、

味は水道水そのままです。

 

 

味を楽しむことは出来ないため、

その点は踏まえておく必要があります。

 

 

また、発生剤自体、化学成分を使用しているため、

万人向けとは言い難い印象があります。

 

 

もちろん体に変調をきたす・・・

なんてことはないと思いますが、

アルミパウチの水素水と比べると、

どうしても安心感で劣ってしまうのではないでしょうか。

 

 

以上が、それぞれの水素水の特徴になります。

 

価格を再優先するなら、水素を発生させるタイプ

安全面を重視するなら水素充填のタイプ

 

 

といった位置づけでしょうか?

 

 

ちなみに私は体へ副作用が合っては困るので、

水素充填タイプをおすすめします。

 

 

管理人おすすめの水素水

7Water(セブンウォーター)
通販口コミ画像2016-3-14_23-5-46_No-00 - コピー

脅威の水素濃度7.0ppm!
文句なく高い濃度を誇る水素水です。

button_001

管理人情報
キャプチャ62

初めまして!

青森県在住のユッキです!

水素水を使用した体験談を元に効果やデメリットをご紹介していきます。

お問い合わせはこちら

ブログランキング参加!

健康食品の人気のブログは??
↓↓↓

水素水カテゴリ一覧
メタ情報
タグ情報
アーカイブ