水素水の効果とデメリット

【知らなきゃ損】水素水の効果とデメリットとは!?

知らなきゃ損!巷でさまざまな効果が提唱されている水素水には十分な効果があるものの、デメリットもあります。高額な水素水を試す前にますは知りたい水素水の豆知識をご紹介!詐欺にだまされないため、厳選した水素水ランキングも!

水素水は合わない!?そんなことがあるの?実はこんな秘密が。

読了までの目安時間:約 6分

 

 

水素水は基本的にただの水であり、

万人向けと言えるでしょう。

 

 

むしろ全国のいずれかの名水を使用しているものが多く、

美味しく飲むことが出来ます。

 

 

人によって合う、合わないというのは、

そこまで重要ではありませんが、

もちろんこれにも例外があります。

 

 

それは、水素水の製造方法が違う場合です。

 

 

水素水のタイプ

 

実は水素水には大きく分けて2つのタイプがあります。

 

 

それは、

 

○ 水に水素を充填させ、容器に入れて販売するもの

○ 専用のスティックを用いて自分で作るもの

 

 

大きく分けるとこの2つです。

 

 

ちなみに水素水サーバーなんかも存在しますが、

これはタイプ的には前者に該当します。

 

 

さて、前者の方は基本的にただの水ですので、

人によって合う、合わないというのはなく、

口コミ情報なんかでも特に副作用は聞きません。

 

 

ですので前者に関しては万人向けと考えてよいでしょう。

 

 

では後者はどうでしょうか?

 

 

実は合う、合わないが考えられるのがこれです。

 

 

この自分で作るタイプの水素水は、

マイクロクラスター、ゼオライトなどの化学成分を使用し、

水に溶けることで水素を発生させるものです。

 

 

ですので、水に充填させる水素水とは、

基本的に作り方が異なります。

 

 

ですのでただの水とは言い切れないものではあります。

 

 

実際に口コミ情報などを見てみても、

稀にですが合わない、お腹の調子が悪いといった、

否定的な口コミを見受けることもあります。

 

 

ですので、万人向けとは言い難い水素水となります。

 

 

もちろんメリットもある

 

 

とは言え、否定的な部分ばかりではありません。

 

 

自分で作るタイプの水素水は、

 

○ 水素濃度が抜群に高い

○ 価格が比較的安くなっている

 

というメリットがあります。

 

 

まず水素濃度ですが、通常、水素が水に溶ける濃度は

1.6ppmが最高と言われており、これを上回ったものは、

蒸発しやすくなってしまいます。

 

 

ですので、容器詰めで販売されている水素水は、

この濃度を上回って販売されているものはありません。

 

 

仮に合ったとしても、実際にあなたの手元に届き、

飲むときには上限内に収まっています。

 

 

これに対して自分で作るものは、水素発生時の濃度が高く、

作りたてを飲むことが出来ますので、

この濃度を上回っていることも多いです。

 

 

作りたてを飲むことが出来ますので、

蒸発の心配も少なく、何よりも水道水で作ることができるため、

手軽に飲むことが可能です。

 

 

更に価格も安い

 

 

次に価格設定に関してですが、

容器で販売されているものは価格が高めに設定されており、

決して安価とは言えません。

 

 

安くても1ヶ月程度で7,000円程度になるものが多く、

種類によっては10,000円近くになるものもあります。

 

 

これに対して自分で作るものは、

種類によっては半額程度で購入することが出来ますので、

価格という点で見た場合はこちらのほうが圧倒的に有利でしょう。

 

 

最終的にはその人の判断ということになりますが、

どちらにもメリット、デメリットがありますので、

自分の好みで水素水を選んで良いと思います。

水素水にはこんなデメリットもある!?知っておくべきこととは?

読了までの目安時間:約 5分

 

 

もしあなたが水素水に興味を持っているのであれば、

購入する前にデメリットも知っておいたほうがよいです。

 

 

デメリットを踏まえたうえで購入を検討したほうが、

後々失敗しなくて済みますので、

ぜひ把握しておきましょう。

 

 

1 嵩張る

 

これはアルミパウチの水素水に関するものになりますが、

1パック単位で販売されており、1ヶ月分の数量がダンボール等で届くため、

若干ですが嵩張る印象があります。

 

 

アパートなどにお住まいの方は

なおさら気になるのではないでしょうか?

 

 

また、容器も毎日飲んで捨てることになりますので、

嵩張るというデメリットが有ります。

 

 

最もダンボール1個ですので、

そこまで気にならないと言う人もいると思いますが、

毎日の量を考えた場合、デメリットになりえます。

 

 

こればかりは、感覚によるものですが、

念の為お知らせしておきます。

 

 

2 水素が蒸発しやすい

 

水素は蒸発しやすく、

空気に長時間触れれば急激に水素濃度が低くなります。

 

 

アルミパウチタイプのものは、

容器の中に水素を入れないようにすることで

ある程度は蒸発を防ぐことが出来ますが、それも完全とは言えません。

 

 

よって、早めに飲むのが最も効果的なのですが、

水分を一度に多量に摂るのが苦手という人には若干不向きかもしれません。

 

 

1つの容器で500ml程度で販売されているものが多いため、

これを短時間に飲むのが難しいという方もいるのではないでしょうか?

 

 

また、自分で作って飲むタイプであるセブンウォーターは、

特殊な容器を使用していないため、蒸発も早いです。

 

 

よって、やはり早めに飲む必要があるというデメリットがあります。

 

 

3 自分で作るものは若干手間かもしれない

 

 

セブンウォーターが該当しますが、

これは自分で水素水を作って飲むタイプになります。

 

 

もちろん、特殊な方法ではなく、

送られてきた水素発生剤を水に浸して一定時間置くだけですので、

それほど手間はかからないでしょう。

 

 

ですが、これが毎日となれば多少面倒という方もいるかもしれません。

 

 

私自身の経験ですが、自分で作るタイプの水素水を放置していた所、

子供がいじってしまったこともありました。

 

 

まあ手の届かないところに置いておけば・・・

と言われればそれまでですが、

やはり子供は気になるのでしょうね。

 

 

そういった経験もあり、少し手間に感じました。

 

 

 

 

以上が私自身が感じたデメリットになります。

 

 

こうして書いてみると大きなデメリットのように感じますが、

忘れてはいけないのが、それを補って余りある効果を得ることが出来るという点です。

 

 

多少の手間は私だったら目を潰れるレベルかなと思います。

 

 

これらを考慮しても、水素水を試してみる価値がある!

そのように思います。

 

 

水素水の価格の相場はどのぐらい?

読了までの目安時間:約 6分

 

 

水素水って価格の相場がどのぐらいなのでしょうか?

 

 

水素水は販売形態がそれほど多くはないため、

ある程度は目安というものがあります。

 

 

これに関して、まず知っておかなければならないのが、

 

パック詰めされたものを使用するのか?

あるいは、自分で水素水を作るものを使用するのか?

 

 

という点です。

 

 

パック詰め(正確にはアルミパウチ)のものは、

そのまま開けて飲むだけでいいので手間がかかりません。

 

 

これが1ヶ月分、段ボール箱で届きますので、

スペースを気にしなければ非常に楽なのですが、

こちらのほうが高く、どんなに安くても

7,000円程度~10,000円程度になります。

 

 

逆に水素水を自分で作るもの。

 

 

これはゼオライトやマイクロクラスターなど、

水分に触れることで水素が発生するものを使用します。

 

 

これを使用することで、自分で水素水を作ることが出来ます。

 

 

若干手間に感じるかもしれませんが、

作り方は水と混ぜて少し待つだけのものがほとんどです。

 

 

価格はこちらの方が若干安く、

安いものであれば5,000円程度で購入できるものも有ります。

 

 

通常の水素水の相場といえばこのぐらいです。

 

 

なお、水素水は返金保証が付いているものが

あまり無いのが少々残念なところですが、

価格を抑えたお試し購入ができるものは有ります。

 

 

当サイトでは、浸みわたる水素水などがこれに該当します。

 

 

水素水を選ぶ場合は、これらのポイントを良く選び、

価格なども考慮して検討したほうが良いでしょう。

 

 

では、両者の特徴をご紹介します。

 

 

パック詰めしたもの

 

 

 

これはアルミパウチやアルミ缶に入れて販売されているものですが、

水素を外に逃さないように何層も重ね合わせて作られています。

 

 

原料となる水も日本の有名な名水を使用しているものが多く、

美味しく飲むことが出来ます。

 

 

またパウチタイプのものは見た目も普通であり、

持ち運びをするのにも適しているため、

場所を問わずに飲むことができます。

 

 

ただし、容器に対する費用がかかりますので、

やはり価格設定は高めになります。

 

 

水素はどうしても蒸発しやすいという性質があるため、

このように厳重にされています。

 

 

自分で作るタイプのもの

 

 

 

これはスティックタイプで販売されていますが、

自分で作ることができますし、発生時点ではパウチよりも水素濃度が高いため、

効果に期待できると思います。

 

 

価格も少し安めに設定されています。

 

 

また、スティックタイプですので、

持ち歩きをするのに向いていると言えるでしょう。

 

 

ただし、自分で作る以上、毎日となれば手間がかかりますし、

何よりも場所が限られてしまいます。

 

 

特に人目を気にする人には不向きと言えるでしょう。

 

 

また、スティックタイプのものは、

化学成分を使用しているため、

人によっては体に合わないという人もいるかもしれません。

 

 

 

以上が水素水の主な価格と特徴になります。

 

管理人おすすめの水素水

7Water(セブンウォーター)
通販口コミ画像2016-3-14_23-5-46_No-00 - コピー

脅威の水素濃度7.0ppm!
文句なく高い濃度を誇る水素水です。

button_001

管理人情報
キャプチャ62

初めまして!

青森県在住のユッキです!

水素水を使用した体験談を元に効果やデメリットをご紹介していきます。

お問い合わせはこちら

ブログランキング参加!

健康食品の人気のブログは??
↓↓↓

水素水カテゴリ一覧
メタ情報
タグ情報
アーカイブ