水素水の効果とデメリット

【知らなきゃ損】水素水の効果とデメリットとは!?

知らなきゃ損!巷でさまざまな効果が提唱されている水素水には十分な効果があるものの、デメリットもあります。高額な水素水を試す前にますは知りたい水素水の豆知識をご紹介!詐欺にだまされないため、厳選した水素水ランキングも!

水素水の飲み方には注意が必要!?知っておくべき特徴とは??

読了までの目安時間:約 5分

 

あなたがもし水素水をすでに飲んでいる、

もしくはこれから飲もうとしているのであれば

注意しておくべきポイントがあります。

 

 

それは、水素の蒸発です。

 

 

水素水は、その名の通り水の中に水素を溶け込ませていますが、

そもそも水素自体が非常に蒸発しやすいという特徴があり、

空気に触れることですぐに蒸発してしまいます。

 

 

もともと水素は大気中の大部分を締めており、

不足するということは有りえませんが、

私達の体には本来取り込まれない成分です。

 

 

ですので、意図的に取り込む必要があるということですね。

 

 

さて、水素水を飲む際には、

 

 

アルミパウチで水素水を飲んでいる場合は、空気を中に入れないようにする。

自分で作って飲むタイプは、できるだけ早めに飲んでおく。

 

 

これらの点に注意しておくと良いでしょう。

 

 

例えばアルミパウチの水素水の場合、

500mlの数量で販売されているものも多く、

これを短時間で飲めないという人も多いでしょう。

 

 

私自身水分をあまり取らない体質ですので、

この数量の水を一度に飲むというのは少し厳しかったです。

 

 

たまになら良いのですが、水素水自体、

毎日飲むことを前提にしているため、

なおさらきつく感じてしまいました。

 

 

では、どのようにしておけばよいのでしょうか?

 

 

それは、開封後に保存しておく場合は、

水素水を溢れる状態にしておき、

空気が入らないようにしてキャップを締めておくことです。

 

 

これで空気にが入りにくくなるため、

水素の蒸発を防ぐことができるようになります。

 

 

とは言え、この方法ももちろん完璧ということではなく、

水素の蒸発が遅くなるだけですので、

一番良いのはやはり時間を開けずに飲むことでしょう。

 

 

自分で作るタイプの場合は??

 

 

自分で水素水を作る、

いわゆる水素水のスティックなどを使用するものは、

水素の蒸発が早いことに注意しておくべきです。

 

 

というのも、このタイプのものは、安価で購入することができる分、

アルミパウチのような特殊な容器を使用していないため、

作りたてを飲むことを前提に作られているためです。

 

 

つまり、先程のアルミパウチのように、

水素の蒸発を防ぐ手段がないということになります。

 

 

ですので、作った水素水はあまり時間をかけずに飲んでおきましょう。

 

 

以上のようなデメリットはありますが、

価格が安いという点、そして水素発生剤を使用しているため、

水素の濃度もアルミパウチよりもかなり高いです。

 

 

ですので、相応の魅力があるタイプであることは

間違いないと言えます。

 

 

 

以上、それぞれの水素水の特徴をご紹介しました。

 

 

あなたが今後水素水を使用するのであれば、

このような注意点を踏まえて使用したほうが良いでしょう。

 

 

 

肌、体の老化が進むのはどうして?水素のすすめ

読了までの目安時間:約 5分

 

 

人間は生きている限り成長、老化を伴います。

 

 

30歳を越えたあたりから急激に体や肌の衰えを感じている・・・

という方も多いのではないでしょうか?

 

 

では、この老化というのはどうして起こるのでしょうか?

 

 

ってなかなか考えないことだとは思いますが、

私自身アラフォー世代となり、美容、健康に敏感になってきたため、

改めてその仕組を調べたため、ここで記載しておきます。

 

 

結論から言うと、酸化と活性酸素によるものです。

 

 

え!?って思うかもしれませんが、

実は私達が生きていく上で必要とされている酸素は、

私達を老化に導いてしまう仕組みがあるのです。

 

 

その仕組を簡単にご紹介します。

 

 

人間は生きている限り、必ず酸素を必要とします。

 

 

当たり前の話ですが、プロセスを改めてご紹介すると、

人間は酸素を呼吸によって取り込み、

体の組織の活動を維持しています。

 

 

酸素を使用して心臓は活動し、栄養素の循環を行い、

私達は生命を維持しているのです。

 

 

これはもちろん当たり前に起こることですが、

同時に人間の細胞ひとつひとつが酸化し、

細胞が錆びてしまうということになります。

 

 

錆びた細胞は本来の能力を発揮できなくなり、

衰えていきます。

 

 

これが老化の原因の一つです。

 

 

新しい細胞がどんどん作られていく若いうちは、

酸化をあまり気にしてなくても良いでしょう。

 

 

ですが年齢を重ねていくことで

細胞が生成されなくなってくると衰えを感じてきます。

 

 

活性酸素はもっと厄介な代物!?

 

 

次に活性酸素についてです。

 

 

活性酸素はさまざまな原因によって発生します。

 

 

酸素の一部にも含まれていますし、

ストレスやタバコ、不規則な生活、過度の飲酒などでも発生します。

 

 

この活性酸素、細胞を死滅させてしまう(つまり破壊する)

という効果を持っています。

 

 

死滅してしまった細胞は、元に戻るということはありません。

 

 

 

この酸化と活性酸素の二つが老化の主な原因になります。

 

 

実は、これに対して水素が最も有効であると言われています。

 

 

水素はこの酸化した細胞から酸素を切り離す還元力をもっており、

錆びてしまった細胞を活性させることができますし、

活性酸素を除去してくれるという効果も持っています。

 

 

アンチエイジングに水素が有効・・・

と言われているのはこの効果によるものです。

 

とはいえ、自分の心がけ次第で何とかできるものもあります。

 

 

活性酸素の発生原因であるストレスやタバコ、過度の飲酒、

不規則な生活などは自分の生活スタイルによるものですので、

これらを改善することで活性酸素の発生を抑制するという心がけも重要と言えるでしょう。

 

 

水素水は料理に使うことが出来るのか?

読了までの目安時間:約 5分

 

水素水を料理に使いたい。

 

 

健康に良いとされている水素水ですが、

ただの水を飲むよりはなにかと合わせたほうが、

毎日続けられるのではないか。

 

 

もしかしたらあなたもこのように考えているかもしれませんね。

 

 

 

私自身水分をあまり取らない体質ですし、

たまにならまだしも、毎日のようにペットボトル1本分の水素水を飲むのは

正直きついと思っていました。

 

 

例えば、浄水器などを通して得た水を料理に使っている人も多いため、

水素水を料理に使いたいと思う方もいるのではないでしょうか?

 

 

前置きが長くなってしまいましたが、結論を言うと、

水素水を料理に使うのは基本的におすすめしません。

 

 

というのも、水素は空気に触れることで

急激に蒸発してしまうという特徴があるためです。

 

 

つまり、料理に使うという時点で、

水素水が長時間空気に触れることになってしまいますので、

実際に料理を口にするときには水素が蒸発しています。

 

 

ですので、水素水は料理に使うのは、

適していないと考えておくべきでしょう。

 

 

水素水はパウチで販売されている

 

 

例えば、当サイトでご紹介している水素水の

殆どがアルミパウチで販売されています。

 

 

それはなぜか?

 

 

もちろん、蒸発しやすい水素を逃がさないようにするためです。

 

 

このアルミパウチは四層構造になっており、

更に網目が細かく作られているため、

水素を外に逃さないようにすることが出来ています。

 

 

もともとアルミは水素を吸着しやすいという性質があり、

何十にもアルミを重ねることで水素が逃げないようにしているため、

水素を体内に取り入れることができるように作られています。

 

 

ですが逆を言えば、

ここまでしないと水素を水に溶かしておくことが出来ません。

 

 

水素が蒸発するのは、空気に触れることで起こりますので、

アルミパウチの中は真空状態になっています。

 

 

そして、一度アルミパウチを開封した後は

あまり時間をかけずに飲む必要があります。

 

 

そう考えた場合、やはり水素水は開封した後、

あまり時間をかけずに飲んでしまうのがベストでしょう。

 

 

ちなみに私の場合は、

料理に使いませんが、食事のときに、

お茶代わりに飲んでいます。

 

 

ただ水を飲むよりは苦痛を伴いませんし、

食事の際にはお茶を飲むことが多いため、

それを水素水に変えるだけでしたので、

思っていたよりも長く続けられています。

 

 

もしあなたが私と同じように、

水分をあまり取らない体質であり、

ただ水素水を飲み続けるのが苦痛なのであれば。

 

 

食事と一緒にしてみるのも一つの手ではないでしょうか?

 

 

 

 

水素水は作り方で比較することが可能!?実はこんな違いが。

読了までの目安時間:約 5分

 

あなたが水素水と言われた場合、

どのようなものをイメージするでしょうか?

 

 

多くの方がイメージするのが、

アルミパウチに入れてあるものを想像するのではないでしょうか?

 

 

現在ではこの水素水が主流であり、

今後もその傾向は続くでしょう。

 

 

とは言え、水素水はこの1種類だけではありません。

 

 

それは、水素発生剤を用いた水素水です。

 

 

このタイプの場合、

アルミパウチのようなもので販売されておらず、

専用のスティック等で販売されています。

 

 

では、それぞれの特徴について解説していきます。

 

 

水素充填タイプ

 

 

先程のアルミパウチで販売されているものですが、

これは各地の名水を使用し、それに水素を充填しているものであり、

結局は水素を配合している以外はただの水ですので、

安全面は問題ないといえるのではないでしょうか?

 

 

少なくとも、このタイプの水素水の口コミで

副作用があったというのは私は見たことがありません。

 

 

水素発生剤タイプのものよりは

安全面で優れているというのが大きなメリットです。

 

 

逆にデメリットを言えば、

このタイプは基本価格が少々高いというデメリットも有ります。

 

 

アルミの容器にかかる費用、

水素を充填する費用、名水を使用する費用がかかりますので、

これらの要因により、通常価格が高めに設定されています。

 

 

個人的におすすめできるのは、やはり味わいでしょう。

 

 

名水を使用しているだけあって、

美味しく飲むことが出来ます。

 

 

水道水と比べればその差は歴然であり、

味オンチの私でさえはっきりとその違いが分かります。

 

 

ですので、楽しみながら飲むことができるのではないでしょうか。

 

 

水素発生剤タイプ

 

 

これに対して水素発生剤のメリットは、

水素の含有量と価格です。

 

 

その場で水素が発生することになりますので、

出来たてを飲むことが出来ますし、

アルミパウチよりも水素含有量が高いのは間違いありません。

 

 

また、アルミパウチの容器を必要としない分、

価格も抑えられており、お得に購入することができます。

 

 

反面、名水を使用しているわけではないため、

味は水道水そのままです。

 

 

味を楽しむことは出来ないため、

その点は踏まえておく必要があります。

 

 

また、発生剤自体、化学成分を使用しているため、

万人向けとは言い難い印象があります。

 

 

もちろん体に変調をきたす・・・

なんてことはないと思いますが、

アルミパウチの水素水と比べると、

どうしても安心感で劣ってしまうのではないでしょうか。

 

 

以上が、それぞれの水素水の特徴になります。

 

価格を再優先するなら、水素を発生させるタイプ

安全面を重視するなら水素充填のタイプ

 

 

といった位置づけでしょうか?

 

 

ちなみに私は体へ副作用が合っては困るので、

水素充填タイプをおすすめします。

 

 

水素水の比較ポイントはコレ!!失敗しない購入方法は??

読了までの目安時間:約 5分

 

 

水素水はさまざまな商品をが販売されており、

何を比較すれば良いのか?という点で迷う方もいるのではないでしょうか?

 

 

私も最初に水素水を調べたときに、

あまりに多くの数があることを知り、

どんなものが良いのかが全くわかりませんでした。

 

 

そのせいで色々と調べる羽目になりましたが(笑)

 

 

そこで、簡単に比較できるポイントに関してご紹介していきます。

 

 

実は極論を言ってしまうと、

水素水の場合は濃度と価格以外は比較するポイントがあまりありません。

 

 

これ、嘘のように感じますが本当の話です。

 

 

ただしパウチタイプの水素水に限定されますが、

概ねこの比較ポイントで問題ないと思います。

 

 

それ以外に違う点と言えば、

どこの名水を使用しているか?が考えられますが、

個人的には美味しければどこでも良いかな?って思います。

 

 

ここの名水を使っていなければだめ!

なんて人はまずいないでしょうし(笑)

 

 

1.6ppmと水素濃度

 

 

この比較ポイントで水素水を見た場合、

ほとんどの水素水が1.2ppm程度になっており、

1.6ppmを超えているものはあまりないと思います。

 

 

低いもので1.0ppm程度のものおあるでしょうし、

1.4pppmという高めのものもあります。

 

 

ですが1.6ppmを上回ってはいないはずです。

 

 

もちろんこれには理由があり、

水素が水に溶ける最大濃度が1.6ppmであるためです。

 

 

ですので、アルミパウチタイプの水素水は、

概ねこのぐらいの濃度だと思って良いでしょう。

 

 

これを上回った水素は蒸発が極端に早くなってしまいますので、

これ以上に充填したとしても、実際に飲む頃には、

規定の濃度以内に収まっています。

 

 

実際に水素水を製造し、あなたのもとに届き、

開封するまでには相応の時間がかかりますので、

やはりこの濃度を超えることはありません。

 

 

ただし、充填時(つまり水素を溶かすとき)には、

それ以上に充填して、開封時に濃度が下がることを

見据えた上でお届けしている商品もあります。

 

 

これはあくまで作り方によるものですので、

実際に飲む際には1.6ppm以内に収まっているということになります。

 

 

であれば、最初の話に戻りますが、

この数値には大きな差があまりないため、

価格が比較ポイントになります。

 

 

名水にこだわりがないのであれば、

なおさら安いものを選択してよいのではないでしょうか。

 

 

このように比較ポイントが少ないとは言え、

価格ではそれなりに差がついているものもあり、

1ヶ月分の数量で1,000円~2,000円程度に

なるものもあります。

 

 

ですので、価格での比較もきちんと行っておくべきでしょう。

 

 

 

管理人おすすめの水素水

7Water(セブンウォーター)
通販口コミ画像2016-3-14_23-5-46_No-00 - コピー

脅威の水素濃度7.0ppm!
文句なく高い濃度を誇る水素水です。

button_001

管理人情報
キャプチャ62

初めまして!

青森県在住のユッキです!

水素水を使用した体験談を元に効果やデメリットをご紹介していきます。

お問い合わせはこちら

ブログランキング参加!

健康食品の人気のブログは??
↓↓↓

水素水カテゴリ一覧
メタ情報
タグ情報
アーカイブ