水素水の効果とデメリット

【知らなきゃ損】水素水の効果とデメリットとは!?

知らなきゃ損!巷でさまざまな効果が提唱されている水素水には十分な効果があるものの、デメリットもあります。高額な水素水を試す前にますは知りたい水素水の豆知識をご紹介!詐欺にだまされないため、厳選した水素水ランキングも!

水素水の入れ物は普通のものではだめ!?その理由とは?

読了までの目安時間:約 5分

 

水素水は基本的にただの水ではあるものの、
その取扱は少しデリケートです。

 

 

普通の容器に入れていたのでは、

水素水の効果は半減してしまいますし、
放置している時間によっては、

水素の効果がまったくないただの水になってしまいます。

 

 

ですので、適切な容器に入れておく必要があります。

 

 

例えば一般的に販売されている水素水は、

アルミパウチのものが多いです。

 

 

もしあなたが水素水を見たことがあるのであれば、
このような容器に封入されているのを見たことがあると思います。

 

 

これは網目の細かいアルミを、

何層にも重ねて作られたものであり、
かなり細かく作られています。

 

 

このように作ることで水素を外に逃さず、
容器の中に封じ込めておくことができるのです。

 

 

また、アルミ自体が水素を吸着しやすいという特徴があり、

水素を容器に閉じ込めておくのにも適しているとされ、

アルミが使用されています。

 

 

 

水素は非常に蒸発しやすい

 

 

水素は非常に分子サイズが細かいとされており、

宇宙一小さいとも言われています。

 

 

ですので、完全に封じ込めておくのは、

非常に難しい成分でもあります。

 

 

そして最大のデメリットなのですが、

水槽は空気に触れることで、

すぐに蒸発してしまうという厄介な性質があります。

 

 

つまり、空気に長時間触れる前に飲んで置かなければ、

水素を体内に取り込むことができないということです。

 

 

この厄介な性質があることで、

容器も密封度の高いものにしなければなりませんし、

真空状態にしておく必要があるということになります。

 

 

 

 

水素の効果

 

 

水素にはこういったデメリットがありますが、

それを補って余りある効果があります。

 

 

それは、強力な還元力です。

 

 

水素の還元力はさまざまな成分の中でもトップクラスとされており、

体内に入れることでさまざまなアンチエイジング効果が

期待できることになります。

 

 

還元力を持っている成分は、コエンザイム、コラーゲン、

各種ポリフェノール等、数え切れないほどあります。

 

 

化粧品であったり、健康食品であったりと、

さまざまな用途に還元力は活用されています。

 

 

ですが水素に関しては、分子サイズが非常に小さいことで、

還元力が人間の細胞レベルにまで効果を及ぼしてくれると

言われており、トップに位置づけられています。

 

 

分子サイズが小さいというのは、

蒸発しやすいというデメリットはあるものの、

それ以上に大きなメリットがあると言うことが出来ます。

 

 

水素の容器に関しては、

アルミパウチが適していると言われており、

水素水は多くの商品がアルミパウチで販売されています。

 

 

逆を言えば、それ以外のものは、

水素が蒸発しやすいというデメリットを持っているのです。

 

 

 

水素水にはスティックタイプのものがある!?普通の水素水とどこが違う?

読了までの目安時間:約 5分

 

水素水は大きく分けると2つの種類があります。

 

それは、

 

○水素発生剤を用いて自分で作るもの

○水素を水に圧縮充填して作ったもの

 

この2つです。

 

 

一般的に販売されているものは、

この2つのどちらかになっていると思って良いです。

 

 

スティックタイプのものと言えば、

前者のものが該当します。

 

 

これは原料がゼオライトなどの鉱石、

マイクロクラスターといった化学成分、

岩塩を使用したものなどがあります。

 

 

これらを水に混ぜることで、

水素を多量に発生させ、その水を飲むことで

水素を体内に取り入れることが出来ます。

 

 

この仕組の関係上、自分で水素水を作る必要があり、

若干手間に感じるかもしれませんが、

水に浸しておくだけで水素が発生するため、

そこまで手間になるようなものではないです。

 

 

ただし、毎日続けるのであれば、

当然毎日作る必要がありますので、

その点を踏まえておいたほうが良いでしょう。

 

 

水素の発生量が多く、容器も特に問わないため、

価格も比較的手頃に購入することができます。

 

 

価格を抑えたい方にはうってつけの水素水ですが、

原料が水ではなく、化学反応を起こすという仕組み上、

万人向けの水素水とは言えないかもしれませんね。

 

 

私は使用していて特に不都合は感じませんでしたが、

合う・合わないが考えられる水素水といった位置付けです。

 

 

ですが、それを差し引いても、

水素濃度も高く価格も手頃であるため、

おすすめできる水素水であることは間違いないでしょう。

 

 

圧縮充填したタイプ

 

 

これに対して、水素を圧縮充填したタイプは、

アルミパウチに封入されて販売している水素水です。

 

 

原料となる水も全国の名水を使用しているため、

美味しく飲むことが出来ます。

 

 

デメリットとしては、水素を水に充填するのに、

上限が決まっているという点です。

 

 

水素が水に溶ける濃度は1.6ppmとされており、

これを超えた場合は水素が蒸発しやすくなるため、

基本的にこれを超えるものはありません。

 

 

水素発生剤を用いたものに比べると、

濃度という点で劣ります。

 

 

また、水素を外に逃さないように、

アルミパウチを使用しているため、

容器にもお金がかかってしまい、

トータル費用では水素発生剤よりも高くなります。

 

 

ここまで書くとデメリットのほうが多く感じますが、

それを補ってくれるのが万人向けであるというものです。

 

 

原料はあくまでただの水であり、

化学反応するということもないため、

どのような方が使用しても副作用は考えられないでしょう。

 

 

また、味を楽しみながら水素水を飲めるのもポイントです。

 

 

実際に私の地元の渓流を使用した水素水を飲んでみましたが、

味オンチの私でも違いが分かるほどです。

 

 

そう考えた場合は、長く続けていきやすいという

メリットもあるかもしれませんね。

 

 

以上が水素水の主な特徴になります。

 

 

 

 

水素水を飲むことによるメリットはどんなもの??

読了までの目安時間:約 5分

 

 

通常価格が少し高めに設定されている水素水ですが、

どのようなメリットがあるのでしょうか?

 

 

効果とは別の視点でいくつかご紹介します。

 

 

 

1.飲みやすい

 

殆どの物が各地の名水を使用しており、

水道水と比較しても飲みやすく、口当たりも良いです。

 

 

やはり食べ物であれ、飲み物であれ、

美味しく飲みたいですよね?

 

 

私自身は結構グルメですので、

飲み物であっても味や口当たりを気にします。

 

 

実際に水道水と飲み比べてみれば分かりますが、

水に対してこだわりがない私でも分かるぐらいです。

 

 

口当たりがよくて飲みやすく、

それでいて健康効果を得られるとなれば、

大きなメリットと言えるのではないでしょうか?

 

 

また、名水を使用しているためミネラルが豊富であり、

水素が含まれている・いないに関わらず体にも良いということが出来ます。

 

 

 

2 人目を気にせずに飲むことが出来る

 

 

水素サプリメントと比較した場合の話ではありますが、

サプリメントって、意外と人目を気にする方が多いです。

 

 

もしかしたらあなたも同様かもしれません。

 

 

特に水素サプリメントは見た目が白いものが多く、

見方によっては薬に見えます。

 

 

よって、人目を気にするのであれば、

断然水素水の方が良いです。

 

 

アルミパウチタイプで販売されているものが多いものの、

このタイプのものってゼリーなどのエネルギー食品などでも普通に使用されているため、

ヒョほど派手なデザインでもない限りは人目を気にせずに飲むことが出来ます。

 

 

今ではペットボトルや水筒を持参して飲んでいる人が多数いますし。

 

 

また、水素水は1パック単位で販売されていますので、

手軽に持ち歩ことも出来ますし、

どこに持って行っても問題ないといえるでしょう。

 

 

 

3 手間がかからない

 

 

セブンウォーターは除外されますが、

ほとんどの水素水はアルミパウチで販売されています。

 

 

よって、キャップを開けるだけですぐに飲むことが出来ます。

 

 

飲み終わった後は容器を捨てるだけですので、

とにかく手間がかからないです。

 

 

こまめに飲む場合は、

水素が蒸発しないように溢れさせた状態にしておく必要がありますが、

これも対して手間がかかりません。

 

 

私は結構なめんどくさがりですし、

毎日のように飲むと慣ればなおさら手間に感じてしまいます。

 

 

ですので、キャップを開けて飲むだけでよいのは、

非常に助かります。

 

 

ただし、自分で作るタイプの水素水はこの条件が当てはまりませんので、

あくまでアルミパウチで販売されているタイプのメリットになります。

 

 

 

以上が水素水のメリットです。

 

 

 

水素水サーバーと水素水の違いは?

読了までの目安時間:約 5分

 

 

最近では、水素水のサーバーも多数販売されています。

 

 

アルミパウチで販売されている水素水と水素水のサーバーには、

どのような違いがあるのか?についてご紹介していきます。

 

 

まず、水素水サーバーですが、

これはその名の通り水素をサーバーによって充填するタイプのものであり、

自宅で水素水が作れます。

 

 

ウォーターサーバーと見た目はあまり変わりない感じです。

 

 

よって、毎月水素水を購入する必要がなく、

気軽に水素水を作れるというのが最大の強みです。

 

 

気軽に作れるという点で、コスト的にはこちらが

かなり優れていると思います。

 

 

反面、私自信が感じたデメリットとしては、

 

 

◯初期価格が高い

◯水素濃度が低め

 

 

というものが有ります。

 

 

初期価格についてですが、もちろん最初にサーバーを

購入することになりますので、費用がかかります。

 

 

最低でも5万円以上はかかります。

 

 

パナソニックなど、大手の電機メーカーでしっかり作られている

ものであれば、10万円以上することもあります。

 

 

レンタル出来るものもありますが、

これも月に最低6,000円以上は掛かります。

 

 

レンタルであれば初期費用は安いものの、

長期的に継続すれば継続するほど

購入費用を大きく上回っていきますので、

長期的に見た場合はやはり購入するほうが良いでしょう。

 

 

水素水サーバーの濃度

 

 

では、水素水サーバーの濃度はどのぐらいなのでしょうか?

 

 

アルミパウチの水素水は濃度が低いものであっても1.0ppm程度はありますし、

高いものであれば、最高濃度の1.6ppmのものだって有ります。

 

 

ですが水素水サーバーの場合は、高くても0.6~0.8ppm程度、

低ければ0.5ppmを下回ることもあります。

 

 

また、ご存知のように、専用の容器を使用しませんので、

水素の蒸発が非常に早く、アルミパウチよりも更に早めに

飲む必要があります。

 

 

 

水素水サーバーの特徴としてはこのようなものです。

 

 

価格を重視し、毎月購入するのが面倒といった方に

おすすめ出来るのではないでしょうか?

 

 

月額費用を比較してみると・・・?

 

 

月額費用は水素水サーバーをレンタルした場合、

6,000円程度だったとして、

パウチを購入する場合は8,000~10,000円程度となり、

ある程度のお得感はあります。

 

 

メンテナンス費用が1年に1回程度かかるため、

確実にこの価格というわけではありませんが、

サーバーのほうが安く済ませることが出来ます。

 

 

やはりネックになってくるのが、

水素濃度が低いという点です。

 

 

価格を選択するか、それとも濃度を重視するのか。

 

 

そういった選択が必要になってくるのではないでしょうか。

 

 

倍近くの濃度差がありますので、

それも考慮しておくと、

一概にどちらがお得と言い切れないのが現状ですので、

ここは好みで選んで良いと思います。

 

 

 

 

水素水の価格の相場はどのぐらい?

読了までの目安時間:約 6分

 

 

水素水って価格の相場がどのぐらいなのでしょうか?

 

 

水素水は販売形態がそれほど多くはないため、

ある程度は目安というものがあります。

 

 

これに関して、まず知っておかなければならないのが、

 

パック詰めされたものを使用するのか?

あるいは、自分で水素水を作るものを使用するのか?

 

 

という点です。

 

 

パック詰め(正確にはアルミパウチ)のものは、

そのまま開けて飲むだけでいいので手間がかかりません。

 

 

これが1ヶ月分、段ボール箱で届きますので、

スペースを気にしなければ非常に楽なのですが、

こちらのほうが高く、どんなに安くても

7,000円程度~10,000円程度になります。

 

 

逆に水素水を自分で作るもの。

 

 

これはゼオライトやマイクロクラスターなど、

水分に触れることで水素が発生するものを使用します。

 

 

これを使用することで、自分で水素水を作ることが出来ます。

 

 

若干手間に感じるかもしれませんが、

作り方は水と混ぜて少し待つだけのものがほとんどです。

 

 

価格はこちらの方が若干安く、

安いものであれば5,000円程度で購入できるものも有ります。

 

 

通常の水素水の相場といえばこのぐらいです。

 

 

なお、水素水は返金保証が付いているものが

あまり無いのが少々残念なところですが、

価格を抑えたお試し購入ができるものは有ります。

 

 

当サイトでは、浸みわたる水素水などがこれに該当します。

 

 

水素水を選ぶ場合は、これらのポイントを良く選び、

価格なども考慮して検討したほうが良いでしょう。

 

 

では、両者の特徴をご紹介します。

 

 

パック詰めしたもの

 

 

 

これはアルミパウチやアルミ缶に入れて販売されているものですが、

水素を外に逃さないように何層も重ね合わせて作られています。

 

 

原料となる水も日本の有名な名水を使用しているものが多く、

美味しく飲むことが出来ます。

 

 

またパウチタイプのものは見た目も普通であり、

持ち運びをするのにも適しているため、

場所を問わずに飲むことができます。

 

 

ただし、容器に対する費用がかかりますので、

やはり価格設定は高めになります。

 

 

水素はどうしても蒸発しやすいという性質があるため、

このように厳重にされています。

 

 

自分で作るタイプのもの

 

 

 

これはスティックタイプで販売されていますが、

自分で作ることができますし、発生時点ではパウチよりも水素濃度が高いため、

効果に期待できると思います。

 

 

価格も少し安めに設定されています。

 

 

また、スティックタイプですので、

持ち歩きをするのに向いていると言えるでしょう。

 

 

ただし、自分で作る以上、毎日となれば手間がかかりますし、

何よりも場所が限られてしまいます。

 

 

特に人目を気にする人には不向きと言えるでしょう。

 

 

また、スティックタイプのものは、

化学成分を使用しているため、

人によっては体に合わないという人もいるかもしれません。

 

 

 

以上が水素水の主な価格と特徴になります。

 

管理人おすすめの水素水

7Water(セブンウォーター)
通販口コミ画像2016-3-14_23-5-46_No-00 - コピー

脅威の水素濃度7.0ppm!
文句なく高い濃度を誇る水素水です。

button_001

管理人情報
キャプチャ62

初めまして!

青森県在住のユッキです!

水素水を使用した体験談を元に効果やデメリットをご紹介していきます。

お問い合わせはこちら

ブログランキング参加!

健康食品の人気のブログは??
↓↓↓

水素水カテゴリ一覧
メタ情報
タグ情報
アーカイブ