水素水の効果とデメリット

【知らなきゃ損】水素水の効果とデメリットとは!?

知らなきゃ損!巷でさまざまな効果が提唱されている水素水には十分な効果があるものの、デメリットもあります。高額な水素水を試す前にますは知りたい水素水の豆知識をご紹介!詐欺にだまされないため、厳選した水素水ランキングも!

水素水はペットボトルではダメ?その理由とは?

読了までの目安時間:約 5分

 

水素水を使用しいているのであれば、

ペットボトルを使用するべきではないです。

 

 

これは覚えておいたほうがよいでしょう。

 

 

もともと水素は分子サイズが非常に小さいのが特徴ですが、

もうひとつ忘れてはいけないのが、

空気に触れることですぐに蒸発してしまうというものです。

 

 

これは残念ながら、

ペットボトルでは防ぐことができないようです。

 

 

もちろん、アルミなどの容器でも完全に防ぐことは出来ませんが、

少なくともペットボトルより気密性が高く、

外に漏れにくい構造になっています。

 

 

例えば、水でもジュースでも何でもいいのですが、

ペットボトルで販売されているものをイメージしてみてください。

 

 

もちろん、理論的には中の液体は外にこぼれないようになっています。

 

 

ですが、時間が経つと共にペットボトルの表面が湿っている・・・

というのを経験した方は多いでしょう。

 

 

実はこれこそが、中の液体を完全に閉じ込めてはいないということになります。

 

 

ましてや水素の分子サイズは非常に小さいため、

水素水の保存はペットボトルでは不向きなようです。

 

 

これは水素水がどのように販売されているかを見ればすぐにわかります。

 

 

水素水は基本的にアルミパウチで販売されていますが、

これは網目が細かく作られており、

さらに水素を外に漏らさないように何層にも重ねられて作られています。

 

 

よって、完全とはいえませんが

水素を外に漏らさないように工夫がされています。

 

 

水素水がペットボトルなどで販売されていないのは

このような仕組みがあるためです。

 

 

そしてこのアルミパウチの容器を使用しているということもあり、

水素水は価格が高めに設定されているとも言えます。

 

 

作りたての水素水

 

多くの水素水がアルミパウチのもので販売されていますが、

それ以外の販売方法があります。

 

 

それは、水素発生剤を用いて、自分で水素水を作るタイプです。

 

 

この場合は出来たてを飲むことが出来ますので、

ペットボトルでも可能ということになります。

 

 

ただし、気密性が高いほうが望ましいことに変わりはありません。

 

 

ただし水素の蒸発を防ぐ方法がまったくないことになりますので、

出来上がった水素水はすぐに飲む必要があります。

 

 

また、アルミパウチの水素水と違い、

容器にお金がかかるわけではないため、

コストがそれほどかからないというメリットもありますし、

何よりも水素濃度がかなり高いという特徴があります。

 

 

水素水の販売方法は1種類だけではなく、

自分で作るタイプのものもあり、

その場合は安価に済ませることが出来ますし、

必ずしも容器にこだわらなくても良いということですね。

 

 

毎日作り続けるのが面倒でなければ、

こういった水素水を選ぶのも一つの手と言えるでしょう。

 

 

管理人おすすめの水素水

7Water(セブンウォーター)
通販口コミ画像2016-3-14_23-5-46_No-00 - コピー

脅威の水素濃度7.0ppm!
文句なく高い濃度を誇る水素水です。

button_001

管理人情報
キャプチャ62

初めまして!

青森県在住のユッキです!

水素水を使用した体験談を元に効果やデメリットをご紹介していきます。

お問い合わせはこちら

ブログランキング参加!

健康食品の人気のブログは??
↓↓↓

水素水カテゴリ一覧
メタ情報
タグ情報
アーカイブ