水素水の効果とデメリット

【知らなきゃ損】水素水の効果とデメリットとは!?

知らなきゃ損!巷でさまざまな効果が提唱されている水素水には十分な効果があるものの、デメリットもあります。高額な水素水を試す前にますは知りたい水素水の豆知識をご紹介!詐欺にだまされないため、厳選した水素水ランキングも!

水素水は空気に触れると効果なし!?実はデリケートな飲み物

読了までの目安時間:約 6分

 

水素水はその名の通り水素を水に配合したものです。

 

 

 

水素は強力な還元力を持っているのが特徴であり、

体内に取り込むことでさまざまな健康効果に期待できます。

 

 

 

そんな水素水ですが、実は気をつけておくべき点があります。

 

 

 

それは、空気に触れさせないようにすることです。

 

 

 

水素水に含まれている水素は非常に蒸発しやすく、
特に空気に触れた場合、急激に蒸発してしまいます。

 

 

 

大気の中で大部分を締めているのは水素。

 

 

 

これはなんとなくご存知かもしれませんが、

この大気中に溶けてしまうのです。

 

 

 

水素水から水素が抜けてしまった場合、

ただの水になってしまうため、

全く意味がなくなります。

 

 

 

ですので、取扱には十分注意したほうが良いでしょう。

 

 

 

では水素を体内に取り込むのに、
最も適した方法はどのようなものがあるのでしょうか?

 

 

 

すぐに飲むのが効果的

 

 

最も効果が高いとされているのは、

開封後にすぐ飲むことです。

 

 

 

通常のアルミパウチタイプの水素水であれば、
水素を圧縮充填して水素を配合し、
外に逃さないように封入されています。

 

 

 

つまり真空状態になっているということになります。

 

 

 

開封後はもちろん空気に触れやすくなってしまいますので、

水素が蒸発しやすくなっていますが、

開封後にすぐ飲むことで水素の蒸発を抑えることができます。

 

 

 

とは言え、アルミパウチの水素水は、
500ml単位で販売されているものが多く、

この量の水を一気に飲むのが難しいという人も少なからずいるでしょう。

 

 

 

私も普段からあまり水分を摂らない体質ですので、

よく分かります。

 

 

 

そこでおすすめするのが、

開封後は水素水を少し溢れさせるようにしてから

キャップを閉じる方法です。

 

 

 

この方法でも空気に触れにくくなりますので、

水素の蒸発を抑えることができます。

 

 

 

とは言え、それでも水素濃度は落ちていきますので、

開封後が一番濃度が高いのは言うまでもありません。

 

 

 

できるだけ早めに飲むのが望ましいでしょう。

 

 

 

自分で水素水を作るタイプもある

 

 

アルミパウチタイプの水素水を毎日飲むのが厳しい場合、
自分で水素水を作るものもあります。

 

 

 

これは鉱石や岩塩、マイクロクラスターなどを

水と化学反応させることで水素を大量に発生させるものです。

 

 

 

これであれば、水素濃度が抜群に高い状態で
水素水を飲むことが出来ますので、

アルミパウチのものよりも濃度が高いまま、

多量の水を飲まなくても水素を摂る事ができます。

 

 

 

また、アルミパウチのような容器を使用していないため、

価格が少し休めに設定されているのもメリットです。

 

 

 

セブンウォーターがこれに当たりますので、

自分で作るのが手間でなければ、

これを選択肢に入れても良いかと思います。

 

 

 

水素水ランキングはこちら

 

水素水は合わない!?そんなことがあるの?実はこんな秘密が。

読了までの目安時間:約 6分

 

 

水素水は基本的にただの水であり、

万人向けと言えるでしょう。

 

 

 

むしろ全国のいずれかの名水を使用しているものが多く、

美味しく飲むことが出来ます。

 

 

 

人によって合う、合わないというのは、

そこまで重要ではありませんが、

もちろんこれにも例外があります。

 

 

 

それは、水素水の製造方法が違う場合です。

 

 

 

水素水のタイプ

 

実は水素水には大きく分けて2つのタイプがあります。

 

 

 

それは、

 

○ 水に水素を充填させ、容器に入れて販売するもの

○ 専用のスティックを用いて自分で作るもの

 

 

大きく分けるとこの2つです。

 

 

 

ちなみに水素水サーバーなんかも存在しますが、

これはタイプ的には前者に該当します。

 

 

 

さて、前者の方は基本的にただの水ですので、

人によって合う、合わないというのはなく、

口コミ情報なんかでも特に副作用は聞きません。

 

 

 

ですので前者に関しては万人向けと考えてよいでしょう。

 

 

 

では後者はどうでしょうか?

 

 

 

実は合う、合わないが考えられるのがこれです。

 

 

 

この自分で作るタイプの水素水は、

マイクロクラスター、ゼオライトなどの化学成分を使用し、

水に溶けることで水素を発生させるものです。

 

 

 

ですので、水に充填させる水素水とは、

基本的に作り方が異なります。

 

 

 

ですのでただの水とは言い切れないものではあります。

 

 

 

実際に口コミ情報などを見てみても、

稀にですが合わない、お腹の調子が悪いといった、

否定的な口コミを見受けることもあります。

 

 

 

ですので、万人向けとは言い難い水素水となります。

 

 

もちろんメリットもある

 

 

とは言え、否定的な部分ばかりではありません。

 

 

 

自分で作るタイプの水素水は、

 

○ 水素濃度が抜群に高い

○ 価格が比較的安くなっている

 

というメリットがあります。

 

 

 

まず水素濃度ですが、通常、水素が水に溶ける濃度は

1.6ppmが最高と言われており、これを上回ったものは、

蒸発しやすくなってしまいます。

 

 

 

ですので、容器詰めで販売されている水素水は、

この濃度を上回って販売されているものはありません。

 

 

 

仮に合ったとしても、実際にあなたの手元に届き、

飲むときには上限内に収まっています。

 

 

 

これに対して自分で作るものは、水素発生時の濃度が高く、

作りたてを飲むことが出来ますので、

この濃度を上回っていることも多いです。

 

 

 

作りたてを飲むことが出来ますので、

蒸発の心配も少なく、何よりも水道水で作ることができるため、

手軽に飲むことが可能です。

 

 

更に価格も安い

 

 

次に価格設定に関してですが、

容器で販売されているものは価格が高めに設定されており、

決して安価とは言えません。

 

 

 

安くても1ヶ月程度で7,000円程度になるものが多く、

種類によっては10,000円近くになるものもあります。

 

 

 

これに対して自分で作るものは、

種類によっては半額程度で購入することが出来ますので、

価格という点で見た場合はこちらのほうが圧倒的に有利でしょう。

 

 

 

最終的にはその人の判断ということになりますが、

どちらにもメリット、デメリットがありますので、

自分の好みで水素水を選んで良いと思います。

 

 

水素水をサーバーで飲むのは「有り!?」「無し!?」あなたにはどちらがおすすめ!?

読了までの目安時間:約 5分

 

水素水はアルミパウチで販売されているものが多いです。

 

 

その他に、あなたもご存知のように「水素水サーバー」という、

自分で水素水を自宅で作ることが出来るものも販売されています。

 

 

サーバーを購入する費用が初期投資で掛かりますし、

サーバーをレンタルする場合も毎月の費用が発生します。

 

 

ですが、トータル的な価格で見た場合は

水素水サーバーの方が安く済みますので、

金額だけを見れば水素水サーバーに軍配が上がります。

 

 

反面、水素水サーバーにはデメリットも存在しますので、

これについてもご紹介します。

 

 

まず、水素水サーバーはアルミパウチの水素水と比べた場合、

どうしても水素濃度が低いです。

 

 

アルミパウチの場合は、

平均1.0ppm程度、高いものであれば1.6ppmと

水素が水に溶ける最高濃度レベルのものがあります。

 

 

ですが、水素水サーバーの場合、

ほとんどが0.6~0.8ppmとなり、

場合によっては水素濃度が半分以下になります。

 

 

よって、少ない水分で効果を得たいという方は

サーバーよりもパウチの方が良いでしょう。

 

 

私自身水分をあまり取らない体質ですので、

どちらかと言えばパウチタイプの方が良いです。

 

 

次に、先ほどの話に関連しますが、

パウチタイプは水素が外に漏れにくいように配慮された容器を使用していますが、

サーバーの場合はそのような容器が存在しないため、

水素の蒸発を防ぐためにはあまり時間をかけずに水素水を飲む必要があります。

 

 

つまり、短時間である程度水分を取る必要があるということになります。

 

 

 

これは保存が出来ない関係上やむを得ないと考えるしかありませんが、

やはり水素濃度が多く、保存もできる方が良いかなと思います。

 

 

そして何よりも、水素水サーバーは初期コストがかなり高く、

物によっては10万円程度になるものもあります。

 

 

それでいて1年単位でメンテナンスが必要になるものも多く、

長期的に見た場合ではパウチよりは安く済みますが、

それでもコスパが良いとは言えないかなと思っています。

 

 

これで水素濃度が同じぐらいなのであれば、

サーバーのほうがおすすめですと言えたのですが、

濃度ではアルミパウチのほうが優れているため、

その点は少し引っかかっています。

 

 

つまりどちらにも優れた点があり、

どちらを選んでも正解ということになるでしょう。

 

 

 

 

以上の違いやデメリット特徴があります。

 

 

どちらを選ぶかはもちろん自由ですが、

アルミパウチ、サーバーの違いを良く理解しておくことで、

購入して損をしたということは防ぐことができるため、

参考にしてみてください。

 

水素水の飲み方には注意が必要!?知っておくべき特徴とは??

読了までの目安時間:約 5分

 

あなたがもし水素水をすでに飲んでいる、

もしくはこれから飲もうとしているのであれば

注意しておくべきポイントがあります。

 

 

それは、水素の蒸発です。

 

 

水素水は、その名の通り水の中に水素を溶け込ませていますが、

そもそも水素自体が非常に蒸発しやすいという特徴があり、

空気に触れることですぐに蒸発してしまいます。

 

 

もともと水素は大気中の大部分を締めており、

不足するということは有りえませんが、

私達の体には本来取り込まれない成分です。

 

 

ですので、意図的に取り込む必要があるということですね。

 

 

さて、水素水を飲む際には、

 

 

アルミパウチで水素水を飲んでいる場合は、空気を中に入れないようにする。

自分で作って飲むタイプは、できるだけ早めに飲んでおく。

 

 

これらの点に注意しておくと良いでしょう。

 

 

例えばアルミパウチの水素水の場合、

500mlの数量で販売されているものも多く、

これを短時間で飲めないという人も多いでしょう。

 

 

私自身水分をあまり取らない体質ですので、

この数量の水を一度に飲むというのは少し厳しかったです。

 

 

たまになら良いのですが、水素水自体、

毎日飲むことを前提にしているため、

なおさらきつく感じてしまいました。

 

 

では、どのようにしておけばよいのでしょうか?

 

 

それは、開封後に保存しておく場合は、

水素水を溢れる状態にしておき、

空気が入らないようにしてキャップを締めておくことです。

 

 

これで空気にが入りにくくなるため、

水素の蒸発を防ぐことができるようになります。

 

 

とは言え、この方法ももちろん完璧ということではなく、

水素の蒸発が遅くなるだけですので、

一番良いのはやはり時間を開けずに飲むことでしょう。

 

 

自分で作るタイプの場合は??

 

 

自分で水素水を作る、

いわゆる水素水のスティックなどを使用するものは、

水素の蒸発が早いことに注意しておくべきです。

 

 

というのも、このタイプのものは、安価で購入することができる分、

アルミパウチのような特殊な容器を使用していないため、

作りたてを飲むことを前提に作られているためです。

 

 

つまり、先程のアルミパウチのように、

水素の蒸発を防ぐ手段がないということになります。

 

 

ですので、作った水素水はあまり時間をかけずに飲んでおきましょう。

 

 

以上のようなデメリットはありますが、

価格が安いという点、そして水素発生剤を使用しているため、

水素の濃度もアルミパウチよりもかなり高いです。

 

 

ですので、相応の魅力があるタイプであることは

間違いないと言えます。

 

 

 

以上、それぞれの水素水の特徴をご紹介しました。

 

 

あなたが今後水素水を使用するのであれば、

このような注意点を踏まえて使用したほうが良いでしょう。

 

 

 

管理人おすすめの水素水

7Water(セブンウォーター)
通販口コミ画像2016-3-14_23-5-46_No-00 - コピー

脅威の水素濃度7.0ppm!
文句なく高い濃度を誇る水素水です。

button_001

管理人情報
キャプチャ62

初めまして!

青森県在住のユッキです!

水素水を使用した体験談を元に効果やデメリットをご紹介していきます。

お問い合わせはこちら

ブログランキング参加!

健康食品の人気のブログは??
↓↓↓

水素水カテゴリ一覧
メタ情報
タグ情報
アーカイブ