水素水の効果とデメリット

【知らなきゃ損】水素水の効果とデメリットとは!?

知らなきゃ損!巷でさまざまな効果が提唱されている水素水には十分な効果があるものの、デメリットもあります。高額な水素水を試す前にますは知りたい水素水の豆知識をご紹介!詐欺にだまされないため、厳選した水素水ランキングも!

水素水の入れ物は普通のものではだめ!?その理由とは?

読了までの目安時間:約 5分

 

水素水は基本的にただの水ではあるものの、
その取扱は少しデリケートです。

 

 

普通の容器に入れていたのでは、

水素水の効果は半減してしまいますし、
放置している時間によっては、

水素の効果がまったくないただの水になってしまいます。

 

 

ですので、適切な容器に入れておく必要があります。

 

 

例えば一般的に販売されている水素水は、

アルミパウチのものが多いです。

 

 

もしあなたが水素水を見たことがあるのであれば、
このような容器に封入されているのを見たことがあると思います。

 

 

これは網目の細かいアルミを、

何層にも重ねて作られたものであり、
かなり細かく作られています。

 

 

このように作ることで水素を外に逃さず、
容器の中に封じ込めておくことができるのです。

 

 

また、アルミ自体が水素を吸着しやすいという特徴があり、

水素を容器に閉じ込めておくのにも適しているとされ、

アルミが使用されています。

 

 

 

水素は非常に蒸発しやすい

 

 

水素は非常に分子サイズが細かいとされており、

宇宙一小さいとも言われています。

 

 

ですので、完全に封じ込めておくのは、

非常に難しい成分でもあります。

 

 

そして最大のデメリットなのですが、

水槽は空気に触れることで、

すぐに蒸発してしまうという厄介な性質があります。

 

 

つまり、空気に長時間触れる前に飲んで置かなければ、

水素を体内に取り込むことができないということです。

 

 

この厄介な性質があることで、

容器も密封度の高いものにしなければなりませんし、

真空状態にしておく必要があるということになります。

 

 

 

 

水素の効果

 

 

水素にはこういったデメリットがありますが、

それを補って余りある効果があります。

 

 

それは、強力な還元力です。

 

 

水素の還元力はさまざまな成分の中でもトップクラスとされており、

体内に入れることでさまざまなアンチエイジング効果が

期待できることになります。

 

 

還元力を持っている成分は、コエンザイム、コラーゲン、

各種ポリフェノール等、数え切れないほどあります。

 

 

化粧品であったり、健康食品であったりと、

さまざまな用途に還元力は活用されています。

 

 

ですが水素に関しては、分子サイズが非常に小さいことで、

還元力が人間の細胞レベルにまで効果を及ぼしてくれると

言われており、トップに位置づけられています。

 

 

分子サイズが小さいというのは、

蒸発しやすいというデメリットはあるものの、

それ以上に大きなメリットがあると言うことが出来ます。

 

 

水素の容器に関しては、

アルミパウチが適していると言われており、

水素水は多くの商品がアルミパウチで販売されています。

 

 

逆を言えば、それ以外のものは、

水素が蒸発しやすいというデメリットを持っているのです。

 

 

 

水素水にはスティックタイプのものがある!?普通の水素水とどこが違う?

読了までの目安時間:約 5分

 

水素水は大きく分けると2つの種類があります。

 

それは、

 

○水素発生剤を用いて自分で作るもの

○水素を水に圧縮充填して作ったもの

 

この2つです。

 

 

一般的に販売されているものは、

この2つのどちらかになっていると思って良いです。

 

 

スティックタイプのものと言えば、

前者のものが該当します。

 

 

これは原料がゼオライトなどの鉱石、

マイクロクラスターといった化学成分、

岩塩を使用したものなどがあります。

 

 

これらを水に混ぜることで、

水素を多量に発生させ、その水を飲むことで

水素を体内に取り入れることが出来ます。

 

 

この仕組の関係上、自分で水素水を作る必要があり、

若干手間に感じるかもしれませんが、

水に浸しておくだけで水素が発生するため、

そこまで手間になるようなものではないです。

 

 

ただし、毎日続けるのであれば、

当然毎日作る必要がありますので、

その点を踏まえておいたほうが良いでしょう。

 

 

水素の発生量が多く、容器も特に問わないため、

価格も比較的手頃に購入することができます。

 

 

価格を抑えたい方にはうってつけの水素水ですが、

原料が水ではなく、化学反応を起こすという仕組み上、

万人向けの水素水とは言えないかもしれませんね。

 

 

私は使用していて特に不都合は感じませんでしたが、

合う・合わないが考えられる水素水といった位置付けです。

 

 

ですが、それを差し引いても、

水素濃度も高く価格も手頃であるため、

おすすめできる水素水であることは間違いないでしょう。

 

 

圧縮充填したタイプ

 

 

これに対して、水素を圧縮充填したタイプは、

アルミパウチに封入されて販売している水素水です。

 

 

原料となる水も全国の名水を使用しているため、

美味しく飲むことが出来ます。

 

 

デメリットとしては、水素を水に充填するのに、

上限が決まっているという点です。

 

 

水素が水に溶ける濃度は1.6ppmとされており、

これを超えた場合は水素が蒸発しやすくなるため、

基本的にこれを超えるものはありません。

 

 

水素発生剤を用いたものに比べると、

濃度という点で劣ります。

 

 

また、水素を外に逃さないように、

アルミパウチを使用しているため、

容器にもお金がかかってしまい、

トータル費用では水素発生剤よりも高くなります。

 

 

ここまで書くとデメリットのほうが多く感じますが、

それを補ってくれるのが万人向けであるというものです。

 

 

原料はあくまでただの水であり、

化学反応するということもないため、

どのような方が使用しても副作用は考えられないでしょう。

 

 

また、味を楽しみながら水素水を飲めるのもポイントです。

 

 

実際に私の地元の渓流を使用した水素水を飲んでみましたが、

味オンチの私でも違いが分かるほどです。

 

 

そう考えた場合は、長く続けていきやすいという

メリットもあるかもしれませんね。

 

 

以上が水素水の主な特徴になります。

 

 

 

 

水素充填時と飲む時の水素濃度の違いは?実はこんな落とし穴が!?

読了までの目安時間:約 5分

 

 

水素を充填するタイプは全国の名水を使用し、

水素を溶けこませているものです。

 

 

このタイプの水素水はもっとも種類が多く、

一般的な水素水ということができます。

 

 

スーパーなどで販売されているものもあるため、

なんとなく知っているという方も多いのではないでしょうか。

 

 

さて、このタイプの水素水では、

水素濃度に変化があり、実際に飲むときは水素濃度が下がっているのをご存知ですか?

 

 

それが充填時と飲むときの濃度の違いです。

 

 

例えば、水素を充填したときに「充填時の水素濃度1.8ppm~2.4ppm」

といった記載がある場合は、飲むときには1.6ppm程度まで水素が落ちている

そいったものです。

 

 

これは水素を完全に閉じ込めておくことができないということ、

そして水素が水に溶けるときの最大濃度が関連しています。

 

 

まず水素の特徴として、

宇宙一小さい粒子であるというものがあります。

 

 

ですので、どんなに優れた材質であっても、

水素を完全に閉じこめておけるわけではありません。

 

 

よって、水素充填時よりも飲むときのほうが、

どうしても水素濃度は下がってしまいます。

 

 

これは欠点とも言えますが、

水素の特徴を考慮した場合はやむを得ないと言うしかありません。

 

 

ちなみに、アルミパウチの水素水が主流となっているのは、

アルミの網目が細かいことや、アルミ自体が水素を吸着しやすい特徴があるため、

水素を閉じ込めておけるという特徴があるためです。

 

 

とは言え、それでも水素を完全に閉じ込めておけるわけではない

ということになります。

 

 

水素の最大濃度

 

 

水素が水に溶ける最大濃度(いわゆる飽和状態)は、

1.6ppmとされています。

 

 

つまり、これを超えて充填した場合、

水素の蒸発が通常よりも早くなるため、

1.6ppmまで落ちやすくなっているということになります。

 

 

先程お伝えしましたが、

1.8ppmとか2.4ppmといった記載は、

決して間違っているわけではありません。

 

 

これはあくまで水素を充填する際の濃度ですので、

充填時にはその濃度を出すことができているでしょう。

 

 

ただし、充填時にはその濃度であったとしても、

蒸発が早くなっていますので、

実際に飲むときにはその濃度になっていることはありません。

 

 

これも水素の飽和濃度が決まっている以上、

やむを得ないと言うしかありません。

 

 

ですが、最近の水素水では、

わざと1.6ppmを超えた高い濃度の水素を充填するようにしており、

飲むときには1.6ppm程度になっているものが多いです。

 

 

つまり下がることを見越して水素を充填しているということですね。

 

 

 

以上が水素充填時と飲むときの濃度の違いになります。

 

 

あなたがいま購入しようとしている水素水は、

充填時、飲むとき、どちらの濃度が記載されていますか?

 

 

今一度確認してみるのも良いでしょう。

 

 

水素水はペットボトルではダメ?その理由とは?

読了までの目安時間:約 5分

 

水素水を使用しいているのであれば、

ペットボトルを使用するべきではないです。

 

 

これは覚えておいたほうがよいでしょう。

 

 

もともと水素は分子サイズが非常に小さいのが特徴ですが、

もうひとつ忘れてはいけないのが、

空気に触れることですぐに蒸発してしまうというものです。

 

 

これは残念ながら、

ペットボトルでは防ぐことができないようです。

 

 

もちろん、アルミなどの容器でも完全に防ぐことは出来ませんが、

少なくともペットボトルより気密性が高く、

外に漏れにくい構造になっています。

 

 

例えば、水でもジュースでも何でもいいのですが、

ペットボトルで販売されているものをイメージしてみてください。

 

 

もちろん、理論的には中の液体は外にこぼれないようになっています。

 

 

ですが、時間が経つと共にペットボトルの表面が湿っている・・・

というのを経験した方は多いでしょう。

 

 

実はこれこそが、中の液体を完全に閉じ込めてはいないということになります。

 

 

ましてや水素の分子サイズは非常に小さいため、

水素水の保存はペットボトルでは不向きなようです。

 

 

これは水素水がどのように販売されているかを見ればすぐにわかります。

 

 

水素水は基本的にアルミパウチで販売されていますが、

これは網目が細かく作られており、

さらに水素を外に漏らさないように何層にも重ねられて作られています。

 

 

よって、完全とはいえませんが

水素を外に漏らさないように工夫がされています。

 

 

水素水がペットボトルなどで販売されていないのは

このような仕組みがあるためです。

 

 

そしてこのアルミパウチの容器を使用しているということもあり、

水素水は価格が高めに設定されているとも言えます。

 

 

作りたての水素水

 

多くの水素水がアルミパウチのもので販売されていますが、

それ以外の販売方法があります。

 

 

それは、水素発生剤を用いて、自分で水素水を作るタイプです。

 

 

この場合は出来たてを飲むことが出来ますので、

ペットボトルでも可能ということになります。

 

 

ただし、気密性が高いほうが望ましいことに変わりはありません。

 

 

ただし水素の蒸発を防ぐ方法がまったくないことになりますので、

出来上がった水素水はすぐに飲む必要があります。

 

 

また、アルミパウチの水素水と違い、

容器にお金がかかるわけではないため、

コストがそれほどかからないというメリットもありますし、

何よりも水素濃度がかなり高いという特徴があります。

 

 

水素水の販売方法は1種類だけではなく、

自分で作るタイプのものもあり、

その場合は安価に済ませることが出来ますし、

必ずしも容器にこだわらなくても良いということですね。

 

 

毎日作り続けるのが面倒でなければ、

こういった水素水を選ぶのも一つの手と言えるでしょう。

 

 

水素水はどこで購入できるか?通販との差は何?

読了までの目安時間:約 6分

 

水素水はなにも特別な製品ではありません。

 

 

ぶっちゃけ、スーパーやドラッグストア等、

どこにでも売っています。

 

 

例えば、私の場合は青森県在住ですが、

近所のイオンに2~3種類の水素水が売られています。

 

 

どれも1パック250円前後(税別)で販売されており、

水素濃度は0.8~1.2ppmといったところです。

 

 

至って標準的な水素水といったところでしょうか。

 

 

では、こういった店頭で購入することができるものと

通販でしか購入することが出来ないものは、

どのぐらいの差が有るのでしょうか?

 

 

例えば、同じ条件のアルミパウチ水素水で

最もおすすめしている「浸みわたる水素水」と、

1ヶ月分の数量で比較してみると、

 

1ヶ月分の数量の価格に関しては、

浸みわたる水素水は8,820円(初回6,300円)

店頭販売の水素水は8,100円(初回の割引なし)

 

といったところで、店頭販売の水素水の方に軍配が上がります。

 

 

濃度に関しては、

 

浸みわたる水素水は1.6ppm

店頭販売の水素水は0.8~1.2ppm

 

となっており、浸みわたる水素水の方が1.5倍以上の濃度を誇っています。

 

 

実際に比較してみるとこの差が分かりますが、

「水素濃度を重視しているパウチの水素水」ということが出来ます。

 

 

よって、店頭販売よりも1ヶ月分の数量で価格差が有りますが、

その分濃度はかなり多いため、結局は何方を取るか?

ということになってくるでしょう。

 

 

私はどちらかと言えば、価格よりも効果や成分量を重視するタイプですので、

この場合は浸みわたる水素水をおすすめします。

 

 

 

店頭販売の場合で注意するべきこと

 

 

店頭で販売しているものであれば、

少し注意が必要なのが、容器と置いてある期間です。

 

 

まず容器に関してですが、通販で販売されている水素水では、

網目の細かいアルミの4層構造になっており、

水素を外に逃さないように工夫がされています。

 

 

もちろん蒸発しやすい水素を外に逃さないようにするためです。

 

 

逆を言えばこのぐらいしないと水素を閉じ込めておけない

ということになりますね。

 

 

それで先程の店頭の商品に戻るのですが、

2~3種類合った水素水のうち、1つはアルミの3層構造になっており、

容器が少し安く作られているようです。

 

 

もちろん1枚あたりの厚さや網目の細かさなど、

他に比較できるポイントが有るかもしれませんが、

1枚少ないというのは少し引っかかりました。

 

 

次に置いてある期間です。

 

 

いくらアルミの容器に保存してあると言っても、

水素を完全に閉じ込めて置けるわけではなく、

少しずつですが蒸発していると考えるべきです。

 

 

充填時には1.6ppmだったのにもかかわらず、

飲むときには1.3ppmぐらいになっているのは、

このタイプの水素水では割とよくある話です。

 

 

ですので、2ヶ月前とかの商品が置いてあったりすると、

水素濃度がかなり低くなっている可能性があります。

 

 

もちろんこれは通販商品に対しても同じことが言えますが、

そのような可能性もあることを覚えておくと良いでしょう。

 

 

以上が点灯、通販商品との比較になります。

 

 

そこまで大きくは変わらないと思っていて良いと思います。

 

水素水は美容にも有効なのか??本当のところはどうなの?

読了までの目安時間:約 5分

 

水素水は美容に有効か?

 

 

女性であれば、

この点は非常に気になるポイントです。

 

 

あなたももしかしたら美容効果を求めて水素にたどり着いたのかもしれません。

 

 

結論から言うと、

水素のアンチエイジング効果は美容にも有効とされています。

 

 

というよりも、ヒアルロン酸やコラーゲン、ビタミンCなど、

数ある美容成分のなかでもトップに位置すると言われるほどです。

 

 

水素が強力な還元力を持っているのはもちろんですが、

それ以外に大きな特徴として、

水素は分子サイズが宇宙一小さいというものがあります。

 

 

よって、肌の内側にまで効果を及ぼしてくれることや、

人間の細胞にまでその還元力を働かせてくれます。

 

 

例えば、肌の場合は内側といえば角質層などが該当になりますね。

 

 

分子サイズが極限にまで小さいからこそ、

こういった内側の細胞にまで効果を発揮することが出来ます。

 

 

飲んで使う?それとも??

 

 

水素水はその名の通り水ですので、

通常であれば普通に飲むイメージがありますが、

美容に関して言えば、それ以外の使い方もあります。

 

 

それは、水素水を肌に直接塗るといった使い方です。

 

 

通常であれば水素水を飲むことで、

その還元力を体の内側から影響させていくことになりますが、

肌に直接塗ることで、外部から還元力を浸透させるという使い方もあります。

 

 

個人的にはこの使い方は「アリ」だと思っています。

 

 

美容に関連して考えた場合、

化粧水などをイメージするとわかりやすいのではないでしょうか?

 

 

化粧水の中には、ナノ還元水と呼ばれる、

粒子を非常に小さくした水が用いられている商品もあります。

 

 

これはもちろん、肌の内側に浸透させるため、

粒子を細かくすることでその効果をさらに実感しやすくするという目的があってのものです。

 

 

これと同じようなイメージと言えるのではないでしょうか?

 

水素の蒸発

 

 

水素水を化粧水として使用する場合に注意が必要なのは、

水素の蒸発です。

 

 

水素は空気に触れることであっという間に蒸発してしまいますので、

長時間空気に触れておくのはおすすめできません。

 

 

例えば水素水の殆どはアルミパウチに封入された状態で販売されていますが、

これはもちろん水素を外に逃さないためです。

 

 

ですので、化粧水のように使う場合は、

開封後にすぐに肌に塗るのが良いでしょう。

 

 

そうしておくことで水素の蒸発が早まってしまう前に、

権限力を肌に浸透させることが出来ます。

 

 

もちろん濃度に関しては測定のしようがないため、

断言はできませんが、水素が蒸発しやすい成分である以上、

開封後は早めに使用するのがベストです。

 

 

水素水はアトピーに効果あり!?本当なの?

読了までの目安時間:約 5分

 

水素水はアトピーにも効果があるのでしょうか?

 

 

水素水によって保湿効果を得られたという口コミがあり、

そのような効果の話を聞いてみると、

やはり気になるのはアトピーとの関連性ですよね。

 

 

私自身軽いアトピー持ちで、

関節部分や指周りが痒くなることがあります。

 

 

冬のように乾燥する季節でなくてもです。

 

 

とは言え、私の場合症状があまりひどくないので、

水素水との関連性はあまり気にしていませんでした。

 

 

今回、「水素の還元力がこのアトピーに対して効果があるのか?」について、

使用前と使用後を比べてみることにしました。

 

 

誤解の無いように言っておきますが、

私自身重度と言えるものではなく、

せいぜい肘などのからdなお一部が痒くなる程度のものです。

 

 

ですので、この程度でアトピーというのも、

アトピーで苦しんでいる人には申し訳ないような気もしますが、

一応試したので書いておきます。

 

 

少しもったいないような使い方をしたのですが、

保湿効果を狙い、アトピーと思われる箇所に、

定期的に水素水を塗るようにしてみました。

 

 

もちろん直ぐに効果が出るとは思っていないため、

1ヶ月程度を目安に続けてみました。

 

 

その結果、水素水を飲んでいる段階ではあまり効果を実感できなかったものの、

水素水をアトピーの症状が出ている箇所に塗ったところ、

以前よりも症状が軽くなったような気がします。

 

 

時期によっては痒みが続き、

ひどい時はかきすぎてかぶれてしまうということもありましたが、

今ではそういったことが少なくなってきています。

 

 

もちろん、全く無いというわけではありませんが。

 

 

また、アトピー特有の症状である

「乾燥状態が続き、白い粉が出てくる」のも良くなってきました。

 

 

そもそもアトピーは、

皮膚の乾燥状態が続くことによるものです。

 

 

水素の還元力の効果により、

保湿状態が良くなり、乾燥状態が緩和されたということでしょうか。

 

 

水素は非常に小さい分子ですので、

肌の内側の角質層などにも浸透しやすく、

肌の内側の細胞が活性化されることで保湿効果を得ることが出来ても不思議ではありません。

 

 

口コミの評価でも、

稀に「アトピーの症状が良くなった」というのを見かけます。

 

 

これは、明確に公式サイトで謳われている効果ではありませんが

(そもそも飲むことを前提にしているため、当たり前といえば当たり前ですが。)、

こういった効果も見込めるようですね。

 

 

いまだに謎の多い水素ではありますが、

やはりこの還元力の高さは魅力と言えるでしょう。

 

 

私はそこまでアトピーで悩んでいるというわけではなく、

むしろ飲んだ方の健康効果に期待をしているため、

継続的に使用する・・・ということはありませんでしたが、

このような効果が得られています。

 

 

一つの参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

 

水素水は特殊な技術で作られるため、価格が高いようです

読了までの目安時間:約 5分

 

 

水素水は水素を水に充填させる方法を取っています。

 

 

また、全国の名水を使用しているものがほとんどです。

 

 

これらの理由があり、価格設定が少し高めになっています。

 

 

それだけ?と思うかもしれませんが、

実際に飲んで見れば分かりますが、

自宅の水道のように薬品等を一切使用していないため、

非常に口当たりがよく、ミネラルも豊富です。

 

 

つまり、とても美味しいです^^

 

 

水に興味がなく、味オンチな私であっても

その違いには気づいていましたのでこれは明確でしょう。

 

 

実際、いくら健康によい水素水とは言え、

あまり美味しくないものをパックに詰めて販売していれば私なら買いませんしね。

 

 

また、水道水は雑菌を繁殖させないようにある程度薬品が入っていますので、

水素とも相性が悪いと思います。

 

 

名水を使用しているのはこういった理由が想定され、

価格が高くなる理由の一つだと思われます。

 

 

次に、水素を充填しているという作り方によるものです。

 

 

水素は水に溶けるものの、

当然簡単に充填するということは出来ません。

 

 

水素を水に溶けこませるためには、

圧縮充填するための専用機器が必要になります。

 

 

これも大きな要因とはいえませんが、

ただ混ぜるものではないため、

ジュースを製造するよりもコストが掛かるようです。

 

 

もともと水素は宇宙一小さい粒子であるという特徴があり、

容易に水に溶かすことは出来ません。

 

 

ですので、専用の機器が必要になるようです。

 

 

コストを補う効果

 

 

これが水素水が高額な原因ですが、

それを補って余りある効果があります。

 

 

それが還元力です。

 

 

水素が持っている還元力を活用することで、

私達の細胞から酸素を切り離し、

錆びついてしまった体を癒やし、

活発にしてくれる効果があります。

 

 

これはアンチエイジング、新陳代謝など、

さまざまな効果に期待できると言われています。

 

 

また、先程お伝えしたとおり、

宇宙一小さい粒子であるという特徴もあり、

細胞レベルでの還元能力が行き届きやすいのも特徴です。

 

 

還元力を持った成分はコエンザイム、ヒアルロン酸、コラーゲン、

各種ポリフェノール等さまざまありますが、

粒子の小ささから、還元力はトップクラスと言われています。

 

 

ですので、水素の還元力は抜群に高いとされており、

今後ますます注目が深まっていく成分といえるでしょう。

 

 

もしあなたがアンチエイジングで

商品をお探しなのであれば、

水素を選んでみてはいかがでしょうか?

 

 

最近では初回の割引が付いたものが多数ありますので、

まずは一度試してみると良いでしょう。

 

 

 

水素水の効果って嘘なの?

読了までの目安時間:約 5分

 

 

しばしばこのような質問を受けることが有ります。

 

 

水素水って詐欺商品ではないですか?と。

 

 

これに対して前置きしてお伝えしておきたいのが、

水素水であろうと水素サプリメントであろうと

健康食品に分類されるものであり、医薬品とは内容が異なります。

 

 

医薬品とは病院で医師の許可を得たものであり、

普通の店舗で購入することが出来ません。

 

 

それに対して、健康食品はその名の通り健康を維持するために

栄養のサポートをするのが目的であり、用途性が全く異なります。

 

 

ここからが本題ですが、健康食品は絶対的な効果を表示、記載することが出来ず、

あくまでその効果に期待が持てるという類のものです。

 

 

例えば処方箋を受け取る際に、

必ず何の成分がどのぐらい入っており、何の効果を示しているのか?

 

 

書かれているものを渡されているでしょう。

 

 

これが健康食品と医薬品の大きな違いです。

 

 

さて、前置きが長くなりましたが、

水素水もあくまで健康補助食品に分類され、絶対的な効果は保証出来ませんし、

何よりも嘘か?本当か?という話では無いです。

 

 

ですので、嘘なの?と思う方もいるでしょうし、

そうではなく効果が実感できたという方もいるわけです。

 

 

こればかりは医薬品と性質が異なる以上、

やむを得ないと言うしかありません。

 

 

とはいえ、参考にできるものがまったくないわけではありません。

 

 

嘘かどうかの判断はこれ

 

 

それは、口コミで判断することです。

 

 

例えば有名なところでは楽天などが該当するでしょう。

 

 

楽天では多数の商品を扱っており、

そして水素水も例外ではありません。

 

 

そのなかの口コミ情報なんかを見てみれば分かりますが、

効果に関しても多数の書き込みがあります。

 

 

これを参考にすることで目安にすることが出来ます。

 

 

水素水に関しての口コミ情報を見てみると、

 

○ 美味しい

○ 体が軽くなった

○ 汗をかくようになってきた

○ 体重が減ってきた

○ スッキリする

○ イマイチ

○ 値段が高い

 

等、さまざまな口コミ情報を見ることが出来ます。

 

 

好印象なものもあれば否定的なものもありますので、

これらを参考にして本当かどうかを見極めてみると良いでしょう。

 

 

私自身の体験談をもとに言いますが、

2周間ぐらいは特に何も感じませんでした。

 

 

ですが、1ヶ月ほど使用推したあたりで、

朝のだるさがなくなってきたなと思いましたし、

寝汗をかくようになってきました。

 

 

また、健康のためにジョギングをしていますが、

そのときに汗をかく量も増えてきたなと思いました。

 

 

最初は疑っていたのですが、

水素の還元力を実感できたと思います。

 

 

 

 

水素水にはこんなデメリットもある!?知っておくべきこととは?

読了までの目安時間:約 5分

 

 

もしあなたが水素水に興味を持っているのであれば、

購入する前にデメリットも知っておいたほうがよいです。

 

 

デメリットを踏まえたうえで購入を検討したほうが、

後々失敗しなくて済みますので、

ぜひ把握しておきましょう。

 

 

1 嵩張る

 

これはアルミパウチの水素水に関するものになりますが、

1パック単位で販売されており、1ヶ月分の数量がダンボール等で届くため、

若干ですが嵩張る印象があります。

 

 

アパートなどにお住まいの方は

なおさら気になるのではないでしょうか?

 

 

また、容器も毎日飲んで捨てることになりますので、

嵩張るというデメリットが有ります。

 

 

最もダンボール1個ですので、

そこまで気にならないと言う人もいると思いますが、

毎日の量を考えた場合、デメリットになりえます。

 

 

こればかりは、感覚によるものですが、

念の為お知らせしておきます。

 

 

2 水素が蒸発しやすい

 

水素は蒸発しやすく、

空気に長時間触れれば急激に水素濃度が低くなります。

 

 

アルミパウチタイプのものは、

容器の中に水素を入れないようにすることで

ある程度は蒸発を防ぐことが出来ますが、それも完全とは言えません。

 

 

よって、早めに飲むのが最も効果的なのですが、

水分を一度に多量に摂るのが苦手という人には若干不向きかもしれません。

 

 

1つの容器で500ml程度で販売されているものが多いため、

これを短時間に飲むのが難しいという方もいるのではないでしょうか?

 

 

また、自分で作って飲むタイプであるセブンウォーターは、

特殊な容器を使用していないため、蒸発も早いです。

 

 

よって、やはり早めに飲む必要があるというデメリットがあります。

 

 

3 自分で作るものは若干手間かもしれない

 

 

セブンウォーターが該当しますが、

これは自分で水素水を作って飲むタイプになります。

 

 

もちろん、特殊な方法ではなく、

送られてきた水素発生剤を水に浸して一定時間置くだけですので、

それほど手間はかからないでしょう。

 

 

ですが、これが毎日となれば多少面倒という方もいるかもしれません。

 

 

私自身の経験ですが、自分で作るタイプの水素水を放置していた所、

子供がいじってしまったこともありました。

 

 

まあ手の届かないところに置いておけば・・・

と言われればそれまでですが、

やはり子供は気になるのでしょうね。

 

 

そういった経験もあり、少し手間に感じました。

 

 

 

 

以上が私自身が感じたデメリットになります。

 

 

こうして書いてみると大きなデメリットのように感じますが、

忘れてはいけないのが、それを補って余りある効果を得ることが出来るという点です。

 

 

多少の手間は私だったら目を潰れるレベルかなと思います。

 

 

これらを考慮しても、水素水を試してみる価値がある!

そのように思います。

 

 

管理人おすすめの水素水

7Water(セブンウォーター)
通販口コミ画像2016-3-14_23-5-46_No-00 - コピー

脅威の水素濃度7.0ppm!
文句なく高い濃度を誇る水素水です。

button_001

管理人情報
キャプチャ62

初めまして!

青森県在住のユッキです!

水素水を使用した体験談を元に効果やデメリットをご紹介していきます。

お問い合わせはこちら

ブログランキング参加!

健康食品の人気のブログは??
↓↓↓

水素水カテゴリ一覧
メタ情報
タグ情報
アーカイブ