水素水の効果とデメリット

【知らなきゃ損】水素水の効果とデメリットとは!?

知らなきゃ損!巷でさまざまな効果が提唱されている水素水には十分な効果があるものの、デメリットもあります。高額な水素水を試す前にますは知りたい水素水の豆知識をご紹介!詐欺にだまされないため、厳選した水素水ランキングも!

水素水は危険な飲み物??まずはこれを見るべし!

読了までの目安時間:約 5分

 

水素水はその名の通り水素を水に溶かしたものです。

 

 

これが危険なの?と思う方も少なくないようですが、

作り方をご紹介することでなんとなくイメージができる

と思いますので、その点について触れていきます。

 

 

まず水素水の作り方は大きく分けて2種類あります。

 

 

それは、

 

○特殊技術により水素を閉じ込める方法

○化学成分を活用し、水素を発生させる方法

 

この2つです。

 

 

細かく言えばもう少しあると思いますが、

概ねこれらの方法だと思って良いでしょう。

 

 

ではまず1つ目の水素を閉じ込める方法ですが、

これは主にアルミパウチやアルミ缶で販売されているものです。

 

 

 

このような容器を見たことがあるかもしれませんが、

これに水を入れ、水素を圧力によって封入することで、

水素濃度が高くなります。

 

 

水素が多めに入っているとは言え、

基本的にただの水であり、

水で副作用を起こす・・・なんてことはまずありません。

 

 

いわゆる万人向けの水素水といったところです。

 

 

アルミパウチも至って普通のデザインのものですので、

持ち歩きをするのにも違和感がないでしょう。

 

 

ただし水素がみずに溶ける最大濃度は決まっており、

その範囲内で水素を封入しているため、

水素系の商品の中では濃度が低い方です。

 

 

化学成分を使用した水素水

 

 

もう一つの水素水は、マイクロクラスター、

岩塩、ゼオライトなどの鉱石を使用した水素水です。

 

 

これらは水と混合することで水素を発生させる

という特徴があり、これを活用した水素水ということになります。

 

 

また、作られたものを購入するわけではなく、

自分で作る水素水になります。

 

 

名水を使用するわけではありませんので、

極端な話、水道水でも作ることができます。

 

 

これは特殊技術を必要とするものではなく、

容器も特に必要がないため、

コストを抑えた水素水といったイメージでしょう。

 

 

また、水素を化学反応によって発生させる仕組み上、

水素濃度もかなり高くなっており、

単純に効果を重視するならこちらのほうが有利です。

 

 

繰り返しになりますが、コスト面でも優れています。

 

 

ただし、化学成分を使用している以上、

万人向けのとは言い難いものではあり、

そこがデメリットとなります。

 

 

もちろん危険性があるということではないものの、

体に合わなかったという口コミも少し見受けられ、

使用を断念した人もいるようです。

 

 


 

 

以上がそれぞれの水素水の特徴になります。

 

 

危険ということではありませんが、

作り方によっては自分に合わないというものも存在する。

 

 

水素水に関してはそのようなイメージがあります。

 

 

とは言え、水素水が持っている還元力はとても高く、

アンチエイジングを始めとしたさまざまな効果がありますので、

その点を踏まえて購入を判断すると良いでしょう。

 

 

水素水の価格の相場はどのぐらい?

読了までの目安時間:約 6分

 

 

水素水って価格の相場がどのぐらいなのでしょうか?

 

 

水素水は販売形態がそれほど多くはないため、

ある程度は目安というものがあります。

 

 

これに関して、まず知っておかなければならないのが、

 

パック詰めされたものを使用するのか?

あるいは、自分で水素水を作るものを使用するのか?

 

 

という点です。

 

 

パック詰め(正確にはアルミパウチ)のものは、

そのまま開けて飲むだけでいいので手間がかかりません。

 

 

これが1ヶ月分、段ボール箱で届きますので、

スペースを気にしなければ非常に楽なのですが、

こちらのほうが高く、どんなに安くても

7,000円程度~10,000円程度になります。

 

 

逆に水素水を自分で作るもの。

 

 

これはゼオライトやマイクロクラスターなど、

水分に触れることで水素が発生するものを使用します。

 

 

これを使用することで、自分で水素水を作ることが出来ます。

 

 

若干手間に感じるかもしれませんが、

作り方は水と混ぜて少し待つだけのものがほとんどです。

 

 

価格はこちらの方が若干安く、

安いものであれば5,000円程度で購入できるものも有ります。

 

 

通常の水素水の相場といえばこのぐらいです。

 

 

なお、水素水は返金保証が付いているものが

あまり無いのが少々残念なところですが、

価格を抑えたお試し購入ができるものは有ります。

 

 

当サイトでは、浸みわたる水素水などがこれに該当します。

 

 

水素水を選ぶ場合は、これらのポイントを良く選び、

価格なども考慮して検討したほうが良いでしょう。

 

 

では、両者の特徴をご紹介します。

 

 

パック詰めしたもの

 

 

 

これはアルミパウチやアルミ缶に入れて販売されているものですが、

水素を外に逃さないように何層も重ね合わせて作られています。

 

 

原料となる水も日本の有名な名水を使用しているものが多く、

美味しく飲むことが出来ます。

 

 

またパウチタイプのものは見た目も普通であり、

持ち運びをするのにも適しているため、

場所を問わずに飲むことができます。

 

 

ただし、容器に対する費用がかかりますので、

やはり価格設定は高めになります。

 

 

水素はどうしても蒸発しやすいという性質があるため、

このように厳重にされています。

 

 

自分で作るタイプのもの

 

 

 

これはスティックタイプで販売されていますが、

自分で作ることができますし、発生時点ではパウチよりも水素濃度が高いため、

効果に期待できると思います。

 

 

価格も少し安めに設定されています。

 

 

また、スティックタイプですので、

持ち歩きをするのに向いていると言えるでしょう。

 

 

ただし、自分で作る以上、毎日となれば手間がかかりますし、

何よりも場所が限られてしまいます。

 

 

特に人目を気にする人には不向きと言えるでしょう。

 

 

また、スティックタイプのものは、

化学成分を使用しているため、

人によっては体に合わないという人もいるかもしれません。

 

 

 

以上が水素水の主な価格と特徴になります。

 

水素水はどこで売っているの?

読了までの目安時間:約 6分

 

 

通販でしか売っていないと思われがちですが、

水素水はスーパーなんかで普通に販売されています。

 

 

実際私の近所でもアルミパウチタイプの水素水と、

ゼオライトなどを使用し、水素を体内で発生させるタイプのものが

売られています。

 

 

ですので、近場で購入することが出来るのであれば、

必ず通販で水素水を購入する必要はないかもしれませんが、

以下のポイントで判断してみると良いでしょう。

 

 

◯継続して飲むかどうか?

◯通販の水素水と比較して優秀か?

◯実際に使用してみて問題ないか?

 

 

この3つです。

 

 

継続して飲むのであれば、

スーパーなどで購入する場合、結構苦労します。

 

 

定期的にスーパーに足を運んで一定量を購入しなければなりませんし、

何より水ですのでかなりの重量があります。

 

 

次に通販の水素水と比べることですが、

私の近場で売っているものは1パック300円程度ですので、

1ヶ月分の数量で考えた場合は、少々価格が高いです。

 

 

また、水素濃度も1.0ppmと、

特筆するほど高いわけでもありませんでした。

 

 

最後に、使用して問題がないかですが、

アルミパウチの水素水の他に、水素を発生させるタイプのものがあります。

 

 

価格も非常に安かったため迷わず購入しましたが、

お腹の調子が悪い日が続き、体に合わないと判断したため、

結局使用を断念しました。

 

 

 

色々と試行錯誤した結果、

今は通販の水素水を使用しています。

 

 

もちろん、市販の水素水が優秀な場合も十分ありえます。

 

 

前置きが長くなりましたが、

水素水は特別な製品などではなくどこでも売っている

ということですね。

 

 

市販の水素水と通販の水素水

 

 

どこでも購入することができる水素水ですが、

通販と市販はどのように違うのでしょうか?

 

 

もちろん作り方に違いはありませんが、

細かい点で見てみると、含有量、名水の栄養価という点では、

通販のほうが優秀のような気がします。

 

 

また、スーパーで売られているものは、

長期的に置かれているものがないとは言い切れません。

 

 

実際に私がよく行くスーパーでは、

売れ残りのワゴンのところに置かれていたこともあります。

 

 

この場合最も注意しなければならないこと。

 

 

それは、水素含有量がどれだけ落ちているのか?

という点です。

 

 

水素水をアルミパウチに封入しているものであれば、

水素が蒸発するのを防ぐことは出来ますが、

もちろん100%ということはありません。

 

 

開封していなくても、期間が経ってしまえば、

やはり水素の含有量は落ちてしまう可能性があります。

 

 

ですので、売れ残りのワゴンのところにあったものは、

どのぐらいの期間置かれていたのかが不明ですが、

少なくとも含有量が落ちてしまっている可能性があります。

 

 

そう考えた場合、注文形式で発注できる通販商品のほうが、

全国の名水を使用していたり、

水素充填後のあまり時間が経っていないうちに飲むことができるため、

優秀かなと思います。

 

 

実際に価格差も殆どないため(送料も無料の場合が多い)、

そう考えた場合は通販の水素水のほうが優秀と言えます。

 

 

管理人おすすめの水素水

7Water(セブンウォーター)
通販口コミ画像2016-3-14_23-5-46_No-00 - コピー

脅威の水素濃度7.0ppm!
文句なく高い濃度を誇る水素水です。

button_001

管理人情報
キャプチャ62

初めまして!

青森県在住のユッキです!

水素水を使用した体験談を元に効果やデメリットをご紹介していきます。

お問い合わせはこちら

ブログランキング参加!

健康食品の人気のブログは??
↓↓↓

水素水カテゴリ一覧
メタ情報
タグ情報
アーカイブ