水素水の効果とデメリット

【知らなきゃ損】水素水の効果とデメリットとは!?

知らなきゃ損!巷でさまざまな効果が提唱されている水素水には十分な効果があるものの、デメリットもあります。高額な水素水を試す前にますは知りたい水素水の豆知識をご紹介!詐欺にだまされないため、厳選した水素水ランキングも!

水素水にはスティックタイプのものがある!?普通の水素水とどこが違う?

読了までの目安時間:約 5分

 

水素水は大きく分けると2つの種類があります。

 

それは、

 

○水素発生剤を用いて自分で作るもの

○水素を水に圧縮充填して作ったもの

 

この2つです。

 

 

一般的に販売されているものは、

この2つのどちらかになっていると思って良いです。

 

 

スティックタイプのものと言えば、

前者のものが該当します。

 

 

これは原料がゼオライトなどの鉱石、

マイクロクラスターといった化学成分、

岩塩を使用したものなどがあります。

 

 

これらを水に混ぜることで、

水素を多量に発生させ、その水を飲むことで

水素を体内に取り入れることが出来ます。

 

 

この仕組の関係上、自分で水素水を作る必要があり、

若干手間に感じるかもしれませんが、

水に浸しておくだけで水素が発生するため、

そこまで手間になるようなものではないです。

 

 

ただし、毎日続けるのであれば、

当然毎日作る必要がありますので、

その点を踏まえておいたほうが良いでしょう。

 

 

水素の発生量が多く、容器も特に問わないため、

価格も比較的手頃に購入することができます。

 

 

価格を抑えたい方にはうってつけの水素水ですが、

原料が水ではなく、化学反応を起こすという仕組み上、

万人向けの水素水とは言えないかもしれませんね。

 

 

私は使用していて特に不都合は感じませんでしたが、

合う・合わないが考えられる水素水といった位置付けです。

 

 

ですが、それを差し引いても、

水素濃度も高く価格も手頃であるため、

おすすめできる水素水であることは間違いないでしょう。

 

 

圧縮充填したタイプ

 

 

これに対して、水素を圧縮充填したタイプは、

アルミパウチに封入されて販売している水素水です。

 

 

原料となる水も全国の名水を使用しているため、

美味しく飲むことが出来ます。

 

 

デメリットとしては、水素を水に充填するのに、

上限が決まっているという点です。

 

 

水素が水に溶ける濃度は1.6ppmとされており、

これを超えた場合は水素が蒸発しやすくなるため、

基本的にこれを超えるものはありません。

 

 

水素発生剤を用いたものに比べると、

濃度という点で劣ります。

 

 

また、水素を外に逃さないように、

アルミパウチを使用しているため、

容器にもお金がかかってしまい、

トータル費用では水素発生剤よりも高くなります。

 

 

ここまで書くとデメリットのほうが多く感じますが、

それを補ってくれるのが万人向けであるというものです。

 

 

原料はあくまでただの水であり、

化学反応するということもないため、

どのような方が使用しても副作用は考えられないでしょう。

 

 

また、味を楽しみながら水素水を飲めるのもポイントです。

 

 

実際に私の地元の渓流を使用した水素水を飲んでみましたが、

味オンチの私でも違いが分かるほどです。

 

 

そう考えた場合は、長く続けていきやすいという

メリットもあるかもしれませんね。

 

 

以上が水素水の主な特徴になります。

 

 

 

 

水素水はスティックタイプのものもある?どんなもの?

読了までの目安時間:約 8分

 

水素水は大きく分けて2種類のものが販売されています。

 

 

 

それは、

 

○水素を水に充填し、パウチなどの容器で販売しているもの

○水素水を自分で作るもの

 

この2つです。

 

 

 

厳密にはもう少しありますが、概ねこの2種類と思っておいて良いです。

 

 

 

水素水のスティックタイプのものは、

基本的に後者の方に分類されます。

 

 

 

ではこのタイプのものはどのような特徴を持っているのでしょうか?

 

 

 

その点について触れていきます。

 

 

水素発生剤を使用

 

 

自分で作るタイプのものは、水素発生剤と呼ばれるものを使用します。

 

 

 

マイクロクラスター、岩塩、ゼオライトなど、

化学成分、鉱石などを使用しているものになります。

 

 

 

これは、水分に触れることで水素を多量に発生させる

という特徴がありますので、それを活用した水素水ということになります。

 

 

 

ですので、名水を使用している水素水とはコンセプトが異なり、

水道水などでも普通に作ることができます。

 

 

 

毎日作るという手間は発生しますが、

基本的に発生剤を水に浸しておくだけですので、

そこを手間と考えるか、そうではないと考えるか、

といったところです。

 

 

水素発生剤のメリット

 

 

水素発生剤タイプのメリットは、

価格設定濃度です。

 

 

 

先程お伝えしたように、水道水でも作ることが出来ますし、

アルミパウチのような容器を使用しているわけではないため、

価格が抑えられており、安く購入することが出来ます。

 

 

 

1ヶ月分の数量で数千円のサガあるため、

価格を重視する方におすすめできます。

 

 

 

次に水素濃度に関してです。

 

 

 

水素が水に溶ける濃度は決まっており、

1.6ppmとされています。

 

 

 

これを超えた分は蒸発が早くなってしまうため、

基本的にこの濃度を上回ることはありません。

 

 

 

ですが、これはあくまでアルミパウチのような、

作った商品を届ける場合です。

 

 

 

水素発生剤は作っている最中に水素がどんどん発生していきますので、

それ以上の濃度の水素水を飲むことが出来ます。

 

 

 

これは水素水に限った話ではありませんが、

成分量が多ければ多いほどその効果や信憑性に期待が持てます。

 

 

 

これはどのような商品でも同じことが言えるでしょうし、

水素水も例外ではありません。

 

 

 

水素発生剤タイプのものはこのようなメリットがあります。

 

 

水素発生剤のデメリット

 

 

もちろんメリットだけではなく、デメリットも当然あります。

 

 

 

それは、手間原料です。

 

 

 

手間に関しては先程お伝えしたとおりですが、

たまに作る程度であればそれほど手間と感じないと思いますが、

これを毎日続けると慣れば話は別です。

 

 

 

いくらスティックを浸しておくだけとは言え、

少し時間がかかりますので、毎日作るのが面倒・・・

という方も少なからずいるかも知れません。

 

 

 

こればかりはひとそれぞれですので一概には言えませんが、

毎日続けることを考慮しておくべきでしょう。

 

 

 

次に原料に関してです。

 

 

 

水素発生剤の原料に関しては先程お伝えしたとおりですが、

化学成分や鉱石を使用しており、水素を発生させる仕組みのため、

化学反応を起こすことで水素水を作ります。

 

 

 

このプロセスを見てなんとなくイメージできるかもしれませんが、

万人向けとは言えないでしょう。

 

 

 

実際に口コミ情報を見てみると、

お腹の調子が悪くなった、自分の体に合わなかったといった

口コミを見かけることが稀にあります。

 

 

 

私はそういう経験はありませんでしたので、

共感することは出来ませんが、

そのような人もいる以上、やはり万人向けとは言い難いです。

 

 

 

逆にアルミパウチの水素水は名水を使用しており、

結局はただの水ですので、万人向けと言っても良いでしょう。

 

 

 

以上2点が水素発生剤の場合のデメリットとなります。

 

 

これらを踏まえて購入を検討したほうが良いでしょう。

 

 

ですが、やはり価格の安さの濃度は魅力だと思います。

 

 

 

管理人おすすめの水素水

7Water(セブンウォーター)
通販口コミ画像2016-3-14_23-5-46_No-00 - コピー

脅威の水素濃度7.0ppm!
文句なく高い濃度を誇る水素水です。

button_001

管理人情報
キャプチャ62

初めまして!

青森県在住のユッキです!

水素水を使用した体験談を元に効果やデメリットをご紹介していきます。

お問い合わせはこちら

ブログランキング参加!

健康食品の人気のブログは??
↓↓↓

水素水カテゴリ一覧
メタ情報
タグ情報
アーカイブ