水素水の効果とデメリット

【知らなきゃ損】水素水の効果とデメリットとは!?

知らなきゃ損!巷でさまざまな効果が提唱されている水素水には十分な効果があるものの、デメリットもあります。高額な水素水を試す前にますは知りたい水素水の豆知識をご紹介!詐欺にだまされないため、厳選した水素水ランキングも!

水素水をとにかく安く購入したい!!そんなときはこれ!!

読了までの目安時間:約 5分

 

 

水素水は基本的に高額なものが多いため、

できるだけ安く購入したいという方も多いでしょう。

 

 

通常価格hあ1ヶ月分の数量に換算した場合、

最低でも7,000円以上するものが多いため、

この価格設定は決して安いとは言えません。

 

 

身も蓋もない言い方をしてしまうと、

ほとんどの水素水がアルミパウチで販売されており、

基本的な価格に関してはそれほど大きな違いが無いです。

 

 

では、水素水を安く購入する方法はまったくないのでしょうか?

 

 

もちろん少し発送を変える必要がありますが、

安く済ませる方法はあります。

 

 

それは、水素発生剤を使用したものを購入する方法です。

 

 

この場合はアルミパウチのような特殊な容器を使用せず、

全国の名水を使用しているわけではないため、

価格を抑えることができます。

 

 

水素発生剤タイプのものは水素濃度も高いという特徴がありますので、

コストパフォーマンスが優れているのが特徴です。

 

 

 

セブンウォーターの特徴

 

 

水素発生剤を使用した水素水でおすすめできるのは、

セブンウォーターと呼ばれる水素水です。

 

 

これは水素発生剤のスティックを使用し、

水に浸しておくことで水素が発生します。

 

 

ですので、手軽に水素水を作ることができるのが特徴であり、

価格も安めに設定されています。

 

 

そして何よりもセブンウォーターという名前のとおり、

発生時点での水素の濃度は7.0ppm程度であり、

非常に濃度が高いです。

 

 

アルミなどの容器を使用していないため、

あまり時間を空けずに飲む必要がありますが、

この濃度の高さはそれを補ってくれるでしょう。

 

 

自分で作る必要があるため、

少し手間に感じるかもしれませんが、

そもそも浸しておくだけですので、

そこまで大変というわけではなさそうです。

 

 

コストを抑えたい方には、

この水素水をおすすめします。

 

 

ただし、もちろんデメリットもありますので、

その点もお伝えしておきます。

 

 

それは、万人向けではないという点です。

 

 

水素発生剤は鉱石、化学成分などを使用しており、

水に溶かすことで化学反応を起こして水素を生み出します。

 

 

これに対してアルミパウチの水素水は、

名水を使用し、水素を充填しているものであり、

結局はただの水ですので、副作用は考えられません。

 

 

ですが、水素発生剤の仕組み上、

やはり万人向けとは言い難いかなというのが私の印象です。

 

 

実際にクチコミ情報を見てみると、

わずかですが体に合わなかったという内容のものがあり、

使用を断念したかたもいるようです。

 

 

もちろん粗悪な製品であればそもそも販売中止になりますので、

詐欺のような商品ではないと言えますが、

同時に万人向けのものとは言い難い。

 

 

そういう特徴があることも覚えておくとよいでしょう。

 

 

それでも使用して見る価値は十分にあるのがセブンウォーターです。

 

 

 

 

 

水素水をサーバーで飲むのは「有り!?」「無し!?」あなたにはどちらがおすすめ!?

読了までの目安時間:約 5分

 

水素水はアルミパウチで販売されているものが多いです。

 

 

その他に、あなたもご存知のように「水素水サーバー」という、

自分で水素水を自宅で作ることが出来るものも販売されています。

 

 

サーバーを購入する費用が初期投資で掛かりますし、

サーバーをレンタルする場合も毎月の費用が発生します。

 

 

ですが、トータル的な価格で見た場合は

水素水サーバーの方が安く済みますので、

金額だけを見れば水素水サーバーに軍配が上がります。

 

 

反面、水素水サーバーにはデメリットも存在しますので、

これについてもご紹介します。

 

 

まず、水素水サーバーはアルミパウチの水素水と比べた場合、

どうしても水素濃度が低いです。

 

 

アルミパウチの場合は、

平均1.0ppm程度、高いものであれば1.6ppmと

水素が水に溶ける最高濃度レベルのものがあります。

 

 

ですが、水素水サーバーの場合、

ほとんどが0.6~0.8ppmとなり、

場合によっては水素濃度が半分以下になります。

 

 

よって、少ない水分で効果を得たいという方は

サーバーよりもパウチの方が良いでしょう。

 

 

私自身水分をあまり取らない体質ですので、

どちらかと言えばパウチタイプの方が良いです。

 

 

次に、先ほどの話に関連しますが、

パウチタイプは水素が外に漏れにくいように配慮された容器を使用していますが、

サーバーの場合はそのような容器が存在しないため、

水素の蒸発を防ぐためにはあまり時間をかけずに水素水を飲む必要があります。

 

 

つまり、短時間である程度水分を取る必要があるということになります。

 

 

 

これは保存が出来ない関係上やむを得ないと考えるしかありませんが、

やはり水素濃度が多く、保存もできる方が良いかなと思います。

 

 

そして何よりも、水素水サーバーは初期コストがかなり高く、

物によっては10万円程度になるものもあります。

 

 

それでいて1年単位でメンテナンスが必要になるものも多く、

長期的に見た場合ではパウチよりは安く済みますが、

それでもコスパが良いとは言えないかなと思っています。

 

 

これで水素濃度が同じぐらいなのであれば、

サーバーのほうがおすすめですと言えたのですが、

濃度ではアルミパウチのほうが優れているため、

その点は少し引っかかっています。

 

 

つまりどちらにも優れた点があり、

どちらを選んでも正解ということになるでしょう。

 

 

 

 

以上の違いやデメリット特徴があります。

 

 

どちらを選ぶかはもちろん自由ですが、

アルミパウチ、サーバーの違いを良く理解しておくことで、

購入して損をしたということは防ぐことができるため、

参考にしてみてください。

 

水素水と水素水サーバー違いを比較してみると・・・?

読了までの目安時間:約 5分

 

水素水は水素サーバー違い、

アルミパウチで販売されているのが特徴です。

 

 

サーバー経由ですぐに飲む・・・ということは出来ませんが、

完全に密封雨されて販売されており、

すでに作られた水素水を配達してもらうというものです。

 

 

キャップを開けるだけで手軽に飲むことが出来ます。

 

 

また、専用の機関で造られており、水素水サーバーよりも

水素濃度が高いというメリットが有ります。

 

 

また、初期費用も割引などをしているものも多く、

最初は手軽に始めることが出来ます。

 

 

反面、水素水サーバーに比べた場合、

 

 

◯トータルコストで劣る

◯自分のペースで飲むのが難しい

 

 

というデメリットもあります。

 

 

まずトータルコストですが、

水素水サーバーは基本的に初期費用だけで済み、

その後はフィルター交換、メンテナンスだけで済みます。

 

 

レンタルの場合はこの限りではありませんが、

それでもパウチタイプの水素水よりは安いです。

 

 

逆に水素水を購入する場合は、毎月同額の費用が発生しますので、

長く続ければ続けるほど費用的には不利になります。

 

 

パウチの水素水は自分のペースで飲むのが難しい!?

 

 

パウチタイプの水素水は一度開封した場合、

水素の蒸発が早くなりますので、

早めの飲む必要があります。

 

 

もちろん水素を空気に触れさせないように、

キャップ等にも工夫が施されていますので、

すぐに蒸発してしまうということではありませんが、

早めに飲むのに越したことはありません。

 

 

水素水のサーバーの場合は、

いつでも自分で作って飲むことが出来ますので、

こういった制限がなく飲むことが可能です。

 

 

そう考えた場合、手軽さという面では

水素水サーバーに軍配が上がると言えるでしょう。

 

 

名水を使用している

 

アルミパウチの水素水の場合は、

全国の名水を使用しているものが多く、

味もまろやかで美味しいです。

 

 

私は青森県に住んでいますが、

近場の名水と言えば十和田湖付近の

奥入瀬渓流というところの名水が使用されています。

 

 

実際に飲んでみましたが、

水道水とは雲泥の差と言っても過言ではありません。

 

 

普段は味をあまり気にしないタイプなのですが、

そんな私でもはっきりと違いが分かるほどでした。

 

 

これに対して水素水サーバーの場合、

あくまで水道水を元にしますので、

水素が混じったからと言って味わいが変わることはありませんでした。

 

 

ペットボトルのおいしい水を使用する方法もありますが、

それだとコストが掛かりますし、何より面倒です(笑)

 

 

ということで余談となりましたが、

味わいに関してはやはりパウチタイプのほうがおすすめです。

 

 


 

 

以上のような違いがあります。

 

 

結果的には水素を用いた健康効果を得るという過程はかわりませんので、

あなた自身の好みで選んでも良いでしょう。

 

 

どちらのタイプでもメリット、デメリットは

必ず存在しますので、それらを参考にしてみてください。

 

 

 

 

水素水サーバーと水素水の違いは?

読了までの目安時間:約 5分

 

 

最近では、水素水のサーバーも多数販売されています。

 

 

アルミパウチで販売されている水素水と水素水のサーバーには、

どのような違いがあるのか?についてご紹介していきます。

 

 

まず、水素水サーバーですが、

これはその名の通り水素をサーバーによって充填するタイプのものであり、

自宅で水素水が作れます。

 

 

ウォーターサーバーと見た目はあまり変わりない感じです。

 

 

よって、毎月水素水を購入する必要がなく、

気軽に水素水を作れるというのが最大の強みです。

 

 

気軽に作れるという点で、コスト的にはこちらが

かなり優れていると思います。

 

 

反面、私自信が感じたデメリットとしては、

 

 

◯初期価格が高い

◯水素濃度が低め

 

 

というものが有ります。

 

 

初期価格についてですが、もちろん最初にサーバーを

購入することになりますので、費用がかかります。

 

 

最低でも5万円以上はかかります。

 

 

パナソニックなど、大手の電機メーカーでしっかり作られている

ものであれば、10万円以上することもあります。

 

 

レンタル出来るものもありますが、

これも月に最低6,000円以上は掛かります。

 

 

レンタルであれば初期費用は安いものの、

長期的に継続すれば継続するほど

購入費用を大きく上回っていきますので、

長期的に見た場合はやはり購入するほうが良いでしょう。

 

 

水素水サーバーの濃度

 

 

では、水素水サーバーの濃度はどのぐらいなのでしょうか?

 

 

アルミパウチの水素水は濃度が低いものであっても1.0ppm程度はありますし、

高いものであれば、最高濃度の1.6ppmのものだって有ります。

 

 

ですが水素水サーバーの場合は、高くても0.6~0.8ppm程度、

低ければ0.5ppmを下回ることもあります。

 

 

また、ご存知のように、専用の容器を使用しませんので、

水素の蒸発が非常に早く、アルミパウチよりも更に早めに

飲む必要があります。

 

 

 

水素水サーバーの特徴としてはこのようなものです。

 

 

価格を重視し、毎月購入するのが面倒といった方に

おすすめ出来るのではないでしょうか?

 

 

月額費用を比較してみると・・・?

 

 

月額費用は水素水サーバーをレンタルした場合、

6,000円程度だったとして、

パウチを購入する場合は8,000~10,000円程度となり、

ある程度のお得感はあります。

 

 

メンテナンス費用が1年に1回程度かかるため、

確実にこの価格というわけではありませんが、

サーバーのほうが安く済ませることが出来ます。

 

 

やはりネックになってくるのが、

水素濃度が低いという点です。

 

 

価格を選択するか、それとも濃度を重視するのか。

 

 

そういった選択が必要になってくるのではないでしょうか。

 

 

倍近くの濃度差がありますので、

それも考慮しておくと、

一概にどちらがお得と言い切れないのが現状ですので、

ここは好みで選んで良いと思います。

 

 

 

 

管理人おすすめの水素水

7Water(セブンウォーター)
通販口コミ画像2016-3-14_23-5-46_No-00 - コピー

脅威の水素濃度7.0ppm!
文句なく高い濃度を誇る水素水です。

button_001

管理人情報
キャプチャ62

初めまして!

青森県在住のユッキです!

水素水を使用した体験談を元に効果やデメリットをご紹介していきます。

お問い合わせはこちら

ブログランキング参加!

健康食品の人気のブログは??
↓↓↓

水素水カテゴリ一覧
メタ情報
タグ情報
アーカイブ