水素水の効果とデメリット

【知らなきゃ損】水素水の効果とデメリットとは!?

知らなきゃ損!巷でさまざまな効果が提唱されている水素水には十分な効果があるものの、デメリットもあります。高額な水素水を試す前にますは知りたい水素水の豆知識をご紹介!詐欺にだまされないため、厳選した水素水ランキングも!

水素水はおいしい!?その理由とは実は・・・

読了までの目安時間:約 6分

 

水素水と言っても、
基本的にただの水ですので、
味にはそれほど期待しない・・・。

 

 

 

そのように考えている人も多いでしょう。

 

 

 

私も健康効果を狙って水素水を飲み始めたのですが、

実際に飲んでみると、全く違いました。

 

 

 

味オンチの私ですら美味しいと思いました。

 

 

 

その理由は一つ。

 

 

 

アルミパウチで販売されている水素水は、
基本的に全国のいずれかの名水を使用しているためです。

 

 

 

ミネラルが豊富に含まれ、
自然から湧き出る水。

 

 

 

水道水とは比べ物にならないぐらい美味しいです。

 

 

 

繰り返しますが、
味覚のセンスがない私でさえ、

美味しいと感じたぐらいですから。

 

 

 

水素が含まれていることによる健康効果。

 

 

 

そして更に味も美味しいとなれば、
長く続けることができるのではないでしょうか。

 

 

 

アルミパウチの水素水は少々価格が高いのがネックですが、

このようなメリットもあります。

 

 

 

水素水の種類

 

 

水素水は大きく分けて2つの製造方法があります。

 

 

 

それは、

 

  • 水に圧縮充填することで水素濃度を高めたもの
  • 水素発生剤を用いて水素水を作るもの

 

 

この2つです。

 

 

 

どのような水素水であれ、
この2つの方法が取られていますし、

それぞれ違いが一目瞭然ですので、
すぐに分かるでしょう。

 

 

 

では美味しいと言われている水素水はどちらかというと、

前者のタイプの水素水になります。

 

 

 

これは水に圧縮充填して濃度を高めるものですので、

媒体となる水を美味しいものにすることで、

味を楽しみながら水素水を飲むことが出来ます。

 

 

 

このタイプの水素水はスーパーやドラッグストア、
なぜか私の地元では野菜の専門店でも取り扱っていますので、

最も一般的な水素水と言えるでしょう。

 

 

 

味も楽しみたいのであれば、
このタイプの水素水にしておくべきでしょう。

 

 

 

ほとんどのものがアルミパウチで

販売されていますので、すぐに分かります。

 

 

 

自分で作るタイプの水素水

 

 

これに対して、水素発生剤を用いた水素水もあり、
この場合は多くのものが専用キットで販売されており、
基本的に自分で水素水を作ります。

 

 

 

水素発生剤はその名の通り、
水素を発生させる原料を用いたものであり、
マイクロクラスター、ゼオライトなど、
さまざまなものがあります。

 

 

 

この原料と水が化学反応をすることで
水素を発生させる仕組みです。

 

 

 

水はどんなものを使用しても良いので、
極端な話、水道水でも作ることができます。

 

 

 

味を楽しむということは出来ないかもしれませんが、
アルミパウチで販売されているものよりも、
水素の濃度は抜群に高いです。

 

 

 

また、アルミの容器を使用するわけではないため、

価格も少し安く購入することができます。

 

 

 

味は関係なく、濃度、価格を求めるのであれば、
このタイプのものを使用しても良いでしょう。

 

 

 

以上の2つが主な水素水のタイプになります。

 

 

 

どちらにも優れた部分があるので
自分の好みに合わせて選ぶと良いでしょう。

 

 

 

 

水素を充填する水素水。開封時に気を付けておくべき点とは?

読了までの目安時間:約 5分

 

多くの水素水は、水素を圧縮充填し、
アルミパウチに封入して販売されています。

 

 

水素水は当初は通販でしか見かけることがなかったのですが、
最近ではドラッグストアやスーパーなどでも
比較的見かけるようになってきました。

 

 

また、多くのものが全国の名水を使用しており、

美味しく飲むことができるため、

密かに人気を誇っているようです。

 

 

芸能人が使用しているケースも多くなっており、
今後ますますユーザーは増えていくと思われます。

 

 

さて、そんな水素水ですが、

実際に飲む際に注意しておくべき点があります。

 

 

それは、水素の蒸発です。

 

 

開封する前であれば、あまり気にしなくてもよいのですが、
開封後は水素の蒸発が早くなってしまうため、

早めに飲んでおく必要があります。

 

 

というのも、水素は空気に触れることで、
急激に蒸発してしまうという特徴があるため、

空気に長時間触れさせておくのはNGです。

 

 

そう考えた場合、少し扱いが難しい成分
ということでもあるかもしれませんね。

 

 

もちろん、アルミパウチの容器の性質上、
開封後であっても保存ができるように、
空気が入らないようにすることは出来ますが、
それでも100%真空というわけではありません。

 

 

あくまで真空に近い状態ということです。

 

 

ですので、やはり早めに飲むのがベストです。

 

 

水素がアルミパウチで販売されているのは?

 

 

水素水がアルミパウチで販売されているのは、
粒子が非常に細かく、外に逃げやすいためです。

 

 

ですので、普通のペットボトルのような容器であれば、
すぐに水素が逃げてしまいます。

 

 

ですので、水素を容器の中に閉じ込めておくためには、

特殊な容器が必要となり、

現状で最も適しているのはアルミとされています。

 

 

アルミはもともと水素が吸着しやすく、

それでいて閉じ込めておく性質があります。

 

 

ですので水素が外に逃げ出さないように
することができるのです。

 

 

ですが、逆を言えば、

それ以外の容器を用いているものであれば、
水素が蒸発していないかどうか?
という点で信憑性を確認するべきです。

 

 

これは実際にあった話ですが、私の地元のスーパーで、

普通にプラスチックの容器で販売されていたことがありました。

 

 

そのときにはすでに水素水の特徴を知っていましたので、
購入しなかったのですが、今思えば、
本当に大丈夫なのか??と感じます。

 

 

やはり容器にも気を配って販売してほしいものです。

 

 

 

ただし、このアルミの容器を用いているという時点で、
想像できる方もいるかもしれませんが、
容器の費用もそれなりにかかってしまいます。

 

 

この点は水素水のデメリットと言えるでしょう。

 

 

ですが、その分水素は高い還元力を持っていますので、
この点はやむを得ないと割り切るしかないのかもしれませんね。

 

 

水素水をサーバーで飲むのは「有り!?」「無し!?」あなたにはどちらがおすすめ!?

読了までの目安時間:約 5分

 

水素水はアルミパウチで販売されているものが多いです。

 

 

その他に、あなたもご存知のように「水素水サーバー」という、

自分で水素水を自宅で作ることが出来るものも販売されています。

 

 

サーバーを購入する費用が初期投資で掛かりますし、

サーバーをレンタルする場合も毎月の費用が発生します。

 

 

ですが、トータル的な価格で見た場合は

水素水サーバーの方が安く済みますので、

金額だけを見れば水素水サーバーに軍配が上がります。

 

 

反面、水素水サーバーにはデメリットも存在しますので、

これについてもご紹介します。

 

 

まず、水素水サーバーはアルミパウチの水素水と比べた場合、

どうしても水素濃度が低いです。

 

 

アルミパウチの場合は、

平均1.0ppm程度、高いものであれば1.6ppmと

水素が水に溶ける最高濃度レベルのものがあります。

 

 

ですが、水素水サーバーの場合、

ほとんどが0.6~0.8ppmとなり、

場合によっては水素濃度が半分以下になります。

 

 

よって、少ない水分で効果を得たいという方は

サーバーよりもパウチの方が良いでしょう。

 

 

私自身水分をあまり取らない体質ですので、

どちらかと言えばパウチタイプの方が良いです。

 

 

次に、先ほどの話に関連しますが、

パウチタイプは水素が外に漏れにくいように配慮された容器を使用していますが、

サーバーの場合はそのような容器が存在しないため、

水素の蒸発を防ぐためにはあまり時間をかけずに水素水を飲む必要があります。

 

 

つまり、短時間である程度水分を取る必要があるということになります。

 

 

 

これは保存が出来ない関係上やむを得ないと考えるしかありませんが、

やはり水素濃度が多く、保存もできる方が良いかなと思います。

 

 

そして何よりも、水素水サーバーは初期コストがかなり高く、

物によっては10万円程度になるものもあります。

 

 

それでいて1年単位でメンテナンスが必要になるものも多く、

長期的に見た場合ではパウチよりは安く済みますが、

それでもコスパが良いとは言えないかなと思っています。

 

 

これで水素濃度が同じぐらいなのであれば、

サーバーのほうがおすすめですと言えたのですが、

濃度ではアルミパウチのほうが優れているため、

その点は少し引っかかっています。

 

 

つまりどちらにも優れた点があり、

どちらを選んでも正解ということになるでしょう。

 

 

 

 

以上の違いやデメリット特徴があります。

 

 

どちらを選ぶかはもちろん自由ですが、

アルミパウチ、サーバーの違いを良く理解しておくことで、

購入して損をしたということは防ぐことができるため、

参考にしてみてください。

 

水素水の値段はなぜ高い!?詐欺商品なの?

読了までの目安時間:約 5分

 

 

水素水の価格は通常の飲料水よりも少々高いです。

 

 

もしあなたが水素水に興味があり、

実際に商品を調べたことがあれば、

私と同様の感想を持っているかもしれませんね。

 

 

通常のミネラルウォーターは500mlでも100円程度、

ジュースなどでも150円あれば大抵のものを買うことが出来ます。

 

 

ですが、水素水は500mlのもので200円を下回ることはまずありません。

 

 

ミネラルウォーターの倍かそれ以上の価格差になる

ことを把握しておいたほうが良いです。

 

 

では、なぜこんなに高いのでしょうか?

 

 

詐欺商品なの?と思う方もいるっかもしれませんが、

決してそんなことはなく、もちろん理由があります。

 

 

アルミパウチタイプの水素水

 

 

水素水は、当サイトでご紹介しているものに限らず、

殆どの物がアルミパウチで販売されています。

 

 

そしてアルミパウチは、ほとんどのものが三層、四層構造になっており、

網目の細かいアルミを重ねあわせて作られています。

 

 

ペットボトルなどよりもアルミは価格が高く、

それでいてこのような細かい作りになっているため、

容器代だけでもかなり価格が高くなります。

 

 

もちろんそれには理由があり、

水素を外に逃がさないようにするためです。

 

 

水素は空気に触れてしまうと急激に蒸発してしまうため、

アルミパウチの内部は必ず真空状態にしておく必要があります。

 

 

それでいて水素を外に逃さないように、

網目をかなり細かくしていますので、

どうしてもコストが掛かってしまうわけです。

 

 

なお、アルミは水素を吸着しやすいという特徴があり、

水素を閉じ込めておくのに有効な材質とされています。

 

 

ですので、多くの水素水がアルミパウチで作られています。

 

 

全国の名水を使用

 

 

次に、せっかく買った水ですので、

美味しく飲みたいと誰もが思うでしょう。

 

 

私もせっかくお金を出して買っているのですから、

水とは言え、美味しく飲みたいと思っています。

 

 

実は殆どの水素水は全国の名水を減量として作られており、

ミネラルが豊富なものを使用しています。

 

 

これもコストがかかる要因の一つでしょう。

 

 

 

以上が水素水が高めに設定されている要因になります。

 

 

これは水素の特性上仕方がないことでしょうし、

このコストを補って余りある還元力が水素にあります。

 

 

ですので、コストを取るか?

それとも価格には多少目をつぶって優れた還元力を取るか?

という選択肢が出てくるものでもあります。

 

 

私は実際にお試し購入をしてみて、

その還元力の高さに魅力を感じましたので、

価格を二の次に考え、購入を継続しています。

 

 

あなたはどちらを選ぶでしょうか?

 

 

 

水素水の容器は四層構造になっている!なんのため??

読了までの目安時間:約 5分

 

 

水素水はほとんどのものが、

アルミパウチで作られたものに封入されています。

 

 

※アルミ缶でも販売されていますが、

大半はアルミパウチで販売されていると思って良いです。

 

 

もちろんこれには理由があり、

水素を外に逃がさないようにするためです。

 

 

水素はその性質上、すぐに蒸発してしまうという特徴があり、

それも空気に触れるという非常に厳しい条件で蒸発してしまいます。

 

 

ですので、これを防ぐため、

水素水はアルミパウチで販売されているものが多いです。

 

 

しかも、1枚だけではなく、

4枚重ねで厳重にされて販売されています。

 

 

これでイメージできるかもしれませんが、

アルミは金属類の中でも高価な部類に入るものですので、

水素水の価格が高いというデメリットは、

この作り方にも大きく関係します。

 

 

これは販売されている商品の特徴を見れば明らかです。

 

 

ほとんどの水素水が1ヶ月分の数量で最低7,000円以上、

高いものであれば10,000円程度になるものもあります。

 

 

これはやはり手間がかかっているということなのでしょう。

 

 

手間はかかるが安い水素水

 

もちろん水素水はこのタイプだけではなく、

作り方という点でちょっと違うものもあります。

 

 

例えば、当サイトでご紹介している水素水にセブンウォーターがあります。

 

通販口コミ画像2016-3-14_23-5-46_No-00 - コピー

 

これは、水素発生剤を使用し自分で水素水を作るものですので、

アルミパウチ水素水とは少々勝手が違います。

 

 

容器もアルミを使用していません。

 

 

空気が入りにくい特殊構造のペットボトルを使用しています。

 

 

これは自分で作って作りたてを飲むタイプですので、

厳重な容器を使用する必要がないため、

価格が少し安くなっています。

 

 

自分で作ると言われれば若干手間に感じるかもしれませんが、

専用のスティックにひたしておくだけですので、

そこまで手間はかかりません。

 

 

とは言え、これを毎日続けると慣れば、

面倒と感じる方もいるかも知れませんので、

価格のやすさを取るか、それとも手間を取るかということになるでしょう。

 

 

ちなみに、自分で作りたてをのむという性質上、

水素濃度はアルミパウトよりも高いのが特徴です。

 

 

水素水は大きく分けてこれらの2種類が存在します。

 

 

私はどちらも使用しましたが、

やはり濃度が高いほうが効果を実感するのも早かったと思います。

 

 

具体的な期間は・・・正直なところあまり覚えていません。

(大変申し訳ありません。)

 

 

 

以上が水素水のタイプの違いですが、

どちらにもメリット・デメリットがありますし、

優れている、劣っているというのは正直言い難いものではありますので、

自分の好みで選んでも良いと思います。

 

 

管理人おすすめの水素水

7Water(セブンウォーター)
通販口コミ画像2016-3-14_23-5-46_No-00 - コピー

脅威の水素濃度7.0ppm!
文句なく高い濃度を誇る水素水です。

button_001

管理人情報
キャプチャ62

初めまして!

青森県在住のユッキです!

水素水を使用した体験談を元に効果やデメリットをご紹介していきます。

お問い合わせはこちら

ブログランキング参加!

健康食品の人気のブログは??
↓↓↓

水素水カテゴリ一覧
メタ情報
タグ情報
アーカイブ