水素水の効果とデメリット

【知らなきゃ損】水素水の効果とデメリットとは!?

知らなきゃ損!巷でさまざまな効果が提唱されている水素水には十分な効果があるものの、デメリットもあります。高額な水素水を試す前にますは知りたい水素水の豆知識をご紹介!詐欺にだまされないため、厳選した水素水ランキングも!

水素水にはスティックタイプのものがある!?普通の水素水とどこが違う?

読了までの目安時間:約 5分

 

水素水は大きく分けると2つの種類があります。

 

それは、

 

○水素発生剤を用いて自分で作るもの

○水素を水に圧縮充填して作ったもの

 

この2つです。

 

 

一般的に販売されているものは、

この2つのどちらかになっていると思って良いです。

 

 

スティックタイプのものと言えば、

前者のものが該当します。

 

 

これは原料がゼオライトなどの鉱石、

マイクロクラスターといった化学成分、

岩塩を使用したものなどがあります。

 

 

これらを水に混ぜることで、

水素を多量に発生させ、その水を飲むことで

水素を体内に取り入れることが出来ます。

 

 

この仕組の関係上、自分で水素水を作る必要があり、

若干手間に感じるかもしれませんが、

水に浸しておくだけで水素が発生するため、

そこまで手間になるようなものではないです。

 

 

ただし、毎日続けるのであれば、

当然毎日作る必要がありますので、

その点を踏まえておいたほうが良いでしょう。

 

 

水素の発生量が多く、容器も特に問わないため、

価格も比較的手頃に購入することができます。

 

 

価格を抑えたい方にはうってつけの水素水ですが、

原料が水ではなく、化学反応を起こすという仕組み上、

万人向けの水素水とは言えないかもしれませんね。

 

 

私は使用していて特に不都合は感じませんでしたが、

合う・合わないが考えられる水素水といった位置付けです。

 

 

ですが、それを差し引いても、

水素濃度も高く価格も手頃であるため、

おすすめできる水素水であることは間違いないでしょう。

 

 

圧縮充填したタイプ

 

 

これに対して、水素を圧縮充填したタイプは、

アルミパウチに封入されて販売している水素水です。

 

 

原料となる水も全国の名水を使用しているため、

美味しく飲むことが出来ます。

 

 

デメリットとしては、水素を水に充填するのに、

上限が決まっているという点です。

 

 

水素が水に溶ける濃度は1.6ppmとされており、

これを超えた場合は水素が蒸発しやすくなるため、

基本的にこれを超えるものはありません。

 

 

水素発生剤を用いたものに比べると、

濃度という点で劣ります。

 

 

また、水素を外に逃さないように、

アルミパウチを使用しているため、

容器にもお金がかかってしまい、

トータル費用では水素発生剤よりも高くなります。

 

 

ここまで書くとデメリットのほうが多く感じますが、

それを補ってくれるのが万人向けであるというものです。

 

 

原料はあくまでただの水であり、

化学反応するということもないため、

どのような方が使用しても副作用は考えられないでしょう。

 

 

また、味を楽しみながら水素水を飲めるのもポイントです。

 

 

実際に私の地元の渓流を使用した水素水を飲んでみましたが、

味オンチの私でも違いが分かるほどです。

 

 

そう考えた場合は、長く続けていきやすいという

メリットもあるかもしれませんね。

 

 

以上が水素水の主な特徴になります。

 

 

 

 

水素水はペットボトルではダメ?その理由とは?

読了までの目安時間:約 5分

 

水素水を使用しいているのであれば、

ペットボトルを使用するべきではないです。

 

 

これは覚えておいたほうがよいでしょう。

 

 

もともと水素は分子サイズが非常に小さいのが特徴ですが、

もうひとつ忘れてはいけないのが、

空気に触れることですぐに蒸発してしまうというものです。

 

 

これは残念ながら、

ペットボトルでは防ぐことができないようです。

 

 

もちろん、アルミなどの容器でも完全に防ぐことは出来ませんが、

少なくともペットボトルより気密性が高く、

外に漏れにくい構造になっています。

 

 

例えば、水でもジュースでも何でもいいのですが、

ペットボトルで販売されているものをイメージしてみてください。

 

 

もちろん、理論的には中の液体は外にこぼれないようになっています。

 

 

ですが、時間が経つと共にペットボトルの表面が湿っている・・・

というのを経験した方は多いでしょう。

 

 

実はこれこそが、中の液体を完全に閉じ込めてはいないということになります。

 

 

ましてや水素の分子サイズは非常に小さいため、

水素水の保存はペットボトルでは不向きなようです。

 

 

これは水素水がどのように販売されているかを見ればすぐにわかります。

 

 

水素水は基本的にアルミパウチで販売されていますが、

これは網目が細かく作られており、

さらに水素を外に漏らさないように何層にも重ねられて作られています。

 

 

よって、完全とはいえませんが

水素を外に漏らさないように工夫がされています。

 

 

水素水がペットボトルなどで販売されていないのは

このような仕組みがあるためです。

 

 

そしてこのアルミパウチの容器を使用しているということもあり、

水素水は価格が高めに設定されているとも言えます。

 

 

作りたての水素水

 

多くの水素水がアルミパウチのもので販売されていますが、

それ以外の販売方法があります。

 

 

それは、水素発生剤を用いて、自分で水素水を作るタイプです。

 

 

この場合は出来たてを飲むことが出来ますので、

ペットボトルでも可能ということになります。

 

 

ただし、気密性が高いほうが望ましいことに変わりはありません。

 

 

ただし水素の蒸発を防ぐ方法がまったくないことになりますので、

出来上がった水素水はすぐに飲む必要があります。

 

 

また、アルミパウチの水素水と違い、

容器にお金がかかるわけではないため、

コストがそれほどかからないというメリットもありますし、

何よりも水素濃度がかなり高いという特徴があります。

 

 

水素水の販売方法は1種類だけではなく、

自分で作るタイプのものもあり、

その場合は安価に済ませることが出来ますし、

必ずしも容器にこだわらなくても良いということですね。

 

 

毎日作り続けるのが面倒でなければ、

こういった水素水を選ぶのも一つの手と言えるでしょう。

 

 

水素水は保存しておける??注意しておくべき点は?

読了までの目安時間:約 5分

 

 

水素水はアルミパウチタイプで販売されているものであれば、

ある程度の時間保存しておくことが出来ます。

 

 

というのも、アルミパウチは水素の蒸発を防ぐため、

水素を外に逃がさないようにしているために作られているものであり、

この容器自体から水素が漏れることはある程度防ぐことが出来ます。

 

 

水素は空気に触れるだけですぐに蒸発してしまい、

その効果を実感できなくなってしまうため、

この容器は大きなメリットと言えるのではないでしょうか?

 

 

ですが、このメリットを受けられるのは、

あくまで開封される前の場合です。

 

 

開封した後はもちろん密封状態ではなくなるため、

水素が侵入しやすくなってしまいますので、

長期的に保存するのは難しいでしょう。

 

 

一応空気を入れないように、水素水を溢れさせた状態で

キャップを閉めることで、ある程度蒸発を防ぐことが出来ます。

 

 

とは言え、もちろん完璧に空気が入らないということではありません。

 

 

あくまで保存できるのは開封前と考えておいたほうが良いでしょう。

 

 

最低でもその日のうちには1パック必ず飲み干すぐらいで

考えておくと良いと思います。

 

 

すごく注意が必要に感じますが、

そこまでデリケートなものではなく、

水素の性質上仕方がないものです。

 

 

最初にご紹介したとおり、

水素は空気に触れただけで蒸発してしまうため、

開封後は蒸発しやすくなってしまいます。

 

 

水素の特徴

 

 

水素が空気に触れるだけで蒸発しやすい特徴があるのは、

その性質上やむを得ないというしかありません。

 

 

ですがもう一点、水素の大きな特徴として、

宇宙一小さい粒子であるというものがあります。

 

 

つまり、非常に外気に触れやすいのです。

 

 

先程の空気に触れることで蒸発してしまう点と

粒子が小さく、閉じ込めておくことが困難であること。

 

 

これらの特徴があるために、

どうしても容器を厳重にしておく必要があります。

 

 

また、アルミの性質上の話ですが、

比較的水素を吸着しやすいという特徴があり、

水素をパウチ内にとどめておくのに役立ちます。

 

 

水素水がアルミパウチで販売されているのは、

このような特徴があるためです。

 

 

もちろんここまでしても、

確実に水素が外にもれないということはありません。

 

 

ですので、水素自体が長期保存には向かいない成分であり、

こればかりはしょうがないと割り切るしかありません。

 

 

以上のような注意点が多い成分ではあるものの、

粒子が小さいからこそ実感できるのが強力な還元力です。

 

 

細胞レベルにまで効果を実感しやすいため、

高い効果を得ることができると言われています。

 

 

 

水素水にはこんなデメリットもある!?知っておくべきこととは?

読了までの目安時間:約 5分

 

 

もしあなたが水素水に興味を持っているのであれば、

購入する前にデメリットも知っておいたほうがよいです。

 

 

デメリットを踏まえたうえで購入を検討したほうが、

後々失敗しなくて済みますので、

ぜひ把握しておきましょう。

 

 

1 嵩張る

 

これはアルミパウチの水素水に関するものになりますが、

1パック単位で販売されており、1ヶ月分の数量がダンボール等で届くため、

若干ですが嵩張る印象があります。

 

 

アパートなどにお住まいの方は

なおさら気になるのではないでしょうか?

 

 

また、容器も毎日飲んで捨てることになりますので、

嵩張るというデメリットが有ります。

 

 

最もダンボール1個ですので、

そこまで気にならないと言う人もいると思いますが、

毎日の量を考えた場合、デメリットになりえます。

 

 

こればかりは、感覚によるものですが、

念の為お知らせしておきます。

 

 

2 水素が蒸発しやすい

 

水素は蒸発しやすく、

空気に長時間触れれば急激に水素濃度が低くなります。

 

 

アルミパウチタイプのものは、

容器の中に水素を入れないようにすることで

ある程度は蒸発を防ぐことが出来ますが、それも完全とは言えません。

 

 

よって、早めに飲むのが最も効果的なのですが、

水分を一度に多量に摂るのが苦手という人には若干不向きかもしれません。

 

 

1つの容器で500ml程度で販売されているものが多いため、

これを短時間に飲むのが難しいという方もいるのではないでしょうか?

 

 

また、自分で作って飲むタイプであるセブンウォーターは、

特殊な容器を使用していないため、蒸発も早いです。

 

 

よって、やはり早めに飲む必要があるというデメリットがあります。

 

 

3 自分で作るものは若干手間かもしれない

 

 

セブンウォーターが該当しますが、

これは自分で水素水を作って飲むタイプになります。

 

 

もちろん、特殊な方法ではなく、

送られてきた水素発生剤を水に浸して一定時間置くだけですので、

それほど手間はかからないでしょう。

 

 

ですが、これが毎日となれば多少面倒という方もいるかもしれません。

 

 

私自身の経験ですが、自分で作るタイプの水素水を放置していた所、

子供がいじってしまったこともありました。

 

 

まあ手の届かないところに置いておけば・・・

と言われればそれまでですが、

やはり子供は気になるのでしょうね。

 

 

そういった経験もあり、少し手間に感じました。

 

 

 

 

以上が私自身が感じたデメリットになります。

 

 

こうして書いてみると大きなデメリットのように感じますが、

忘れてはいけないのが、それを補って余りある効果を得ることが出来るという点です。

 

 

多少の手間は私だったら目を潰れるレベルかなと思います。

 

 

これらを考慮しても、水素水を試してみる価値がある!

そのように思います。

 

 

水素水はアルミパウチで販売されている?

読了までの目安時間:約 6分

 

 

水素水はアルミパウチで販売されているものが多いです。

 

 

というのも、水素は非常に蒸発しやすいため、

これを閉じ込めておくには、アルミパウチが

最適とされているためです。

 

 

また、アルミパウチといっても、実は4つの層で

作られていることが多く、水素を外に逃がさないように

配慮されています。

 

 

当サイトでご紹介している水素水の中では、

セブンウォーターを除き、すべてアルミパウチの水素水です。

 

 

水素水自体も多数販売されていますが、

最も手間がかからず、高濃度の水素水を飲むことが出来るため、

これが一般的なようです。

 

 

反面、アルミである以上、やはり価格が少々高めになります。

 

 

水素自体、水に充填するためには特殊な技術を要することも有り、

更にこの容器の性質上、どうしても価格が高くなります。

 

 

また、このような措置が取られていると言っても、

水素が外にもれないということはありません。

 

 

あくまで漏れにくいというようになっているだけで、

外に漏れるのは完全に防ぐことは困難です。

 

 

水素の粒子が最も小さいという特徴がある以上、

これはある程度許容しておく必要があります。

 

 

アルミパウチの水素水には大きな違いがない

 

 

実は、アルミパウチの水素水には大きな特徴の差がなく、

比較するポイントも限られてきます。

 

 

◯価格

◯どこの水を使用しているか?

◯水素濃度

 

 

ぐらいしか比較ポイントがありません。

 

 

水の産地にこだわる方はあまりいないでしょう。

 

 

少なくともここの名水を使用してなければ飲まない!!

という人はあまりいないのではないでしょうか(笑)

 

 

となれば先程の比較ポイントを見てみると、

価格と水素濃度になります。

 

 

パウチでおすすめするのは

 

 

パウチタイプの水素水で

水素濃度、価格でもっとも優秀と感じるのが、

浸みわたる水素水です。

 

 

お試し購入もでき、他の水素水よりも濃度が高く、

それでいて価格も他と比較すれば安いため、

アルミパウチ水素水の中では最もおすすめしています。

 

 

浸みわたる水素水の通販・口コミはこちら

 

 

充填時では水素が水に溶ける最大の濃度である

1.6ppmを採用していますので、

濃度の面では十分と言えます。

 

とは言え、ここで注意が必要なのが、

どのような水素水であっても濃度が落ちるのは変わらない

という点です。

 

 

これは浸みわたる水素水であろうと、

他の水素水であろうと同様のことが言えます。

 

 

最初にお伝えしたとおり、水素は宇宙一小さい粒子であり、

これを完全に封じ込めておくというのは、

現代科学に置いて不可能です。

 

 

ですので、充填時の濃度ができるだけ高いもので、

なおかつ価格設定も申し分ないものを選ぶと良いでしょう。

 

 

また、浸みわたる水素水の場合、

お試し購入による割引を行っており、

初回は安く済ませることができるのが最大のメリットです。

 

 

実は水素水は返金保証が付いているものがあまりないため、

そう考えた場合は、初回にどれだけお得に購入できるか?

という点にも注目しておくと良いです。

 

 

そのように考えた場合、

やはり浸みわたる水素水がおすすめできます。

 

 

 

水素水はどこで売っているの?

読了までの目安時間:約 6分

 

 

通販でしか売っていないと思われがちですが、

水素水はスーパーなんかで普通に販売されています。

 

 

実際私の近所でもアルミパウチタイプの水素水と、

ゼオライトなどを使用し、水素を体内で発生させるタイプのものが

売られています。

 

 

ですので、近場で購入することが出来るのであれば、

必ず通販で水素水を購入する必要はないかもしれませんが、

以下のポイントで判断してみると良いでしょう。

 

 

◯継続して飲むかどうか?

◯通販の水素水と比較して優秀か?

◯実際に使用してみて問題ないか?

 

 

この3つです。

 

 

継続して飲むのであれば、

スーパーなどで購入する場合、結構苦労します。

 

 

定期的にスーパーに足を運んで一定量を購入しなければなりませんし、

何より水ですのでかなりの重量があります。

 

 

次に通販の水素水と比べることですが、

私の近場で売っているものは1パック300円程度ですので、

1ヶ月分の数量で考えた場合は、少々価格が高いです。

 

 

また、水素濃度も1.0ppmと、

特筆するほど高いわけでもありませんでした。

 

 

最後に、使用して問題がないかですが、

アルミパウチの水素水の他に、水素を発生させるタイプのものがあります。

 

 

価格も非常に安かったため迷わず購入しましたが、

お腹の調子が悪い日が続き、体に合わないと判断したため、

結局使用を断念しました。

 

 

 

色々と試行錯誤した結果、

今は通販の水素水を使用しています。

 

 

もちろん、市販の水素水が優秀な場合も十分ありえます。

 

 

前置きが長くなりましたが、

水素水は特別な製品などではなくどこでも売っている

ということですね。

 

 

市販の水素水と通販の水素水

 

 

どこでも購入することができる水素水ですが、

通販と市販はどのように違うのでしょうか?

 

 

もちろん作り方に違いはありませんが、

細かい点で見てみると、含有量、名水の栄養価という点では、

通販のほうが優秀のような気がします。

 

 

また、スーパーで売られているものは、

長期的に置かれているものがないとは言い切れません。

 

 

実際に私がよく行くスーパーでは、

売れ残りのワゴンのところに置かれていたこともあります。

 

 

この場合最も注意しなければならないこと。

 

 

それは、水素含有量がどれだけ落ちているのか?

という点です。

 

 

水素水をアルミパウチに封入しているものであれば、

水素が蒸発するのを防ぐことは出来ますが、

もちろん100%ということはありません。

 

 

開封していなくても、期間が経ってしまえば、

やはり水素の含有量は落ちてしまう可能性があります。

 

 

ですので、売れ残りのワゴンのところにあったものは、

どのぐらいの期間置かれていたのかが不明ですが、

少なくとも含有量が落ちてしまっている可能性があります。

 

 

そう考えた場合、注文形式で発注できる通販商品のほうが、

全国の名水を使用していたり、

水素充填後のあまり時間が経っていないうちに飲むことができるため、

優秀かなと思います。

 

 

実際に価格差も殆どないため(送料も無料の場合が多い)、

そう考えた場合は通販の水素水のほうが優秀と言えます。

 

 

管理人おすすめの水素水

7Water(セブンウォーター)
通販口コミ画像2016-3-14_23-5-46_No-00 - コピー

脅威の水素濃度7.0ppm!
文句なく高い濃度を誇る水素水です。

button_001

管理人情報
キャプチャ62

初めまして!

青森県在住のユッキです!

水素水を使用した体験談を元に効果やデメリットをご紹介していきます。

お問い合わせはこちら

ブログランキング参加!

健康食品の人気のブログは??
↓↓↓

水素水カテゴリ一覧
メタ情報
タグ情報
アーカイブ