水素水の効果とデメリット

【知らなきゃ損】水素水の効果とデメリットとは!?

知らなきゃ損!巷でさまざまな効果が提唱されている水素水には十分な効果があるものの、デメリットもあります。高額な水素水を試す前にますは知りたい水素水の豆知識をご紹介!詐欺にだまされないため、厳選した水素水ランキングも!

水素水は普通の水?どう違うの?その仕組は?

読了までの目安時間:約 6分

 

水素水はその名の通り、

水素を多めに含んだ水というイメージです。

 

 

 

水素は目に見える成分でもなければ、

栄養ではありませんので、

一見すると普通の水に見えます。

 

 

 

ですので、どのような人でも飲むことができるものです。

 

 

 

であれば、普通の水とどのように違うのか?

という疑問が出てくると思います。

 

 

 

 

それは、水素が持っている還元力により、

さまざまな健康効果に来た椅子することができるのです。

 

 

 

酸化と還元

 

 

酸化と還元という単語を聞いたことが

ある人も多いと思います。

 

 

 

中学生ぐらいに習うものですので、

意味がわからなくても単語は知っている・・・

という人も多いのではないでしょうか?

 

 

 

改めて説明すると、

酸化とは、物質と酸素が結びつく科学反応のことを指します。

 

 

 

どのような物質であれ、大気中の酸素と物質は、

必ず結びつく化学反応を起こしています。

 

 

 

これは呼吸によって酸素を吸う私達も全く同じです。

 

 

 

これに対して還元とは、

物質と結びついた酸素を切り離す化学反応のことを言い、

酸化とは全く逆の科学反応を指します。

 

 

 

これらの化学反応は日常において必ず行われているものです。

 

 

 

酸素と物質が結びつくと・・・?

 

 

酸素と物質が結びついた場合には、

どのような反応をするのか?

 

 

 

非常に良いイメージを持ってしまうかもしれませんが、

実は錆びついてしまい、本来の能力が無くなっていきます。

 

 

 

例えば鉄骨などをイメージしてみてください。

 

 

 

古い建物の徹t骨の柱、あるいは古い車。

 

 

 

錆びついてしまっていますよね?

 

 

 

これは先程の酸化によるものであり、

この化学反応によって錆びついてしまうのです。

 

 

 

これは私達の体も全く同じことが言えます。

 

 

 

私達は生きていくために酸素を吸いますが、

それは同時に酸素によって細胞が錆びついてしまい、

本来の能力を発揮できなくなります。

 

 

 

これが老化につながっていくのです。

 

 

 

水素と水素水

 

 

これを解消してくれるものが水素の効果です。

 

 

 

水素は最初にご紹介した還元と呼ばれるチカラがあり、

錆びついた物質から酸素を切り離してくれるのです。

 

 

 

これにより、完全に元通りとはいかないものの、

ある程度の能力を取り戻すことができるのです。

 

 

 

では水素水とはどのようなものか?

という最初のお話に戻ります。

 

 

 

最初にご紹介したとおり、水素濃度が高いとは言え、

一見すると普通の水ですし、誰でも飲むことができます。

 

 

 

水素濃度を普通の水よりも多くすることで、

体の錆びついた細胞から、酸素を切り離すことができます。

 

 

 

これが水素水の仕組みとなります。

 

 

 

もしあなたが体の衰えを感じていて、

なんとかしたい!と考えているのであれば。

 

 

 

水素水を試してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

水素水はドラッグストアに売っている?私の地元のお話

読了までの目安時間:約 6分

 

水素水は以前、通販でしか取り扱っていないものでした。

 

 

 

スーパーなどでも見かけることはありませんでしたし、

もちろんドラッグストアにも置いておらず、
購入するには通販しかなかったのです。

 

 

 

ですが、この数年間で知名度が一気に上昇し、
さまざまな商品が販売されるようになってきました。

 

 

 

もちろんドラッグストアなんかでも販売されています。

 

 

 

私は青森県在住ですが、
実際に地元のドラッグウトアやスーパーでも販売されています。

 

 

 

ちなみに、なぜか八百屋さん的なところでも
取り扱っています。

 

 

 

店主の趣味でしょうか(笑)

 

 

 

さて、一般的になってきた水素水ですが、

地元で売っているものと、通販で販売されているもの。

 

 

 

価格はそれほど変わりません。

 

 

 

私の地元では、奥入瀬渓流と呼ばれる、

十和田湖周辺にある有名な渓流の水を使用したものが

販売されています。

 

 

 

1パック200円程度で販売されており、

500mlの数量です。

 

 

 

この価格設定は、高くもなく安くもありませんが、
概ね通販で取り扱っているものと同程度です。

 

 

 

ですので後は水素濃度での勝負となります。

 

 

 

私の地元で販売されている水素水の場合、

1.0ppm程度とされており、

通販のものと比較した場合、少し濃度で劣るようです。

 

 

 

地元のドラッグストアを見てみたのですが、

3種類の水素水が販売されていました。

 

 

 

どれも1.0ppm前後で販売されています。

 

 

 

店頭販売されているものに関しては、

大きな違いは無かったです。

 

 

 

通販での水素水と比較してみると・・・?

 

 

では通販で販売されている、
全く同系統の水素水。

 

 

 

つまり、アルミパウチで販売されているものですね。

 

 

 

価格では大きな違いがないため、

水素濃度ということになりますが、

どちらが優れているのでしょうか?

 

 

 

それは、もちろん通販で販売されている水素水です。

 

 

 

 

例えばメグミオ。

 

 

 

 

以前はビガーブライトという名前で
販売されていた水素水ですが、

水素濃度を上昇させ、パワーアップしたものです。

 

 

 

これは1.6ppmという、
かなり高い水素濃度を誇る水素水です。

 

 

 

価格もそれほど店頭販売のものと変わらないです。

 

 

 

となれば、やはり水素濃度が高いほうを選んだほうが、
その効果にも期待できるのはまちがいありません。

 

 

 

これはあくまで私の地元で販売されているものですので、

必ずしも通販のほうが優れていると言い切るものではありませんが、
全体的に見ても、通販商品のほうが、優れているケースが多いと感じます。

 

 

 

通販で申し込むのが手間でない限りは、
そちらを選択したほうが良いでしょう。

 

 

 

 

水素充填時と飲む時の水素濃度の違いは?実はこんな落とし穴が!?

読了までの目安時間:約 6分

 

 

水素を充填するタイプは全国の名水を使用し、

水素を溶けこませているものです。

 

 

 

このタイプの水素水はもっとも種類が多く、

一般的な水素水ということができます。

 

 

 

スーパーなどで販売されているものもあるため、

なんとなく知っているという方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

さて、このタイプの水素水では、

水素濃度に変化があり、

実際に飲むときは水素濃度が下がっているのをご存知ですか?

 

 

 

それが充填時と飲むときの濃度の違いです。

 

 

 

例えば、水素を充填したときに「充填時の水素濃度1.8ppm~2.4ppm」

といった記載がある場合は、飲むときには1.6ppm程度まで水素が落ちている

そいったものです。

 

 

 

これは水素を完全に閉じ込めておくことができないということ、

そして水素が水に溶けるときの最大濃度が関連しています。

 

 

 

まず水素の特徴として、

宇宙一小さい粒子であるというものがあります。

 

 

 

ですので、どんなに優れた材質であっても、

水素を完全に閉じこめておけるわけではありません。

 

 

 

よって、水素充填時よりも飲むときのほうが、

どうしても水素濃度は下がってしまいます。

 

 

 

これは欠点とも言えますが、

水素の特徴を考慮した場合はやむを得ないと言うしかありません。

 

 

 

ちなみに、アルミパウチの水素水が主流となっているのは、

アルミの網目が細かいことや、アルミ自体が水素を吸着しやすい特徴があるため、

水素を閉じ込めておけるという特徴があるためです。

 

 

 

とは言え、それでも水素を完全に閉じ込めておけるわけではない

ということになります。

 

 

水素の最大濃度

 

 

水素が水に溶ける最大濃度(いわゆる飽和状態)は、

1.6ppmとされています。

 

 

 

つまり、これを超えて充填した場合、

水素の蒸発が通常よりも早くなるため、

1.6ppmまで落ちやすくなっているということになります。

 

 

 

先程お伝えしましたが、

1.8ppmとか2.4ppmといった記載は、

決して間違っているわけではありません。

 

 

 

これはあくまで水素を充填する際の濃度ですので、

充填時にはその濃度を出すことができているでしょう。

 

 

 

ただし、充填時にはその濃度であったとしても、

蒸発が早くなっていますので、

実際に飲むときにはその濃度になっていることはありません。

 

 

 

これも水素の飽和濃度が決まっている以上、

やむを得ないと言うしかありません。

 

 

 

ですが、最近の水素水では、

わざと1.6ppmを超えた高い濃度の水素を充填するようにしており、

飲むときには1.6ppm程度になっているものが多いです。

 

 

 

つまり下がることを見越して水素を充填しているということですね。

 

 

 

以上が水素充填時と飲むときの濃度の違いになります。

 

 

 

あなたがいま購入しようとしている水素水は、

充填時、飲むとき、どちらの濃度が記載されていますか?

 

 

 

今一度確認してみるのも良いでしょう。

 

 

水素水をとにかく安く購入したい!!そんなときはこれ!!

読了までの目安時間:約 5分

 

 

水素水は基本的に高額なものが多いため、

できるだけ安く購入したいという方も多いでしょう。

 

 

通常価格hあ1ヶ月分の数量に換算した場合、

最低でも7,000円以上するものが多いため、

この価格設定は決して安いとは言えません。

 

 

身も蓋もない言い方をしてしまうと、

ほとんどの水素水がアルミパウチで販売されており、

基本的な価格に関してはそれほど大きな違いが無いです。

 

 

では、水素水を安く購入する方法はまったくないのでしょうか?

 

 

もちろん少し発送を変える必要がありますが、

安く済ませる方法はあります。

 

 

それは、水素発生剤を使用したものを購入する方法です。

 

 

この場合はアルミパウチのような特殊な容器を使用せず、

全国の名水を使用しているわけではないため、

価格を抑えることができます。

 

 

水素発生剤タイプのものは水素濃度も高いという特徴がありますので、

コストパフォーマンスが優れているのが特徴です。

 

 

 

セブンウォーターの特徴

 

 

水素発生剤を使用した水素水でおすすめできるのは、

セブンウォーターと呼ばれる水素水です。

 

 

これは水素発生剤のスティックを使用し、

水に浸しておくことで水素が発生します。

 

 

ですので、手軽に水素水を作ることができるのが特徴であり、

価格も安めに設定されています。

 

 

そして何よりもセブンウォーターという名前のとおり、

発生時点での水素の濃度は7.0ppm程度であり、

非常に濃度が高いです。

 

 

アルミなどの容器を使用していないため、

あまり時間を空けずに飲む必要がありますが、

この濃度の高さはそれを補ってくれるでしょう。

 

 

自分で作る必要があるため、

少し手間に感じるかもしれませんが、

そもそも浸しておくだけですので、

そこまで大変というわけではなさそうです。

 

 

コストを抑えたい方には、

この水素水をおすすめします。

 

 

ただし、もちろんデメリットもありますので、

その点もお伝えしておきます。

 

 

それは、万人向けではないという点です。

 

 

水素発生剤は鉱石、化学成分などを使用しており、

水に溶かすことで化学反応を起こして水素を生み出します。

 

 

これに対してアルミパウチの水素水は、

名水を使用し、水素を充填しているものであり、

結局はただの水ですので、副作用は考えられません。

 

 

ですが、水素発生剤の仕組み上、

やはり万人向けとは言い難いかなというのが私の印象です。

 

 

実際にクチコミ情報を見てみると、

わずかですが体に合わなかったという内容のものがあり、

使用を断念したかたもいるようです。

 

 

もちろん粗悪な製品であればそもそも販売中止になりますので、

詐欺のような商品ではないと言えますが、

同時に万人向けのものとは言い難い。

 

 

そういう特徴があることも覚えておくとよいでしょう。

 

 

それでも使用して見る価値は十分にあるのがセブンウォーターです。

 

 

 

 

 

水素水は料理に使うことが出来るのか?

読了までの目安時間:約 5分

 

水素水を料理に使いたい。

 

 

健康に良いとされている水素水ですが、

ただの水を飲むよりはなにかと合わせたほうが、

毎日続けられるのではないか。

 

 

もしかしたらあなたもこのように考えているかもしれませんね。

 

 

 

私自身水分をあまり取らない体質ですし、

たまにならまだしも、毎日のようにペットボトル1本分の水素水を飲むのは

正直きついと思っていました。

 

 

例えば、浄水器などを通して得た水を料理に使っている人も多いため、

水素水を料理に使いたいと思う方もいるのではないでしょうか?

 

 

前置きが長くなってしまいましたが、結論を言うと、

水素水を料理に使うのは基本的におすすめしません。

 

 

というのも、水素は空気に触れることで

急激に蒸発してしまうという特徴があるためです。

 

 

つまり、料理に使うという時点で、

水素水が長時間空気に触れることになってしまいますので、

実際に料理を口にするときには水素が蒸発しています。

 

 

ですので、水素水は料理に使うのは、

適していないと考えておくべきでしょう。

 

 

水素水はパウチで販売されている

 

 

例えば、当サイトでご紹介している水素水の

殆どがアルミパウチで販売されています。

 

 

それはなぜか?

 

 

もちろん、蒸発しやすい水素を逃がさないようにするためです。

 

 

このアルミパウチは四層構造になっており、

更に網目が細かく作られているため、

水素を外に逃さないようにすることが出来ています。

 

 

もともとアルミは水素を吸着しやすいという性質があり、

何十にもアルミを重ねることで水素が逃げないようにしているため、

水素を体内に取り入れることができるように作られています。

 

 

ですが逆を言えば、

ここまでしないと水素を水に溶かしておくことが出来ません。

 

 

水素が蒸発するのは、空気に触れることで起こりますので、

アルミパウチの中は真空状態になっています。

 

 

そして、一度アルミパウチを開封した後は

あまり時間をかけずに飲む必要があります。

 

 

そう考えた場合、やはり水素水は開封した後、

あまり時間をかけずに飲んでしまうのがベストでしょう。

 

 

ちなみに私の場合は、

料理に使いませんが、食事のときに、

お茶代わりに飲んでいます。

 

 

ただ水を飲むよりは苦痛を伴いませんし、

食事の際にはお茶を飲むことが多いため、

それを水素水に変えるだけでしたので、

思っていたよりも長く続けられています。

 

 

もしあなたが私と同じように、

水分をあまり取らない体質であり、

ただ水素水を飲み続けるのが苦痛なのであれば。

 

 

食事と一緒にしてみるのも一つの手ではないでしょうか?

 

 

 

 

口コミを参考にする!?モンドセレクションは必須なの??

読了までの目安時間:約 5分

 

 

水素水に限った話ではありませんが、

どのような商品を購入する場合であっても、

人の意見というのは非常に参考になります。

 

 

あなた自身も商品を購入する際に、

口コミなどを参考にしたことがあるのではないでしょうか?

 

 

残念なことに、水素系の商品はまだ日が浅いこともあり、

商品によっては口コミが充実していないものもあります。

 

 

ですので、口コミを参考にしたい・・・

そう思っていても実はないなんてこともあります。

 

 

そこで参考にできるのが、モンドセレクションです。

 

 

水素水も健康食品に分類されており、

医薬品ではないため、モンドセレクションの審査を受ける事が可能であり、

もちろん受賞している水素水も存在します。

 

 

当サイトでご紹介している水素水でこの賞を受賞しているのは、

ビガーブライトです。

 

 

 

水素濃度は一般的な水素水でありながら、

その品質管理の良さから金賞を受賞したことがあります。

 

 

 

モンドセレクションって?

 

モンドセレクションは、ベルギー発祥の賞であり、

商品に対する厳密な審査が行われ、一定の基準をクリアし、

優れたものに対して受賞を受けることができるものです。

 

 

この賞を持っているだけで、

この第三者の評価という点では全く問題ないと言ってもいいほどです。

 

 

※もちろん商品の絶対の効果を保証するものではありませんので、

あくまで参考程度にとどめておいてください。

 

 

水素水を選ぶ際にどれを選べばいいのかわからないという方は、

このモンドセレクションを受賞しているというのを

判断基準にしても良いのではないでしょうか?

 

 

私個人としては、

モンドセレクションと名前を聞いただけで飛びついてしまいます(笑)

 

 

 

ただしこんな注意点も!?

 

 

とは言え、ここで注意が必要なのが、

申し込んでいないと受賞をすることは出来ませんし、

賞を受賞していないからと言って、

商品が詐欺のようなものとはかぎりません。

 

 

例えば私がおすすめしている水素水で、

モンドセレクションを受賞しているものではありませんが、

ビガーブライト以上に水素濃度が高く、

価格が安い「浸みわたる水素水」があります。

 

 

こちらのほうが価格もわずかながら安く設定されていますし、

初回の購入金額が安くなっています。

 

 

更には水素濃度も同等かそれ以上になっていますので、

決して劣っているわけではなく、

むしろビガーブライトと同程度と考えても良いでしょう。

 

 

そう考えた場合、必ずしもモンドセレクションが必須とは言えませんし、

参考にできると言っても、それ以上に優秀なものもあります。

 

 

 

水素水はアルミパウチで販売されている?

読了までの目安時間:約 6分

 

 

水素水はアルミパウチで販売されているものが多いです。

 

 

というのも、水素は非常に蒸発しやすいため、

これを閉じ込めておくには、アルミパウチが

最適とされているためです。

 

 

また、アルミパウチといっても、実は4つの層で

作られていることが多く、水素を外に逃がさないように

配慮されています。

 

 

当サイトでご紹介している水素水の中では、

セブンウォーターを除き、すべてアルミパウチの水素水です。

 

 

水素水自体も多数販売されていますが、

最も手間がかからず、高濃度の水素水を飲むことが出来るため、

これが一般的なようです。

 

 

反面、アルミである以上、やはり価格が少々高めになります。

 

 

水素自体、水に充填するためには特殊な技術を要することも有り、

更にこの容器の性質上、どうしても価格が高くなります。

 

 

また、このような措置が取られていると言っても、

水素が外にもれないということはありません。

 

 

あくまで漏れにくいというようになっているだけで、

外に漏れるのは完全に防ぐことは困難です。

 

 

水素の粒子が最も小さいという特徴がある以上、

これはある程度許容しておく必要があります。

 

 

アルミパウチの水素水には大きな違いがない

 

 

実は、アルミパウチの水素水には大きな特徴の差がなく、

比較するポイントも限られてきます。

 

 

◯価格

◯どこの水を使用しているか?

◯水素濃度

 

 

ぐらいしか比較ポイントがありません。

 

 

水の産地にこだわる方はあまりいないでしょう。

 

 

少なくともここの名水を使用してなければ飲まない!!

という人はあまりいないのではないでしょうか(笑)

 

 

となれば先程の比較ポイントを見てみると、

価格と水素濃度になります。

 

 

パウチでおすすめするのは

 

 

パウチタイプの水素水で

水素濃度、価格でもっとも優秀と感じるのが、

浸みわたる水素水です。

 

 

お試し購入もでき、他の水素水よりも濃度が高く、

それでいて価格も他と比較すれば安いため、

アルミパウチ水素水の中では最もおすすめしています。

 

 

浸みわたる水素水の通販・口コミはこちら

 

 

充填時では水素が水に溶ける最大の濃度である

1.6ppmを採用していますので、

濃度の面では十分と言えます。

 

とは言え、ここで注意が必要なのが、

どのような水素水であっても濃度が落ちるのは変わらない

という点です。

 

 

これは浸みわたる水素水であろうと、

他の水素水であろうと同様のことが言えます。

 

 

最初にお伝えしたとおり、水素は宇宙一小さい粒子であり、

これを完全に封じ込めておくというのは、

現代科学に置いて不可能です。

 

 

ですので、充填時の濃度ができるだけ高いもので、

なおかつ価格設定も申し分ないものを選ぶと良いでしょう。

 

 

また、浸みわたる水素水の場合、

お試し購入による割引を行っており、

初回は安く済ませることができるのが最大のメリットです。

 

 

実は水素水は返金保証が付いているものがあまりないため、

そう考えた場合は、初回にどれだけお得に購入できるか?

という点にも注目しておくと良いです。

 

 

そのように考えた場合、

やはり浸みわたる水素水がおすすめできます。

 

 

 

水素水ってどんなもの?

読了までの目安時間:約 5分

 

水素水とは、その名の通り水素を水に溶かしたものです。

水素水ってどんなもの?の続きを読む »»

管理人おすすめの水素水

7Water(セブンウォーター)
通販口コミ画像2016-3-14_23-5-46_No-00 - コピー

脅威の水素濃度7.0ppm!
文句なく高い濃度を誇る水素水です。

button_001

管理人情報
キャプチャ62

初めまして!

青森県在住のユッキです!

水素水を使用した体験談を元に効果やデメリットをご紹介していきます。

お問い合わせはこちら

ブログランキング参加!

健康食品の人気のブログは??
↓↓↓

水素水カテゴリ一覧
メタ情報
タグ情報
アーカイブ