水素水の効果とデメリット

【知らなきゃ損】水素水の効果とデメリットとは!?

知らなきゃ損!巷でさまざまな効果が提唱されている水素水には十分な効果があるものの、デメリットもあります。高額な水素水を試す前にますは知りたい水素水の豆知識をご紹介!詐欺にだまされないため、厳選した水素水ランキングも!

水素水は普通の水?どう違うの?その仕組は?

読了までの目安時間:約 6分

 

水素水はその名の通り、

水素を多めに含んだ水というイメージです。

 

 

 

水素は目に見える成分でもなければ、

栄養ではありませんので、

一見すると普通の水に見えます。

 

 

 

ですので、どのような人でも飲むことができるものです。

 

 

 

であれば、普通の水とどのように違うのか?

という疑問が出てくると思います。

 

 

 

 

それは、水素が持っている還元力により、

さまざまな健康効果に来た椅子することができるのです。

 

 

 

酸化と還元

 

 

酸化と還元という単語を聞いたことが

ある人も多いと思います。

 

 

 

中学生ぐらいに習うものですので、

意味がわからなくても単語は知っている・・・

という人も多いのではないでしょうか?

 

 

 

改めて説明すると、

酸化とは、物質と酸素が結びつく科学反応のことを指します。

 

 

 

どのような物質であれ、大気中の酸素と物質は、

必ず結びつく化学反応を起こしています。

 

 

 

これは呼吸によって酸素を吸う私達も全く同じです。

 

 

 

これに対して還元とは、

物質と結びついた酸素を切り離す化学反応のことを言い、

酸化とは全く逆の科学反応を指します。

 

 

 

これらの化学反応は日常において必ず行われているものです。

 

 

 

酸素と物質が結びつくと・・・?

 

 

酸素と物質が結びついた場合には、

どのような反応をするのか?

 

 

 

非常に良いイメージを持ってしまうかもしれませんが、

実は錆びついてしまい、本来の能力が無くなっていきます。

 

 

 

例えば鉄骨などをイメージしてみてください。

 

 

 

古い建物の徹t骨の柱、あるいは古い車。

 

 

 

錆びついてしまっていますよね?

 

 

 

これは先程の酸化によるものであり、

この化学反応によって錆びついてしまうのです。

 

 

 

これは私達の体も全く同じことが言えます。

 

 

 

私達は生きていくために酸素を吸いますが、

それは同時に酸素によって細胞が錆びついてしまい、

本来の能力を発揮できなくなります。

 

 

 

これが老化につながっていくのです。

 

 

 

水素と水素水

 

 

これを解消してくれるものが水素の効果です。

 

 

 

水素は最初にご紹介した還元と呼ばれるチカラがあり、

錆びついた物質から酸素を切り離してくれるのです。

 

 

 

これにより、完全に元通りとはいかないものの、

ある程度の能力を取り戻すことができるのです。

 

 

 

では水素水とはどのようなものか?

という最初のお話に戻ります。

 

 

 

最初にご紹介したとおり、水素濃度が高いとは言え、

一見すると普通の水ですし、誰でも飲むことができます。

 

 

 

水素濃度を普通の水よりも多くすることで、

体の錆びついた細胞から、酸素を切り離すことができます。

 

 

 

これが水素水の仕組みとなります。

 

 

 

もしあなたが体の衰えを感じていて、

なんとかしたい!と考えているのであれば。

 

 

 

水素水を試してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

水素水はおいしい!?その理由とは実は・・・

読了までの目安時間:約 6分

 

水素水と言っても、
基本的にただの水ですので、
味にはそれほど期待しない・・・。

 

 

 

そのように考えている人も多いでしょう。

 

 

 

私も健康効果を狙って水素水を飲み始めたのですが、

実際に飲んでみると、全く違いました。

 

 

 

味オンチの私ですら美味しいと思いました。

 

 

 

その理由は一つ。

 

 

 

アルミパウチで販売されている水素水は、
基本的に全国のいずれかの名水を使用しているためです。

 

 

 

ミネラルが豊富に含まれ、
自然から湧き出る水。

 

 

 

水道水とは比べ物にならないぐらい美味しいです。

 

 

 

繰り返しますが、
味覚のセンスがない私でさえ、

美味しいと感じたぐらいですから。

 

 

 

水素が含まれていることによる健康効果。

 

 

 

そして更に味も美味しいとなれば、
長く続けることができるのではないでしょうか。

 

 

 

アルミパウチの水素水は少々価格が高いのがネックですが、

このようなメリットもあります。

 

 

 

水素水の種類

 

 

水素水は大きく分けて2つの製造方法があります。

 

 

 

それは、

 

  • 水に圧縮充填することで水素濃度を高めたもの
  • 水素発生剤を用いて水素水を作るもの

 

 

この2つです。

 

 

 

どのような水素水であれ、
この2つの方法が取られていますし、

それぞれ違いが一目瞭然ですので、
すぐに分かるでしょう。

 

 

 

では美味しいと言われている水素水はどちらかというと、

前者のタイプの水素水になります。

 

 

 

これは水に圧縮充填して濃度を高めるものですので、

媒体となる水を美味しいものにすることで、

味を楽しみながら水素水を飲むことが出来ます。

 

 

 

このタイプの水素水はスーパーやドラッグストア、
なぜか私の地元では野菜の専門店でも取り扱っていますので、

最も一般的な水素水と言えるでしょう。

 

 

 

味も楽しみたいのであれば、
このタイプの水素水にしておくべきでしょう。

 

 

 

ほとんどのものがアルミパウチで

販売されていますので、すぐに分かります。

 

 

 

自分で作るタイプの水素水

 

 

これに対して、水素発生剤を用いた水素水もあり、
この場合は多くのものが専用キットで販売されており、
基本的に自分で水素水を作ります。

 

 

 

水素発生剤はその名の通り、
水素を発生させる原料を用いたものであり、
マイクロクラスター、ゼオライトなど、
さまざまなものがあります。

 

 

 

この原料と水が化学反応をすることで
水素を発生させる仕組みです。

 

 

 

水はどんなものを使用しても良いので、
極端な話、水道水でも作ることができます。

 

 

 

味を楽しむということは出来ないかもしれませんが、
アルミパウチで販売されているものよりも、
水素の濃度は抜群に高いです。

 

 

 

また、アルミの容器を使用するわけではないため、

価格も少し安く購入することができます。

 

 

 

味は関係なく、濃度、価格を求めるのであれば、
このタイプのものを使用しても良いでしょう。

 

 

 

以上の2つが主な水素水のタイプになります。

 

 

 

どちらにも優れた部分があるので
自分の好みに合わせて選ぶと良いでしょう。

 

 

 

 

水素を充填する水素水。開封時に気を付けておくべき点とは?

読了までの目安時間:約 5分

 

多くの水素水は、水素を圧縮充填し、
アルミパウチに封入して販売されています。

 

 

水素水は当初は通販でしか見かけることがなかったのですが、
最近ではドラッグストアやスーパーなどでも
比較的見かけるようになってきました。

 

 

また、多くのものが全国の名水を使用しており、

美味しく飲むことができるため、

密かに人気を誇っているようです。

 

 

芸能人が使用しているケースも多くなっており、
今後ますますユーザーは増えていくと思われます。

 

 

さて、そんな水素水ですが、

実際に飲む際に注意しておくべき点があります。

 

 

それは、水素の蒸発です。

 

 

開封する前であれば、あまり気にしなくてもよいのですが、
開封後は水素の蒸発が早くなってしまうため、

早めに飲んでおく必要があります。

 

 

というのも、水素は空気に触れることで、
急激に蒸発してしまうという特徴があるため、

空気に長時間触れさせておくのはNGです。

 

 

そう考えた場合、少し扱いが難しい成分
ということでもあるかもしれませんね。

 

 

もちろん、アルミパウチの容器の性質上、
開封後であっても保存ができるように、
空気が入らないようにすることは出来ますが、
それでも100%真空というわけではありません。

 

 

あくまで真空に近い状態ということです。

 

 

ですので、やはり早めに飲むのがベストです。

 

 

水素がアルミパウチで販売されているのは?

 

 

水素水がアルミパウチで販売されているのは、
粒子が非常に細かく、外に逃げやすいためです。

 

 

ですので、普通のペットボトルのような容器であれば、
すぐに水素が逃げてしまいます。

 

 

ですので、水素を容器の中に閉じ込めておくためには、

特殊な容器が必要となり、

現状で最も適しているのはアルミとされています。

 

 

アルミはもともと水素が吸着しやすく、

それでいて閉じ込めておく性質があります。

 

 

ですので水素が外に逃げ出さないように
することができるのです。

 

 

ですが、逆を言えば、

それ以外の容器を用いているものであれば、
水素が蒸発していないかどうか?
という点で信憑性を確認するべきです。

 

 

これは実際にあった話ですが、私の地元のスーパーで、

普通にプラスチックの容器で販売されていたことがありました。

 

 

そのときにはすでに水素水の特徴を知っていましたので、
購入しなかったのですが、今思えば、
本当に大丈夫なのか??と感じます。

 

 

やはり容器にも気を配って販売してほしいものです。

 

 

 

ただし、このアルミの容器を用いているという時点で、
想像できる方もいるかもしれませんが、
容器の費用もそれなりにかかってしまいます。

 

 

この点は水素水のデメリットと言えるでしょう。

 

 

ですが、その分水素は高い還元力を持っていますので、
この点はやむを得ないと割り切るしかないのかもしれませんね。

 

 

水素によって酸化した細胞を取り戻す!?その仕組とは?

読了までの目安時間:約 6分

 

私達は酸素なしでは生きていくことはできず、
呼吸によって酸素を取り込みます。

 

 

 

これによって、酸素が体内を循環し、
生命活動を維持しているのです。

 

 

 

これ自体今更私が言うことでもないですし、
当たり前に行われているものです。

 

 

 

ですが、これは同時に衰えを
実感していくということでもあります。

 

 

 

酸素は体内に取り込んだ場合、
細胞と結合する、「酸化」と呼ばれる化学反応が起こります。

 

 

 

酸化は私達の細胞だけではなく、
あらゆる物質に対して起こるもので、
その物質を錆びつかせるという効果があります。

 

 

 

錆びてしまった物質は、
腐食、衰えなどが出てきてしまい、
本来の能力を発揮できなくなるのです。

 

 

 

この仕組みの例に、
10円玉があります。

 

 

 

10円玉はほとんどのものが
こげ茶色のような色をしており、
きれいな状態のものを持っている人は少ないでしょう。

 

 

 

これは酸素と10円玉の原料である、
銅が酸化したことによるものであり、

本来の色合いではなくなっています。

 

 

 

そもそも新しい10円玉って、
きれいな銅の色をしていますよね?

 

 

 

これは、酸化が進む前の状態であり、
これこそが10円玉本来の姿です。

 

 

 

人間の細胞と酸化

 

 

これは私達の場合でも同様のことが言えます。

 

 

 

最初にお伝えしたとおり、
私達は酸素を呼吸によって取り込みますが、

それは10円玉と同様に、

細胞が酸化してしまうことを意味します。

 

 

 

酸化した細胞は本来のチカラを発揮できなくなり、

衰えてしまうことになります。

 

 

 

これが老化現象につながっていくのです。

 

 

 

ある意味自然現象ですので、

こればかりは仕方が無いことでもありますね。

 

 

 

では、私達は細胞の酸化を止める方法はないのでしょうか?

 

 

 

実はこれに対して水素が効果を発揮します。

 

 

 

それが水素の還元力と呼ばれるものです。

 

 

 

還元とは、酸化した細胞から、

酸素を切り離すことを言い、

この効果により細胞の錆びをある程度防ぐことができます。

 

 

 

もちろん完全に元通りになるわけではありませんが、
ある程度のアンチエイジング効果に期待できるでしょう。

 

 

 

ちなみに、還元力を持った成分は多数あり、

水素だけが持っているわけではありません。

 

 

 

ポリフェノールやカロテノイドなど、

動植物成分によく含まれており、

それ以外にも多数あります。

 

 

 

いわば、日常的に使用されている成分であり、

私達に馴染みの深い成分と言えるでしょう。

 

 

 

ですが、水素の場合、

宇宙一小さい分子サイズという特徴があり、

還元力が非常に高いと言われています。

 

 

 

サイズが小さいことにより、

どの物質であっても細胞レベルまで

還元力が浸透しやすいという特徴があるため、

今後注目されていく成分と言えるでしょう。

 

 

 

水素水にはスティックタイプのものがある!?普通の水素水とどこが違う?

読了までの目安時間:約 5分

 

水素水は大きく分けると2つの種類があります。

 

それは、

 

○水素発生剤を用いて自分で作るもの

○水素を水に圧縮充填して作ったもの

 

この2つです。

 

 

一般的に販売されているものは、

この2つのどちらかになっていると思って良いです。

 

 

スティックタイプのものと言えば、

前者のものが該当します。

 

 

これは原料がゼオライトなどの鉱石、

マイクロクラスターといった化学成分、

岩塩を使用したものなどがあります。

 

 

これらを水に混ぜることで、

水素を多量に発生させ、その水を飲むことで

水素を体内に取り入れることが出来ます。

 

 

この仕組の関係上、自分で水素水を作る必要があり、

若干手間に感じるかもしれませんが、

水に浸しておくだけで水素が発生するため、

そこまで手間になるようなものではないです。

 

 

ただし、毎日続けるのであれば、

当然毎日作る必要がありますので、

その点を踏まえておいたほうが良いでしょう。

 

 

水素の発生量が多く、容器も特に問わないため、

価格も比較的手頃に購入することができます。

 

 

価格を抑えたい方にはうってつけの水素水ですが、

原料が水ではなく、化学反応を起こすという仕組み上、

万人向けの水素水とは言えないかもしれませんね。

 

 

私は使用していて特に不都合は感じませんでしたが、

合う・合わないが考えられる水素水といった位置付けです。

 

 

ですが、それを差し引いても、

水素濃度も高く価格も手頃であるため、

おすすめできる水素水であることは間違いないでしょう。

 

 

圧縮充填したタイプ

 

 

これに対して、水素を圧縮充填したタイプは、

アルミパウチに封入されて販売している水素水です。

 

 

原料となる水も全国の名水を使用しているため、

美味しく飲むことが出来ます。

 

 

デメリットとしては、水素を水に充填するのに、

上限が決まっているという点です。

 

 

水素が水に溶ける濃度は1.6ppmとされており、

これを超えた場合は水素が蒸発しやすくなるため、

基本的にこれを超えるものはありません。

 

 

水素発生剤を用いたものに比べると、

濃度という点で劣ります。

 

 

また、水素を外に逃さないように、

アルミパウチを使用しているため、

容器にもお金がかかってしまい、

トータル費用では水素発生剤よりも高くなります。

 

 

ここまで書くとデメリットのほうが多く感じますが、

それを補ってくれるのが万人向けであるというものです。

 

 

原料はあくまでただの水であり、

化学反応するということもないため、

どのような方が使用しても副作用は考えられないでしょう。

 

 

また、味を楽しみながら水素水を飲めるのもポイントです。

 

 

実際に私の地元の渓流を使用した水素水を飲んでみましたが、

味オンチの私でも違いが分かるほどです。

 

 

そう考えた場合は、長く続けていきやすいという

メリットもあるかもしれませんね。

 

 

以上が水素水の主な特徴になります。

 

 

 

 

水素水は空気に触れると効果なし!?実はデリケートな飲み物

読了までの目安時間:約 6分

 

水素水はその名の通り水素を水に配合したものです。

 

 

 

水素は強力な還元力を持っているのが特徴であり、

体内に取り込むことでさまざまな健康効果に期待できます。

 

 

 

そんな水素水ですが、実は気をつけておくべき点があります。

 

 

 

それは、空気に触れさせないようにすることです。

 

 

 

水素水に含まれている水素は非常に蒸発しやすく、
特に空気に触れた場合、急激に蒸発してしまいます。

 

 

 

大気の中で大部分を締めているのは水素。

 

 

 

これはなんとなくご存知かもしれませんが、

この大気中に溶けてしまうのです。

 

 

 

水素水から水素が抜けてしまった場合、

ただの水になってしまうため、

全く意味がなくなります。

 

 

 

ですので、取扱には十分注意したほうが良いでしょう。

 

 

 

では水素を体内に取り込むのに、
最も適した方法はどのようなものがあるのでしょうか?

 

 

 

すぐに飲むのが効果的

 

 

最も効果が高いとされているのは、

開封後にすぐ飲むことです。

 

 

 

通常のアルミパウチタイプの水素水であれば、
水素を圧縮充填して水素を配合し、
外に逃さないように封入されています。

 

 

 

つまり真空状態になっているということになります。

 

 

 

開封後はもちろん空気に触れやすくなってしまいますので、

水素が蒸発しやすくなっていますが、

開封後にすぐ飲むことで水素の蒸発を抑えることができます。

 

 

 

とは言え、アルミパウチの水素水は、
500ml単位で販売されているものが多く、

この量の水を一気に飲むのが難しいという人も少なからずいるでしょう。

 

 

 

私も普段からあまり水分を摂らない体質ですので、

よく分かります。

 

 

 

そこでおすすめするのが、

開封後は水素水を少し溢れさせるようにしてから

キャップを閉じる方法です。

 

 

 

この方法でも空気に触れにくくなりますので、

水素の蒸発を抑えることができます。

 

 

 

とは言え、それでも水素濃度は落ちていきますので、

開封後が一番濃度が高いのは言うまでもありません。

 

 

 

できるだけ早めに飲むのが望ましいでしょう。

 

 

 

自分で水素水を作るタイプもある

 

 

アルミパウチタイプの水素水を毎日飲むのが厳しい場合、
自分で水素水を作るものもあります。

 

 

 

これは鉱石や岩塩、マイクロクラスターなどを

水と化学反応させることで水素を大量に発生させるものです。

 

 

 

これであれば、水素濃度が抜群に高い状態で
水素水を飲むことが出来ますので、

アルミパウチのものよりも濃度が高いまま、

多量の水を飲まなくても水素を摂る事ができます。

 

 

 

また、アルミパウチのような容器を使用していないため、

価格が少し休めに設定されているのもメリットです。

 

 

 

セブンウォーターがこれに当たりますので、

自分で作るのが手間でなければ、

これを選択肢に入れても良いかと思います。

 

 

 

水素水ランキングはこちら

 

水素水はスティックタイプのものもある?どんなもの?

読了までの目安時間:約 8分

 

水素水は大きく分けて2種類のものが販売されています。

 

 

 

それは、

 

○水素を水に充填し、パウチなどの容器で販売しているもの

○水素水を自分で作るもの

 

この2つです。

 

 

 

厳密にはもう少しありますが、概ねこの2種類と思っておいて良いです。

 

 

 

水素水のスティックタイプのものは、

基本的に後者の方に分類されます。

 

 

 

ではこのタイプのものはどのような特徴を持っているのでしょうか?

 

 

 

その点について触れていきます。

 

 

水素発生剤を使用

 

 

自分で作るタイプのものは、水素発生剤と呼ばれるものを使用します。

 

 

 

マイクロクラスター、岩塩、ゼオライトなど、

化学成分、鉱石などを使用しているものになります。

 

 

 

これは、水分に触れることで水素を多量に発生させる

という特徴がありますので、それを活用した水素水ということになります。

 

 

 

ですので、名水を使用している水素水とはコンセプトが異なり、

水道水などでも普通に作ることができます。

 

 

 

毎日作るという手間は発生しますが、

基本的に発生剤を水に浸しておくだけですので、

そこを手間と考えるか、そうではないと考えるか、

といったところです。

 

 

水素発生剤のメリット

 

 

水素発生剤タイプのメリットは、

価格設定濃度です。

 

 

 

先程お伝えしたように、水道水でも作ることが出来ますし、

アルミパウチのような容器を使用しているわけではないため、

価格が抑えられており、安く購入することが出来ます。

 

 

 

1ヶ月分の数量で数千円のサガあるため、

価格を重視する方におすすめできます。

 

 

 

次に水素濃度に関してです。

 

 

 

水素が水に溶ける濃度は決まっており、

1.6ppmとされています。

 

 

 

これを超えた分は蒸発が早くなってしまうため、

基本的にこの濃度を上回ることはありません。

 

 

 

ですが、これはあくまでアルミパウチのような、

作った商品を届ける場合です。

 

 

 

水素発生剤は作っている最中に水素がどんどん発生していきますので、

それ以上の濃度の水素水を飲むことが出来ます。

 

 

 

これは水素水に限った話ではありませんが、

成分量が多ければ多いほどその効果や信憑性に期待が持てます。

 

 

 

これはどのような商品でも同じことが言えるでしょうし、

水素水も例外ではありません。

 

 

 

水素発生剤タイプのものはこのようなメリットがあります。

 

 

水素発生剤のデメリット

 

 

もちろんメリットだけではなく、デメリットも当然あります。

 

 

 

それは、手間原料です。

 

 

 

手間に関しては先程お伝えしたとおりですが、

たまに作る程度であればそれほど手間と感じないと思いますが、

これを毎日続けると慣れば話は別です。

 

 

 

いくらスティックを浸しておくだけとは言え、

少し時間がかかりますので、毎日作るのが面倒・・・

という方も少なからずいるかも知れません。

 

 

 

こればかりはひとそれぞれですので一概には言えませんが、

毎日続けることを考慮しておくべきでしょう。

 

 

 

次に原料に関してです。

 

 

 

水素発生剤の原料に関しては先程お伝えしたとおりですが、

化学成分や鉱石を使用しており、水素を発生させる仕組みのため、

化学反応を起こすことで水素水を作ります。

 

 

 

このプロセスを見てなんとなくイメージできるかもしれませんが、

万人向けとは言えないでしょう。

 

 

 

実際に口コミ情報を見てみると、

お腹の調子が悪くなった、自分の体に合わなかったといった

口コミを見かけることが稀にあります。

 

 

 

私はそういう経験はありませんでしたので、

共感することは出来ませんが、

そのような人もいる以上、やはり万人向けとは言い難いです。

 

 

 

逆にアルミパウチの水素水は名水を使用しており、

結局はただの水ですので、万人向けと言っても良いでしょう。

 

 

 

以上2点が水素発生剤の場合のデメリットとなります。

 

 

これらを踏まえて購入を検討したほうが良いでしょう。

 

 

ですが、やはり価格の安さの濃度は魅力だと思います。

 

 

 

効果なしの水素水!?実は本当に存在した!?

読了までの目安時間:約 4分

 

水素水は全く効果が無い・・・。

 

 

 

そのような印象を持っている方も少なくないようですが、

水素の還元力は決して見逃せない特徴があります。

 

 

 

アンチエイジング、美容、代謝の活発化等、

水素水にはさまざまな効果が期待されています。

 

 

 

これは水素水の口コミを見てみればよく分かります。

 

 

 

公式サイトの効果だけをチェックしていれば、

本当なのかな?と疑いたくなりますが、

人の口コミをチェックしていれば、

好印象なものも多いため、一概に詐欺とは言い切れません。

 

 

 

私も水素水を使用してみて、汗をかきやすくなったり、

朝の目覚めがすっきりしたりと、それなりに効果を得ることが出来ています。

 

 

 

では、水素水の中でも効果が全く見られず、

詐欺のようなものはあるのでしょうか?

 

 

 

実は結論を言えば「あります。」

 

 

 

それは水素濃度が殆どないのにもかかわらず、

水素水と表記されて販売されているものです。

 

 

 

残念なことに、そのようないわゆるまがい物も

少なからず存在するということになります。

 

 

 

これが意図的なのか、それとも蒸発してしまったのかは分かりません。

(後者で有ることを祈ってはいますが。)

 

 

 

ですが、現実としてそのような水素水が存在しています。

 

 

週刊文春で紹介されている水素水の濃度

 

現在でも芸能人のスキャンダルを生業としている「週刊文春」は、

あなたもご存知のことでしょう。

 

 

 

これは基本的に芸能人のスキャンダルをご紹介していますが、

かつて水素水の濃度について触れられているものがありました。

 

 

 

その画像がこちらです。

 

通販口コミ画像2016-4-5_23-22-51_No-00

 

いかがでしょうか?

 

 

 

全くのゼロという水素水はあまりありませんが、

そのように販売されているものもあるということになります。

 

 

 

例え0ではなかったとしても、

濃度があまりにも低い場合は、

やはり効果を実感するのは難しいかもしれません。

 

 

 

このような水素水も存在します。

 

 

 

水素濃度と一口に言っても実はこんなことがあるんです

読了までの目安時間:約 5分

 

 

水素水をチェックする際に、

必ず見ておくべきものが水素濃度です。

 

 

 

水素濃度は高ければ高いほど水素を体内に取り込むことができますので、

効果や信憑性にも期待が持てることになります。

 

 

 

当たり前の話ですが、

同程度の価格設定の場合は、

濃度が高い方を購入したほうがお得と言えるでしょう。

 

 

 

ですが、ここで一点注意しておくべき点があります。

 

 

 

それは水素濃度は充填時と飲むときで変わるという点です。

 

 

 

まず前提条件として、水素は最も小さいサイズの分子であり、

これを完全に閉じ込めておくことはできません。

 

 

 

今では一般的とされているアルミパウチでの販売ですが、

この方法であっても完全に閉じ込めておくことは出来ません。

 

 

 

時間が経てば経つほど水素は蒸発してしまい、

水素水もいずれはただの水になってしまいます。

 

 

 

この点を踏まえてお話しますが、

まず水素充填時とは、

簡単に言えば水素水を製造した直後のことを指します。

 

 

 

ですので、このときであれば水素の蒸発を考慮しなくても良いので、

水素濃度は高くなっています。

 

 

 

これに対して飲むとき(つまり開封時)は、

そのままの意味ですが、充填時に比べて濃度が低くなります。

 

 

 

その理由は先程お伝えしたとおり、

水素を完全に閉じ込めておくことが出来ないためです。

 

 

水素の飽和濃度

 

 

水素が水に溶ける濃度は決まっており、

最高濃度は1.6ppmとされています。

 

 

 

アルミパウチで販売されているものに関しては、

必ずこの制限があるものと思って差し支えありません。

 

 

 

それはもちろん水素を水に溶け込ませて販売しているという特徴があるためです。

 

 

 

では、「1.8~2.4ppm」といった濃度の記載はどのような仕組みなのか?

 

 

 

それは、水素を充填した当時の水素濃度と、実際に飲む時の濃度の違いです。

 

 

 

水素を充填するときには当然濃度制限がかかりませんので、

1.6ppm以上の数値を出すことができます。

 

 

 

ですが、この濃度を超えた水素の蒸発が早くなってしまいますので、

一般的には飲む際には1.6ppm程度になっていることが多いです。

 

 

 

もちろん、開封後にすぐ飲むことで

それ以上の濃度になっていることも有るとは思いますが、

それはあくまで製造時の状態です。

 

 

 

パウチで販売され、郵送で送られてくるものに関しては、

概ねこのぐらいになる・・・といった認識でよいでしょう。

 

 

 

なお、これは充填時の水素濃度が高ければ当然開封後の濃度も高くなります。

 

 

 

ですので、一般的な水素水の濃度である0.8~1.2ppm程度の濃度は、

当然充填時の水素濃度もそれなりということになります。

 

 

 

水素充填時と飲む時の水素濃度の違いは?実はこんな落とし穴が!?

読了までの目安時間:約 6分

 

 

水素を充填するタイプは全国の名水を使用し、

水素を溶けこませているものです。

 

 

 

このタイプの水素水はもっとも種類が多く、

一般的な水素水ということができます。

 

 

 

スーパーなどで販売されているものもあるため、

なんとなく知っているという方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

さて、このタイプの水素水では、

水素濃度に変化があり、

実際に飲むときは水素濃度が下がっているのをご存知ですか?

 

 

 

それが充填時と飲むときの濃度の違いです。

 

 

 

例えば、水素を充填したときに「充填時の水素濃度1.8ppm~2.4ppm」

といった記載がある場合は、飲むときには1.6ppm程度まで水素が落ちている

そいったものです。

 

 

 

これは水素を完全に閉じ込めておくことができないということ、

そして水素が水に溶けるときの最大濃度が関連しています。

 

 

 

まず水素の特徴として、

宇宙一小さい粒子であるというものがあります。

 

 

 

ですので、どんなに優れた材質であっても、

水素を完全に閉じこめておけるわけではありません。

 

 

 

よって、水素充填時よりも飲むときのほうが、

どうしても水素濃度は下がってしまいます。

 

 

 

これは欠点とも言えますが、

水素の特徴を考慮した場合はやむを得ないと言うしかありません。

 

 

 

ちなみに、アルミパウチの水素水が主流となっているのは、

アルミの網目が細かいことや、アルミ自体が水素を吸着しやすい特徴があるため、

水素を閉じ込めておけるという特徴があるためです。

 

 

 

とは言え、それでも水素を完全に閉じ込めておけるわけではない

ということになります。

 

 

水素の最大濃度

 

 

水素が水に溶ける最大濃度(いわゆる飽和状態)は、

1.6ppmとされています。

 

 

 

つまり、これを超えて充填した場合、

水素の蒸発が通常よりも早くなるため、

1.6ppmまで落ちやすくなっているということになります。

 

 

 

先程お伝えしましたが、

1.8ppmとか2.4ppmといった記載は、

決して間違っているわけではありません。

 

 

 

これはあくまで水素を充填する際の濃度ですので、

充填時にはその濃度を出すことができているでしょう。

 

 

 

ただし、充填時にはその濃度であったとしても、

蒸発が早くなっていますので、

実際に飲むときにはその濃度になっていることはありません。

 

 

 

これも水素の飽和濃度が決まっている以上、

やむを得ないと言うしかありません。

 

 

 

ですが、最近の水素水では、

わざと1.6ppmを超えた高い濃度の水素を充填するようにしており、

飲むときには1.6ppm程度になっているものが多いです。

 

 

 

つまり下がることを見越して水素を充填しているということですね。

 

 

 

以上が水素充填時と飲むときの濃度の違いになります。

 

 

 

あなたがいま購入しようとしている水素水は、

充填時、飲むとき、どちらの濃度が記載されていますか?

 

 

 

今一度確認してみるのも良いでしょう。

 

 

管理人おすすめの水素水

7Water(セブンウォーター)
通販口コミ画像2016-3-14_23-5-46_No-00 - コピー

脅威の水素濃度7.0ppm!
文句なく高い濃度を誇る水素水です。

button_001

管理人情報
キャプチャ62

初めまして!

青森県在住のユッキです!

水素水を使用した体験談を元に効果やデメリットをご紹介していきます。

お問い合わせはこちら

ブログランキング参加!

健康食品の人気のブログは??
↓↓↓

水素水カテゴリ一覧
メタ情報
タグ情報
アーカイブ