水素水の効果とデメリット

【知らなきゃ損】水素水の効果とデメリットとは!?

知らなきゃ損!巷でさまざまな効果が提唱されている水素水には十分な効果があるものの、デメリットもあります。高額な水素水を試す前にますは知りたい水素水の豆知識をご紹介!詐欺にだまされないため、厳選した水素水ランキングも!

水素水で下痢になる!?それはこんな原因があります。

読了までの目安時間:約 6分

 

水素水でお腹を壊した、下痢になった。

 

 

 

このような話を聞くことがあり、

実際に口コミでもそのようなものを稀に見かけます。

 

 

 

この部分だけを見ると、

水素水は詐欺商品のように感じてしまいますが、

実はこれにもきちんとした理由があります。

 

 

 

それは、水素水の作り方によるものです。

 

 

 

一口に水素水と言っても、作り方だけを見てみれば、

全く異なった作り方をしているものがあります。

 

 

 

水素水の作り方を大きく分けると

 

・水素発生剤を用いて自分で水素水を作るタイプ

・水に水素を圧縮充填し、容器に詰めて販売しているタイプ

 

厳密に言えばもう少しありますが、

概ねこの2つだと思ってよいです。

 

 

 

どちらも水素水と言われていますが、

作り方は異なります。

 

 

 

 

水素発生剤を用いたタイプ

 

 

下痢になった・・・なんて口コミがあるのは、

このタイプの水素水がほとんどです。

 

 

 

これは、マイクロクラスター、ゼオライトなどの鉱石を活用し、

水素水を自分で作ってのむものです。

 

 

 

これらの水素発生剤は、水と混ぜると化学反応を起こし、

水素を大量に発生させます。

 

 

 

水道水などに水素発生剤を浸して、

一定時間放置しておくことで濃度の高い水素水が作れます。

 

 

 

価格も安めに設定されているものが多く、

購入しやすいものではあるのですが、

この化学反応を起こすこと、原料がネックとなります。

 

 

 

先程の口コミのように、

下痢などの症状を起こしている人もいるため、

万人向けとは言えないイメージがあります。

 

 

 

ただし、作り方の特性上、

水素濃度も高くなっていますし、

副作用を全く感じない人も大勢います。

 

 

 

そもそも副作用だらけの商品であれば、

すぐに販売中止になるでしょうし。

 

 

 

ですので、あなたの体に合う、合わないは、

実際に使ってみないとわからないということになります。

 

 

 

もう一つの水素水はこれ

 

 

もう一つの水素水はアルミパウチに封入された水素水です。

 

 

 

おそらくこちらのほうが知名度が高いと思います。

 

 

 

最近ではスーパーなどでも知られているものですので、

ご存知の方も多いのではないでしょうか?

 

 

 

これは全国の名水を使用している物が多く、

水素を圧縮充填することで封入し、

水素濃度を高くしたものです。

 

 

 

水素が水に溶ける濃度は決まっており、

1.6ppmとされており、これを超えることはありませんが、

結局はただの水が原料になっているため、

副作用は考えにくいです。

 

 

 

いわば、万人向けの水素水といったところでしょうか。

 

 

 

ただし、この作り方の特性上、

価格は少し高めに設定されているケースが多いです。

 

 

 

アルミの容器を使用しているため、

それも価格が高めに設定される原因となっています。

 

 

 

それを補ってあまりあるのが、

やはり万人向けの水素水という点でしょう。

 

 

 

副作用を気にしないで水素水飲むには、

こちらのほうが優れています。

 

 

水素水は危険な飲み物??まずはこれを見るべし!

読了までの目安時間:約 6分

 

水素水はその名の通り水素を水に溶かしたものです。

 

 

 

これが危険なの?と思う方も少なくないようですが、

作り方をご紹介することでなんとなくイメージができる

と思いますので、その点について触れていきます。

 

 

 

まず水素水の作り方は大きく分けて2種類あります。

 

 

 

それは、

 

○特殊技術により水素を閉じ込める方法

○化学成分を活用し、水素を発生させる方法

 

この2つです。

 

 

 

細かく言えばもう少しあると思いますが、

概ねこれらの方法だと思って良いでしょう。

 

 

 

ではまず1つ目の水素を閉じ込める方法ですが、

これは主にアルミパウチやアルミ缶で販売されているものです。

 

 

 

このような容器を見たことがあるかもしれませんが、

これに水を入れ、水素を圧力によって封入することで、

水素濃度が高くなります。

 

 

 

水素が多めに入っているとは言え、

基本的にただの水であり、

水で副作用を起こす・・・なんてことはまずありません。

 

 

 

いわゆる万人向けの水素水といったところです。

 

 

 

アルミパウチも至って普通のデザインのものですので、

持ち歩きをするのにも違和感がないでしょう。

 

 

 

ただし水素がみずに溶ける最大濃度は決まっており、

その範囲内で水素を封入しているため、

水素系の商品の中では濃度が低い方です。

 

 

化学成分を使用した水素水

 

 

もう一つの水素水は、マイクロクラスター、

岩塩、ゼオライトなどの鉱石を使用した水素水です。

 

 

 

これらは水と混合することで水素を発生させる

という特徴があり、これを活用した水素水ということになります。

 

 

 

また、作られたものを購入するわけではなく、

自分で作る水素水になります。

 

 

 

名水を使用するわけではありませんので、

極端な話、水道水でも作ることができます。

 

 

 

これは特殊技術を必要とするものではなく、

容器も特に必要がないため、

コストを抑えた水素水といったイメージでしょう。

 

 

 

また、水素を化学反応によって発生させる仕組み上、

水素濃度もかなり高くなっており、

単純に効果を重視するならこちらのほうが有利です。

 

 

 

繰り返しになりますが、コスト面でも優れています。

 

 

 

ただし、化学成分を使用している以上、

万人向けのとは言い難いものではあり、

そこがデメリットとなります。

 

 

 

もちろん危険性があるということではないものの、

体に合わなかったという口コミも少し見受けられ、

使用を断念した人もいるようです。

 

 


 

 

以上がそれぞれの水素水の特徴になります。

 

 

 

危険ということではありませんが、

作り方によっては自分に合わないというものも存在する。

 

 

 

水素水に関してはそのようなイメージがあります。

 

 

 

とは言え、水素水が持っている還元力はとても高く、

アンチエイジングを始めとしたさまざまな効果がありますので、

その点を踏まえて購入を判断すると良いでしょう。

 

 

水素水はスティックタイプのものもある?どんなもの?

読了までの目安時間:約 8分

 

水素水は大きく分けて2種類のものが販売されています。

 

 

 

それは、

 

○水素を水に充填し、パウチなどの容器で販売しているもの

○水素水を自分で作るもの

 

この2つです。

 

 

 

厳密にはもう少しありますが、概ねこの2種類と思っておいて良いです。

 

 

 

水素水のスティックタイプのものは、

基本的に後者の方に分類されます。

 

 

 

ではこのタイプのものはどのような特徴を持っているのでしょうか?

 

 

 

その点について触れていきます。

 

 

水素発生剤を使用

 

 

自分で作るタイプのものは、水素発生剤と呼ばれるものを使用します。

 

 

 

マイクロクラスター、岩塩、ゼオライトなど、

化学成分、鉱石などを使用しているものになります。

 

 

 

これは、水分に触れることで水素を多量に発生させる

という特徴がありますので、それを活用した水素水ということになります。

 

 

 

ですので、名水を使用している水素水とはコンセプトが異なり、

水道水などでも普通に作ることができます。

 

 

 

毎日作るという手間は発生しますが、

基本的に発生剤を水に浸しておくだけですので、

そこを手間と考えるか、そうではないと考えるか、

といったところです。

 

 

水素発生剤のメリット

 

 

水素発生剤タイプのメリットは、

価格設定濃度です。

 

 

 

先程お伝えしたように、水道水でも作ることが出来ますし、

アルミパウチのような容器を使用しているわけではないため、

価格が抑えられており、安く購入することが出来ます。

 

 

 

1ヶ月分の数量で数千円のサガあるため、

価格を重視する方におすすめできます。

 

 

 

次に水素濃度に関してです。

 

 

 

水素が水に溶ける濃度は決まっており、

1.6ppmとされています。

 

 

 

これを超えた分は蒸発が早くなってしまうため、

基本的にこの濃度を上回ることはありません。

 

 

 

ですが、これはあくまでアルミパウチのような、

作った商品を届ける場合です。

 

 

 

水素発生剤は作っている最中に水素がどんどん発生していきますので、

それ以上の濃度の水素水を飲むことが出来ます。

 

 

 

これは水素水に限った話ではありませんが、

成分量が多ければ多いほどその効果や信憑性に期待が持てます。

 

 

 

これはどのような商品でも同じことが言えるでしょうし、

水素水も例外ではありません。

 

 

 

水素発生剤タイプのものはこのようなメリットがあります。

 

 

水素発生剤のデメリット

 

 

もちろんメリットだけではなく、デメリットも当然あります。

 

 

 

それは、手間原料です。

 

 

 

手間に関しては先程お伝えしたとおりですが、

たまに作る程度であればそれほど手間と感じないと思いますが、

これを毎日続けると慣れば話は別です。

 

 

 

いくらスティックを浸しておくだけとは言え、

少し時間がかかりますので、毎日作るのが面倒・・・

という方も少なからずいるかも知れません。

 

 

 

こればかりはひとそれぞれですので一概には言えませんが、

毎日続けることを考慮しておくべきでしょう。

 

 

 

次に原料に関してです。

 

 

 

水素発生剤の原料に関しては先程お伝えしたとおりですが、

化学成分や鉱石を使用しており、水素を発生させる仕組みのため、

化学反応を起こすことで水素水を作ります。

 

 

 

このプロセスを見てなんとなくイメージできるかもしれませんが、

万人向けとは言えないでしょう。

 

 

 

実際に口コミ情報を見てみると、

お腹の調子が悪くなった、自分の体に合わなかったといった

口コミを見かけることが稀にあります。

 

 

 

私はそういう経験はありませんでしたので、

共感することは出来ませんが、

そのような人もいる以上、やはり万人向けとは言い難いです。

 

 

 

逆にアルミパウチの水素水は名水を使用しており、

結局はただの水ですので、万人向けと言っても良いでしょう。

 

 

 

以上2点が水素発生剤の場合のデメリットとなります。

 

 

これらを踏まえて購入を検討したほうが良いでしょう。

 

 

ですが、やはり価格の安さの濃度は魅力だと思います。

 

 

 

水素水はペットボトルではダメ?その理由とは?

読了までの目安時間:約 5分

 

水素水を使用しいているのであれば、

ペットボトルを使用するべきではないです。

 

 

これは覚えておいたほうがよいでしょう。

 

 

もともと水素は分子サイズが非常に小さいのが特徴ですが、

もうひとつ忘れてはいけないのが、

空気に触れることですぐに蒸発してしまうというものです。

 

 

これは残念ながら、

ペットボトルでは防ぐことができないようです。

 

 

もちろん、アルミなどの容器でも完全に防ぐことは出来ませんが、

少なくともペットボトルより気密性が高く、

外に漏れにくい構造になっています。

 

 

例えば、水でもジュースでも何でもいいのですが、

ペットボトルで販売されているものをイメージしてみてください。

 

 

もちろん、理論的には中の液体は外にこぼれないようになっています。

 

 

ですが、時間が経つと共にペットボトルの表面が湿っている・・・

というのを経験した方は多いでしょう。

 

 

実はこれこそが、中の液体を完全に閉じ込めてはいないということになります。

 

 

ましてや水素の分子サイズは非常に小さいため、

水素水の保存はペットボトルでは不向きなようです。

 

 

これは水素水がどのように販売されているかを見ればすぐにわかります。

 

 

水素水は基本的にアルミパウチで販売されていますが、

これは網目が細かく作られており、

さらに水素を外に漏らさないように何層にも重ねられて作られています。

 

 

よって、完全とはいえませんが

水素を外に漏らさないように工夫がされています。

 

 

水素水がペットボトルなどで販売されていないのは

このような仕組みがあるためです。

 

 

そしてこのアルミパウチの容器を使用しているということもあり、

水素水は価格が高めに設定されているとも言えます。

 

 

作りたての水素水

 

多くの水素水がアルミパウチのもので販売されていますが、

それ以外の販売方法があります。

 

 

それは、水素発生剤を用いて、自分で水素水を作るタイプです。

 

 

この場合は出来たてを飲むことが出来ますので、

ペットボトルでも可能ということになります。

 

 

ただし、気密性が高いほうが望ましいことに変わりはありません。

 

 

ただし水素の蒸発を防ぐ方法がまったくないことになりますので、

出来上がった水素水はすぐに飲む必要があります。

 

 

また、アルミパウチの水素水と違い、

容器にお金がかかるわけではないため、

コストがそれほどかからないというメリットもありますし、

何よりも水素濃度がかなり高いという特徴があります。

 

 

水素水の販売方法は1種類だけではなく、

自分で作るタイプのものもあり、

その場合は安価に済ませることが出来ますし、

必ずしも容器にこだわらなくても良いということですね。

 

 

毎日作り続けるのが面倒でなければ、

こういった水素水を選ぶのも一つの手と言えるでしょう。

 

 

水素水はどこで購入できるか?通販との差は何?

読了までの目安時間:約 6分

 

水素水はなにも特別な製品ではありません。

 

 

ぶっちゃけ、スーパーやドラッグストア等、

どこにでも売っています。

 

 

例えば、私の場合は青森県在住ですが、

近所のイオンに2~3種類の水素水が売られています。

 

 

どれも1パック250円前後(税別)で販売されており、

水素濃度は0.8~1.2ppmといったところです。

 

 

至って標準的な水素水といったところでしょうか。

 

 

では、こういった店頭で購入することができるものと

通販でしか購入することが出来ないものは、

どのぐらいの差が有るのでしょうか?

 

 

例えば、同じ条件のアルミパウチ水素水で

最もおすすめしている「浸みわたる水素水」と、

1ヶ月分の数量で比較してみると、

 

1ヶ月分の数量の価格に関しては、

浸みわたる水素水は8,820円(初回6,300円)

店頭販売の水素水は8,100円(初回の割引なし)

 

といったところで、店頭販売の水素水の方に軍配が上がります。

 

 

濃度に関しては、

 

浸みわたる水素水は1.6ppm

店頭販売の水素水は0.8~1.2ppm

 

となっており、浸みわたる水素水の方が1.5倍以上の濃度を誇っています。

 

 

実際に比較してみるとこの差が分かりますが、

「水素濃度を重視しているパウチの水素水」ということが出来ます。

 

 

よって、店頭販売よりも1ヶ月分の数量で価格差が有りますが、

その分濃度はかなり多いため、結局は何方を取るか?

ということになってくるでしょう。

 

 

私はどちらかと言えば、価格よりも効果や成分量を重視するタイプですので、

この場合は浸みわたる水素水をおすすめします。

 

 

 

店頭販売の場合で注意するべきこと

 

 

店頭で販売しているものであれば、

少し注意が必要なのが、容器と置いてある期間です。

 

 

まず容器に関してですが、通販で販売されている水素水では、

網目の細かいアルミの4層構造になっており、

水素を外に逃さないように工夫がされています。

 

 

もちろん蒸発しやすい水素を外に逃さないようにするためです。

 

 

逆を言えばこのぐらいしないと水素を閉じ込めておけない

ということになりますね。

 

 

それで先程の店頭の商品に戻るのですが、

2~3種類合った水素水のうち、1つはアルミの3層構造になっており、

容器が少し安く作られているようです。

 

 

もちろん1枚あたりの厚さや網目の細かさなど、

他に比較できるポイントが有るかもしれませんが、

1枚少ないというのは少し引っかかりました。

 

 

次に置いてある期間です。

 

 

いくらアルミの容器に保存してあると言っても、

水素を完全に閉じ込めて置けるわけではなく、

少しずつですが蒸発していると考えるべきです。

 

 

充填時には1.6ppmだったのにもかかわらず、

飲むときには1.3ppmぐらいになっているのは、

このタイプの水素水では割とよくある話です。

 

 

ですので、2ヶ月前とかの商品が置いてあったりすると、

水素濃度がかなり低くなっている可能性があります。

 

 

もちろんこれは通販商品に対しても同じことが言えますが、

そのような可能性もあることを覚えておくと良いでしょう。

 

 

以上が点灯、通販商品との比較になります。

 

 

そこまで大きくは変わらないと思っていて良いと思います。

 

水素水は美容にも有効なのか??本当のところはどうなの?

読了までの目安時間:約 5分

 

水素水は美容に有効か?

 

 

女性であれば、

この点は非常に気になるポイントです。

 

 

あなたももしかしたら美容効果を求めて水素にたどり着いたのかもしれません。

 

 

結論から言うと、

水素のアンチエイジング効果は美容にも有効とされています。

 

 

というよりも、ヒアルロン酸やコラーゲン、ビタミンCなど、

数ある美容成分のなかでもトップに位置すると言われるほどです。

 

 

水素が強力な還元力を持っているのはもちろんですが、

それ以外に大きな特徴として、

水素は分子サイズが宇宙一小さいというものがあります。

 

 

よって、肌の内側にまで効果を及ぼしてくれることや、

人間の細胞にまでその還元力を働かせてくれます。

 

 

例えば、肌の場合は内側といえば角質層などが該当になりますね。

 

 

分子サイズが極限にまで小さいからこそ、

こういった内側の細胞にまで効果を発揮することが出来ます。

 

 

飲んで使う?それとも??

 

 

水素水はその名の通り水ですので、

通常であれば普通に飲むイメージがありますが、

美容に関して言えば、それ以外の使い方もあります。

 

 

それは、水素水を肌に直接塗るといった使い方です。

 

 

通常であれば水素水を飲むことで、

その還元力を体の内側から影響させていくことになりますが、

肌に直接塗ることで、外部から還元力を浸透させるという使い方もあります。

 

 

個人的にはこの使い方は「アリ」だと思っています。

 

 

美容に関連して考えた場合、

化粧水などをイメージするとわかりやすいのではないでしょうか?

 

 

化粧水の中には、ナノ還元水と呼ばれる、

粒子を非常に小さくした水が用いられている商品もあります。

 

 

これはもちろん、肌の内側に浸透させるため、

粒子を細かくすることでその効果をさらに実感しやすくするという目的があってのものです。

 

 

これと同じようなイメージと言えるのではないでしょうか?

 

水素の蒸発

 

 

水素水を化粧水として使用する場合に注意が必要なのは、

水素の蒸発です。

 

 

水素は空気に触れることであっという間に蒸発してしまいますので、

長時間空気に触れておくのはおすすめできません。

 

 

例えば水素水の殆どはアルミパウチに封入された状態で販売されていますが、

これはもちろん水素を外に逃さないためです。

 

 

ですので、化粧水のように使う場合は、

開封後にすぐに肌に塗るのが良いでしょう。

 

 

そうしておくことで水素の蒸発が早まってしまう前に、

権限力を肌に浸透させることが出来ます。

 

 

もちろん濃度に関しては測定のしようがないため、

断言はできませんが、水素が蒸発しやすい成分である以上、

開封後は早めに使用するのがベストです。

 

 

水素水はたまに飲む?継続して飲む?

読了までの目安時間:約 5分

 

水素水はあくまで健康食品に分類されるものである・・・。

 

 

この認識が必要です。

 

 

 

さらに言えば、健康食品に分類される以上は、

ある程度継続して使用していくことが求められるということです。

 

 

医薬品に分類されるような、

即効性を求めているものではないということになります。

 

 

私もそれは重々承知の上で使用を始めたのですが、

やはり期待していたのでしょうね。

 

 

1週間程度で効果が感じられなかったときは、

ほんの少し詐欺かな?って思ってしまいました(笑)

 

 

まあ1ヶ月分購入していたので、

嫌でも使用することになったわけですが、

3週間目あたりでなんとなく効果を実感してきました。

 

 

そのあたりから、

朝の目覚めであったり代謝であったり、

便秘の解消等、商品の公式HPなどで紹介されている効果を

実感することも多くなってきました。

 

 

そのように考えた場合、やはり医薬品のように、

3日ぐらいで効果を実感というものではないということになりますね。

 

 

ちなみに、私は現在でも水素水を使用していますが、

一定期間使用した後に長期間使用をやめたこともあります。

 

 

もちろん止めてからすぐに効果がなくなるということはありませんが、

継続して飲む方が良いのは間違いなかったです。

 

 

では、どのような頻度で飲むのが良いのか?

 

 

正直なところ、これには正解がありません。

 

 

定期購入などの数量を目安とするのが良いとは思いますが、

水素水自体は決して安いものではなく、

むしろ健康補助食品としては高額な部類になりますので、

あくまで自分が継続できる頻度が良いと思います。

 

 

 

定期購入の数量目安

 

 

アルミパウチで販売されている水素水は、

殆どが500mlで1日単位です。

 

 

これを毎日飲むことを前提に販売されており、

1ヶ月で30パック程度で販売されているものが多いです。

 

 

であれば、定期購入を申し込んで水素水を飲んだ場合、

いやでもこの数量に合わせる必要があります。

 

 

よって、どのぐらいの数量を飲むのが良いのか?

 

 

これに関する答えは、毎日500ml程度の水素水を継続して飲むのが目安

ということになります。

 

 

ただし、この数量の水を毎日飲むのがきつい・・・。

 

 

そのような方は少なくないと思います。

 

 

実際に私自身、普段から水分をあまり取らない体質ですので、

この数量を毎日というのは結構きつかったです。

 

 

私は一定期間飲んで中断というのを繰り返していましたが、

それでも効果は実感できていると思いました。

 

 

ですので、必ずこの目安に合わせなくても良いと思います。

 

 

あくまであなた自身が長く続けること。

 

 

そのように考えてるぐらいでちょうど良いかと思います。

 

 

 

 

 

水素水はアトピーに効果あり!?本当なの?

読了までの目安時間:約 5分

 

水素水はアトピーにも効果があるのでしょうか?

 

 

水素水によって保湿効果を得られたという口コミがあり、

そのような効果の話を聞いてみると、

やはり気になるのはアトピーとの関連性ですよね。

 

 

私自身軽いアトピー持ちで、

関節部分や指周りが痒くなることがあります。

 

 

冬のように乾燥する季節でなくてもです。

 

 

とは言え、私の場合症状があまりひどくないので、

水素水との関連性はあまり気にしていませんでした。

 

 

今回、「水素の還元力がこのアトピーに対して効果があるのか?」について、

使用前と使用後を比べてみることにしました。

 

 

誤解の無いように言っておきますが、

私自身重度と言えるものではなく、

せいぜい肘などのからdなお一部が痒くなる程度のものです。

 

 

ですので、この程度でアトピーというのも、

アトピーで苦しんでいる人には申し訳ないような気もしますが、

一応試したので書いておきます。

 

 

少しもったいないような使い方をしたのですが、

保湿効果を狙い、アトピーと思われる箇所に、

定期的に水素水を塗るようにしてみました。

 

 

もちろん直ぐに効果が出るとは思っていないため、

1ヶ月程度を目安に続けてみました。

 

 

その結果、水素水を飲んでいる段階ではあまり効果を実感できなかったものの、

水素水をアトピーの症状が出ている箇所に塗ったところ、

以前よりも症状が軽くなったような気がします。

 

 

時期によっては痒みが続き、

ひどい時はかきすぎてかぶれてしまうということもありましたが、

今ではそういったことが少なくなってきています。

 

 

もちろん、全く無いというわけではありませんが。

 

 

また、アトピー特有の症状である

「乾燥状態が続き、白い粉が出てくる」のも良くなってきました。

 

 

そもそもアトピーは、

皮膚の乾燥状態が続くことによるものです。

 

 

水素の還元力の効果により、

保湿状態が良くなり、乾燥状態が緩和されたということでしょうか。

 

 

水素は非常に小さい分子ですので、

肌の内側の角質層などにも浸透しやすく、

肌の内側の細胞が活性化されることで保湿効果を得ることが出来ても不思議ではありません。

 

 

口コミの評価でも、

稀に「アトピーの症状が良くなった」というのを見かけます。

 

 

これは、明確に公式サイトで謳われている効果ではありませんが

(そもそも飲むことを前提にしているため、当たり前といえば当たり前ですが。)、

こういった効果も見込めるようですね。

 

 

いまだに謎の多い水素ではありますが、

やはりこの還元力の高さは魅力と言えるでしょう。

 

 

私はそこまでアトピーで悩んでいるというわけではなく、

むしろ飲んだ方の健康効果に期待をしているため、

継続的に使用する・・・ということはありませんでしたが、

このような効果が得られています。

 

 

一つの参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

 

水素水を肌に塗るのは意味がない!?注意が必要なポイントとは?

読了までの目安時間:約 4分

 

水素水を顔に塗るのは、

美容面から見ても効果的ということが出来ます。

 

 

水素が本来持っている還元力を肌に浸透させることで、

飲むよりも美容効果を得られると思います。

 

 

健康面で水素水を使用している方も多いかもしれませんが、

アンチエイジング効果を得たい場合、

そのような使い方をしても良いでしょう。

 

 

この使い方で期待できる効果としては、

肌の内側の角質層の細胞を活性化し、

肌の保湿効果を得るのに期待が持てます。

 

 

もちろん、水素水を飲むことでも体の中に還元力が行き渡りますので、

飲むことも十分に有効といえますが、美容効果を狙っているのであれば、

肌に直接塗ったほうが、より高い効果を得ることが出来る可能性があります。

 

 

以上のことから、水素水を肌に直接塗るというのは、

アンチエイジングや美容の観点から見ても有効な手段と言えます。

 

 

とは言え、もちろんこの方法にも気をつけておくべき点が有ります。

 

 

それは水素の蒸発です。

 

 

水素が空気に触れると・・・?

 

 

実は、私自身が一度やってしまった失敗で、

霧吹き上にして水素水を使用するというものがありますが、

これは水素の蒸発を早めてしまう可能性が高いです。

 

 

水素は空気に触れることですぐに蒸発してしまいますので、

それを防ぐためにアルミパウチの容器に真空状態で詰めた上で販売されています。

 

 

水素水の多くはアルミパウチで販売されているため、

これはなんとなくイメージできるのではないでしょうか?

 

 

また、アルミは水素を吸着しやすいという特徴があり、

水素を外に逃がしにくくしてくれるため、

容器として使用されているケースが多いようです。

 

 

とは言え、アルミ素材を何層も重ね合わせて作られているため、

そこまでしてようやく水素を閉じ込めて置くことができるのです。

 

 

逆を言えば、そこまでしなければすぐに水素が漏れてしまうということです。

 

 

よって、開封後はできるだけ早く使用するのが望ましく、空気に触れる時間、

面積はできるだけ少なくするのが望ましいのは言うまでもありません。

 

 

もちろん霧状にしても全く効果がないとはいませんが、

霧状にするということは空気に触れる部分も時間も多くなりますので、

やはりおすすめはしません。

 

 

ですので、水素水を直接顔に塗りたい場合は、

あまり時間を空けずにそのまま塗るのが最も良いです。

 

 

もしあなたが水素水を、美容効果を重視したいということで

購入したのであれば、顔に直接塗るのは有りだと思いますが、

このような注意点があることを覚えておいたほうが良いです。

 

 

水素水は作り方で比較することが可能!?実はこんな違いが。

読了までの目安時間:約 5分

 

あなたが水素水と言われた場合、

どのようなものをイメージするでしょうか?

 

 

多くの方がイメージするのが、

アルミパウチに入れてあるものを想像するのではないでしょうか?

 

 

現在ではこの水素水が主流であり、

今後もその傾向は続くでしょう。

 

 

とは言え、水素水はこの1種類だけではありません。

 

 

それは、水素発生剤を用いた水素水です。

 

 

このタイプの場合、

アルミパウチのようなもので販売されておらず、

専用のスティック等で販売されています。

 

 

では、それぞれの特徴について解説していきます。

 

 

水素充填タイプ

 

 

先程のアルミパウチで販売されているものですが、

これは各地の名水を使用し、それに水素を充填しているものであり、

結局は水素を配合している以外はただの水ですので、

安全面は問題ないといえるのではないでしょうか?

 

 

少なくとも、このタイプの水素水の口コミで

副作用があったというのは私は見たことがありません。

 

 

水素発生剤タイプのものよりは

安全面で優れているというのが大きなメリットです。

 

 

逆にデメリットを言えば、

このタイプは基本価格が少々高いというデメリットも有ります。

 

 

アルミの容器にかかる費用、

水素を充填する費用、名水を使用する費用がかかりますので、

これらの要因により、通常価格が高めに設定されています。

 

 

個人的におすすめできるのは、やはり味わいでしょう。

 

 

名水を使用しているだけあって、

美味しく飲むことが出来ます。

 

 

水道水と比べればその差は歴然であり、

味オンチの私でさえはっきりとその違いが分かります。

 

 

ですので、楽しみながら飲むことができるのではないでしょうか。

 

 

水素発生剤タイプ

 

 

これに対して水素発生剤のメリットは、

水素の含有量と価格です。

 

 

その場で水素が発生することになりますので、

出来たてを飲むことが出来ますし、

アルミパウチよりも水素含有量が高いのは間違いありません。

 

 

また、アルミパウチの容器を必要としない分、

価格も抑えられており、お得に購入することができます。

 

 

反面、名水を使用しているわけではないため、

味は水道水そのままです。

 

 

味を楽しむことは出来ないため、

その点は踏まえておく必要があります。

 

 

また、発生剤自体、化学成分を使用しているため、

万人向けとは言い難い印象があります。

 

 

もちろん体に変調をきたす・・・

なんてことはないと思いますが、

アルミパウチの水素水と比べると、

どうしても安心感で劣ってしまうのではないでしょうか。

 

 

以上が、それぞれの水素水の特徴になります。

 

価格を再優先するなら、水素を発生させるタイプ

安全面を重視するなら水素充填のタイプ

 

 

といった位置づけでしょうか?

 

 

ちなみに私は体へ副作用が合っては困るので、

水素充填タイプをおすすめします。

 

 

管理人おすすめの水素水

7Water(セブンウォーター)
通販口コミ画像2016-3-14_23-5-46_No-00 - コピー

脅威の水素濃度7.0ppm!
文句なく高い濃度を誇る水素水です。

button_001

管理人情報
キャプチャ62

初めまして!

青森県在住のユッキです!

水素水を使用した体験談を元に効果やデメリットをご紹介していきます。

お問い合わせはこちら

ブログランキング参加!

健康食品の人気のブログは??
↓↓↓

水素水カテゴリ一覧
メタ情報
タグ情報
アーカイブ