水素水の効果とデメリット

【知らなきゃ損】水素水の効果とデメリットとは!?

知らなきゃ損!巷でさまざまな効果が提唱されている水素水には十分な効果があるものの、デメリットもあります。高額な水素水を試す前にますは知りたい水素水の豆知識をご紹介!詐欺にだまされないため、厳選した水素水ランキングも!

水素水の濃度はどのぐらいが一般的??

読了までの目安時間:約 5分

 

 

水素水には、濃度(◯◯ppm)が示されているものが多いです。

 

 

この数値を目安に考えると良いでしょう。

 

 

通常の水素水は1.0ppm~1.2ppmぐらいが一般的かと思います。

 

 

よって、この数値が高ければその分水素充填がされていますので、

確実にとは言い切れないものの、少ないよりは多いほうがいいでしょう。

 

 

とは言え、この数値にも限界値というものが有ります。

 

 

水素濃度と飽和量

 

 

水素水をある程度見たことがある方は、1.6ppmという記載が多いことに

気づくでしょう。

 

 

もしかしたらあなたも気づいているかもしれません。

 

 

この数値は、水素が水に溶ける飽和量を示しているものであり、

これを超えて充填したものは水素が蒸発するスピードが段違いに早いです。

 

 

アルミパウチのように密封型の容器を使用していてもです。

 

 

ですので、できるだけつくりたてを飲むなどの対処が必要になります。

 

 

よって、高ければ高いほど効果に期待できるかもしれませんが、

この飽和量を目安にしておいたほうが無難です。

 

 

当サイトでは、7.0ppmとされているセブンウォーターをご紹介していますが、

先ほど書いたとおり、飽和量をオーバーしているため、

蒸発するスピードが早いです。

 

 

そのかわりに、作りたてを飲むことが出来ますので、

作りたての時点では1.6ppmを大幅に上回った状態で飲むことが出来ます。

 

 

それがセブンウォーターの強みと言えるでしょう。

 

 

水素は必ず蒸発する

 

 

アルミパウチタイプの水素水であっても、

水素の蒸発を完全に防ぐことができるわけではありません。

 

 

もちろん0になっているということではありませんが、

充填したとき(製造時)と比較してみると、

やはり若干ですが水素の濃度は落ちているようです。

 

 

例えば充填時は1.6ppmだったものが、

実際に飲むときには1.2~1.3程度になっている

ということになります。

 

 

ですが、これは水素が宇宙一小さい粒子であり、

完全に密封しておける成分ではないため、

ある程度は仕方がないと割り切るしかありません。

 

 

そしてパウチタイプのメリットは、

安定性の高さです。

 

 

水素水は自分で作るものやサーバータイプのものなど、

いくつか種類がありますが、

特殊な容器を使用していない限りは蒸発が早いです。

 

 

作りたての状態ではぬおどが高くても、

急激に蒸発してしまうことになりますので、

それを防ぐという意味では、

アルミパウチが一番優秀だと思います。

 

 

少なくとも開封してすぐに水素が抜けてしまう・・・

ということは防ぐことが出来ます。

 

 

特に、普段から水分をあまり取らない人にとって、

パウチのようにある程度水素を封じ込めておけるものは

重宝するのではないでしょうか?

 

 

実際に私もあまり水分を取らない体質であり、

こまめに水分を補給するタイプですので、

パウチが一番いいかなと思います。

 

 

 

 

当サイトの厳選水素水

   

当サイトでおすすめ出来る水素水をランキング形式で一挙公開中!

 

>>>ランキングはこちら<<<

管理人おすすめの水素水

7Water(セブンウォーター)
通販口コミ画像2016-3-14_23-5-46_No-00 - コピー

脅威の水素濃度7.0ppm!
文句なく高い濃度を誇る水素水です。

button_001

管理人情報
キャプチャ62

初めまして!

青森県在住のユッキです!

水素水を使用した体験談を元に効果やデメリットをご紹介していきます。

お問い合わせはこちら

ブログランキング参加!

健康食品の人気のブログは??
↓↓↓

水素水カテゴリ一覧
メタ情報
タグ情報
アーカイブ